ラスベガスの5つ星ホテル!オススメホテルBEST4とその魅力は?

みなさんは「ラスベガス」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

最初に「カジノ」を思い浮かべる人も多いですよね。

カジノなどの娯楽施設が多く富裕層も訪れるので、ラスベガスには5つ星ホテルが多数あるんですよ。

ラスベガスにある5つ星ホテルを見ながら、宿泊してみたいホテルを探してみてくださいね。

今回は「ラスベガスにある5つ星ホテルの特徴とおすすめポイント」をご紹介します。

そもそも、5つ星ホテルの認定基準とは?

5つ星ホテルと聞くと「高そう!」「お金がある人しか泊まれない!」という印象がありますよね?

全くその通りで、5つ星ホテルは「最高級のホテル」を指します。

では、そもそも5つ星ホテルは、どのような基準で決められるのでしょうか?

実は、5つ星の認定基準は世界で統一されているものではありません。

各国独自で決められていて、その認定組織や認定基準も国によって違うんです。 

「えーーー!!!!そうなのーーー!?」となりますよね。

今回は、ラスベガスのホテルをご紹介するので、アメリカの星の付け方を見ていきます。

アメリカの場合は星の格付けは2種類あり、認定基準は以下の通り決められています。

このように、ラスベガスの5つ星ホテルにもそれぞれ特徴があります。

星以外にもダイヤモンドという表記があるのが面白いですよね。

では、さっそく厳選ホテルの見どころをご紹介しましょう!

【BEST4】噴水ショーが有名「Bellagio」

ラスベガスをテーマにした映像や画像でよく登場する噴水を見たことがありますよね?

その噴水を見れるホテルが、ここ「ベラージオ」です。

ホテルの名前は、北イタリアのコモ湖近くにあるリゾート地から名付けられています。

そのため、ホテルのテーマは「北イタリア」をイメージして作られています。

Aさん
ここのホテルの見どころは何があるのかな?
マタタビ
特徴は、やはり「有名な噴水ショー」「シルク・ドゥ・ソレイユO(オー)」があることですね。

また、ホテルの立地条件が良いのもこのホテルの魅力です。

ちなみに、このホテルは「オーシャンズ11」のロケ地としても登場してますよ。

見どころ①噴水ショー

ラスベガスの代名詞「噴水ショー」が行われるのも、このホテルのおすすめポイントです。

噴水ショーはホテル前の人口湖(コモ湖)で行われる無料のショーです。

この噴水ショーは本当に凄いんですよ!

噴水ショーのポイント
  • 吹きあがる水の高さはなんと約50m
  • 使われているハイテク噴射装置も驚きの1000機
  • 流れる音楽は約20種類

水のダンスショーは、このポイントがあるからこそ見ることができます。

噴水ショーは曜日によって時間変動はありますが、毎日15~30間隔で行われています。

見どころ②シルク・ドゥ・ソレイユO(オー)

世界的に有名なエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のショーを観たことはありますか?

巨大なプールで繰り広げられる壮大なスケールのショーは世界の人々を圧巻させるショーです。

この世界的なショーを常に見れるのが、このホテルで開催されている「シルク・ドゥ・ソレイユ O(オー)」です。

Aさん
巨大なプール自体が舞台となっているのはスゴイですね!
マタタビ
ここのショーは「シルク・ドゥ・ソレイユ」のショーの中でも一番人気があるんですよ。
注意

このショーは大変人気なので、数か月前には完売します。

ラスベガス旅行を決めたら、すぐに事前予約をすることをオススメします!

「事前予約していないけど観たい!」という人は、ホテルのショー会場のチケット売り場で聞いてみてくださいね。

もしかしたら、運良く当日券をゲットできるかもしれませんよ。

見どころ③室内温室広場 「Conservatory & Botanical Garden」

ここは、季節によって花を変え、四季を感じられる広場です。

季節に合ったテーマに沿って、約3か月間隔で演出を変えているんですよ。

温室内には花だけでなく、池や橋も造られています。

ちなみに、この広場は宿泊者以外の人でも無料で入場可能です。

マタタビ
1万本近い花々と池や橋のある風景の中にいると、ホテルの中だということを忘れてしまいますよ。

砂漠地帯のラスベガスでは四季を感じることは難しいので、この温室で季節ごとの花を感じられるのは最高ですよ!

【BEST3】ラスベガスホテルの大御所「Ceasars Palace」

ラスベガスの老舗ホテルで便利性の高いホテルなので、ラスベガス初心者にオススメです。

このホテルのテーマは「古代ローマ帝国」のような豪華なホテルが特徴です。

ホテル名の「シーザー」は、ローマ帝国の軍人かつ政治家でもある「ジュリアス・シーザー」から取られています。

また、建物自体にもローマ帝国に関わる人の名前が付けられています。

このホテルの開業は1966年で、ラスベガスのホテルのなかでも長い歴史を持つ老舗ホテルなんです!

今もなおトップクラスに君臨している魅力的なホテルなんですよ。

見どころ①客室

アメニティーは、ホテル名物スパ「QUA BATHS&SPA」のものが完備されています。

マタタビ
「QUA BATHS&SPA」は、シーザーズ・パレス名物のスパで、全米スパTOP100にも選ばれるくらいのクオリティが高いスパなんですよ。

また、バスタブ付きの客室の場合、バスタブが深めというところもオススメしたいポイントです。

しかも、ジェットバス機能がついているのでセレブ気分を味わえますよ。

見どころ②Bacchanal Buffet(バッカナルバフェ)

ラスベガスのバフェで有名なレストランの一つです。

ここのレストランメニューはなんと、500種類以上もあるんですよ。

ロブスターや牡蠣などの豪華なシーフードをはじめ、日本料理や中華料理、アジアン料理も揃っています。

もちろん、デザートの種類も豊富なので、ちょっとずつ色んな種類を食べたい人にオススメのホテルです。

マタタビ
近年まで、アメリカの一般大衆紙の首位を取っていた「USA today」で「BESTバフェ賞」を受賞しています!

「New York post」でも、アメリカで1番のバフェと称されているんですよ。

全米1位のレストランバフェを味わってみてください!

見どころ③コロッセウム・シアター

古代ローマ時代に建設されたコロッセオをイメージして造られた外観は圧巻です。

ここでは、ラスベガスでトップクラスのエンターテイメントを鑑賞できます。

有名なアーティストのショーが鑑賞でき、中でも有名なのが「セリーヌ・ディオン」のショーです。

過去に1000回以上行われていて、他にも「エルトン・ジョン」や「マライア・キャリー」などの大物アーティスト達のショーが観れますよ。

見どころ④オムニア ナイトクラブ ラスベガス

2015年オープンと比較的新しいクラブですが、今ではラスベガス1・2位を争うほどの人気クラブです。

ジャスティン・ビーバーが誕生を祝ったクラブとしても有名です。

ここのクラブは、以下のような規格外が多いこともおすすめポイントですよ。

規格外なオススメポイント
  • ラスベガス最大級の巨大フロアで4000人超を収容可能
  • 1t(1トン)の重さもある可動式のシャンデリア
  • 専属DJは世界トップクラスの人たち

照明や音響設備も一流のものばかりで、照明の派手さには度肝を抜かれますよ。 

見どころ⑤プール

このホテルのプールは「ローマ宮殿のプールに入っているようだ」とたくさんの人から高い評価を受けています!

プールには「アポロ」や「ジュピター」などローマ神話に登場する神の名前が付けられています。

プールの内装も、もちろん古代ローマ帝国をイメージした造りになっています。

そして、ローマ調の雰囲気を柱や噴水がさらに盛り上げてくれますよ。

マタタビ
古代ローマ帝国の宮殿の住人になった気分で、ローマの雰囲気に浸る時間もゴージャス感があって素敵ですよね!

ちなみに、このホテルのプールではプールに入りながらカジノができます!

ラスベガスのゴージャスホテルならではですよね!

見どころ⑥映画の舞台にもなった豪華な内装

ここのホテルの内装の豪華さは映画の撮影でも使われているほどです。

「レインマン」や「ハングオーバー」などの映画では、このホテルの内部を見れますよ。

映画の影響もあるのか、ホテル館内で写真撮影をしている人が多いです。

SNSで映えそうなくらい豪華な造りを見たら、撮影したい気分になること間違いなしですよ。

【BEST2】イタリアにいる気分を味わえる「THE Venetian」

ラスベガスのホテルには、そのホテルのコンセプトがあり独特な感性を放つホテルも多いです。

「イタリアのベニス(ベネチア)」をテーマに造られた、このホテルもその1つです。

このホテルは「テーマパーク級」のゴージャスさを感じたい人にオススメです!

水の都ベネチアをイメージして作られているので、このホテル内にも運河がありゴンドラも浮かんでいるんですよ。

マタタビ
砂漠の街に運河があるホテルなんて、かなり独創的な組み合わせですよね!

そんな独創的なホテルには色々な楽しみどころがあるんですよ!

  • 館内の運河でゴンドラに乗って船頭のカンツォーネが聴ける
  • サンマルコ広場やリアルト橋をゴンドラから見るとベネチアを感じることができる

テーマパーク並みのエンターテイメントの規模にも驚かされますよ。

このホテルの素晴らしさは口コミでも知ることができます。

宿泊者Aさん

ホテルが広すぎてホテルの案内図を見ても迷ってしまうほどでした。

1日過ごしても飽きないほどの巨大なショッピングモールがホテル内にあるくらいです。

家族旅行だったので、部屋のトイレがバスタブと分かれていて有難かったです。

また、ベッドなど全てが高級で素晴らしく、ここのホテルはインスタ映えする箇所が多く、特にゴンドラの雰囲気は最高でした!

見どころ①客室

姉妹ホテルの「ザ・パラッツォ」と合わせて「ザ・ベネチアン・リゾート」と言われています。

両ホテルの総客室数を合わせると7,095室と全米最大の規模を誇っています。

客室のポイント
  • ほとんどの客室はスイートルームになっている
  • このホテルの客室は、ラスベガスの一般の客室の2倍の広さ
  • イタリア製の大理石バスルームの広さは12平方メートル(=約7畳)もある

見どころ②食事「SUSHI SAMBA」

「スシ サンバ」というネーミングが面白いですよね!

名前の通り「お寿司」をはじめとする、刺身や麺料理も食べることができます。

また、BARもあるレストランなので、ゆったりのんびりするには最高のホテルです。

実際に「スシ サンバ」を利用したお客さんを見ると、満足度が高いことが分かります。

宿泊者Bさん

今回で二度目の来店でしたが、今回もぶっ飛ぶような自由な発想の料理に楽しませてもらいました!

ノーマルな寿司のネタは、質も良く美味しかったです。

海外の日本食レストランは基本的に口に合わないことが多いですが、こちらのお店は毎回訪れたいと思えるくらいクオリティが高いです。

「ぶっ飛ぶような自由な発想の料理」って、かなり気になりますよね(笑)

「ぶっ飛ぶような自由な発想=斬新」な日本料理をラスベガスで食べるのも思い出になりますね。

見どころ③プール

プールは3つありますが、それぞれ雰囲気が全く違うので軽くご紹介します。

どのプールも捨てがたいですが、連泊する場合はその日の気分でプールを選んでみてくださいね。

ベネチアンプールデッキ
  • 一番広いゾーンのプール
  • エキゾチックな雰囲気が漂うプール
  • ヤシの木などの植物が雰囲気をさらに盛り上げてくれる
  • 全体的に使われているオレンジ色がエキゾチックさを増している
タオビーチ
  • アジアンな雰囲気が漂うプール
  • ソファや装飾品もアジアンテイストが特徴
  • 仏像が横たわっているのが面白い
ラズールラグジュアリープール
  • プールサイドにソファがあり、ラグジュアリー感が漂っている
  • シンプルに落ち着いて、ゆっくりプールに入りたい人はおすすめ

見どころ④マダムタッソー ラスベガス

マダムタッソーとは、蝋人形で作られた有名人たちと一緒に写真を撮影したりできる場所のことです。

日本でも見ることができますが、こちらのホテルの施設の中にもマダムタッソーがあるんですよ。

以下、ラスベガスのマダムタッソーでしか見られないおすすめポイントです。

  • マーベル・スーパー・ヒーロー4D

ウォータースプレーやスモーク、席が動く仕掛けなどがあり、迫力満点のアトラクションシアター       

  • 迫力満点のハルク

なんと15フィート(約4.57m)もある巨大フィギア

  • ラスベガスの文字看板やパトカー 

パトカーへの乗車可能

4Dシアターも気になりますが、個人的にはハルクの迫力ある手に捕まれた写真を撮るのがオススメです!

マダムタッソーでは写真を撮る回数が多いので「写真のデータが足りない!」とならないように注意してくださいね。

また、入場する際は別途チケットが必要なので、事前に購入して効率よく回りましょう!

公式HP:https://www.madametussauds.com/las-vegas/en/

見どころ⑤ホテルの内装&外観

ベネチアの風景を忠実に再現しているところが本当に素晴らしいです!

フロントロビーから館内に続く頭上には、ヨーロッパ伝統の芸術手法である『フレスコ手法』の宗教画が描かれているんです。

そのゴージャスさと素晴らしさは圧倒されますよ。

忠実に再現されているのは、運河やゴンドラ、宗教画だけではありません。

  1. サンマルコ広場
    ベネチアで有名な広場ですよね。
    ここのホテルのサンマルコ広場でも、色んなイベントが行われていますよ。
  2. ベネチアの象徴「鐘楼」
    ベネチアのシンボルとなっている鐘楼です。
    「本物!?」と間違えるくらい、言われないと気付かないくらいリアルです。
  3. リアルト橋
    この橋も忠実に再現されています。
    ただ違うのは「橋から見る風景だけ」ですが、これは仕方がないことですね(笑)
マタタビ
ラスベガスで異国の雰囲気を味わえるのは良いですよね。

口コミにも多いですが、ここのホテルの建物や雰囲気はとても素晴らしいと感じました!

【BEST1】セレブ気分を満喫できる「Wynn Las Vegas」

ラスベガスは、ゴージャスホテルがひしめき合っている都市です。

そんな中でも、トップクラスのゴージャスさを感じられるホテルがWynn Las Vegasです。

このホテルは「THE!セレブ」を味わいたい人に最適です!

なぜなら、創設者からホテル内装、外館に至るまで全てのものが「セレブ級だからです。

ここのホテルの建設費用は、なんと27億ドルという高額費用がつぎ込まれています!

27億ドルを日本円に換算すると「324億円」という驚愕の金額が使われています。

「こんな大金を出せる創設者って一体誰…!?どんな人??」と気になりますよね。

このホテルを創設したのは「ラスベガスを変えた男」と言われているスティーブ・ウィン氏という人です。

ウィンホテルの敷地は30万坪ほどあり、その中にホテルやレストラン、ショップ、カジノ、プールなどがあります。

贅沢さを追求した結果、ラスベガスの中でもハイクオリティ、ハイクラスのホテルとなったということですね。

マタタビ
「ここのホテルに泊まったら、もう他のホテルには泊まれない…」という方もいるんですよ!

実際に、宿泊した人の口コミを見ても、このホテルの良さが分かりますよ。

宿泊者Cさん

見どころ①客室とホテルの内装

客室でもゴージャス感を感じられるのが、壁一面の窓です。

その視覚的効果は抜群で、広い部屋がより広く感じることができるようになっています。

ベットやソファなども高級なので、部屋の中でもセレブ気分に浸れますよ。

また、ホテルの装飾などはとても素晴らしいものばかりです。

色彩豊かなものから豪華な内装まで観ているだけテンションが上がりますよ。

口コミサイトにも多いですが、花園のような廊下は本当に素敵ですよ!

見どころ②食事「THE BUFFE(ザ・バフェ)」

名前通り、食べ放題のレストランです。

食べ放題が好きな人も多いですよね?

ここのホテルの食べ放題では、アメリカ・日本・イタリア・中華・フランスなど各国の料理を楽しめますよ。

女子が大好きなデザートは、ラスベガスのバフェの中でも上位に上がるくらい種類が豊富です。

各国の料理とラスベガスで上位のデザートの種類となれば、訪れる価値ありですよ。

また、なんと言ってもレストランのおすすめポイントは、店内の装飾のスゴさです。

明るい店内には、花々の素晴らしい装飾が施されているんですよ!

花々に囲まれた素晴らしい店内で食べるバフェは気分が上がること間違いなしですよ。

見どころ③ウィン・ゴルフ&カントリークラブ

世界的に有名なデザイナーの「トーマス・ファジオ氏」と「スティーブ・ウィン氏」とのコラボで造られたゴルフ場となっています。

各コース間に植えられた大きな木々や最終ホールには滝もありますよ。

砂漠地帯を感じさせない景観を楽しみながら、ゴルフを楽しんでみるのはいかがですか?

見どころ④フェラーリ展示場&ディーラー

ホテルの敷地内にフェラーリの展示場兼ディーラーがあるんですよ!

展示場だけでなくディーラーまであるなんて、とても贅沢ですよね!

まとめ

5つ星の決め方は

  • 各国によって異なる
  • アメリカの場合は2種類ある

ベラージオホテルは

  • ラスベガスの代名詞「噴水ショー」
  • 噴水ショーは人気なので事前予約をした方がいい
  • シルク・ドゥ・ソレイユ O(オー)の常設ショーがある
  • 宿泊客以外の人も無料で観れる室内温室広場がある

シーザーズ・パレスホテルは

  • ラスベガスの老舗ホテル
  • ラスベガス初心者におすすめのホテル
  • 古代ローマ帝国をイメージしている
  • ホテル名・建物名・プールの名前などローマに関わるものが多い
  • 全米スパTOP100にも選ばれるスパが有名
  • ホテル内レストランのバフェはアメリカ1位
  • 有名アーティストのショーが観れるシアターがある
  • ラスベガス1・2位のナイトクラブがある
  • ローマ宮殿をイメージしたプールがゴージャスすぎる
  • 映画の撮影にも使われるほど豪華な内装

ザ・ベネチアンホテルは

  • 独創的なホテルの一つ
  • イタリアのべニス(ベネチア)をイメージしている
  • ベネチアの風景や建物などを忠実に再現している
  • テーマパーク級のゴージャスさ
  • 客室のほとんどがスイートルーム
  • 客室の広さは一般的なラスベガスの客室の2倍
  • 斬新さを感じるレストラン&バーがある
  • ハルクのフィギュアはここのマダムタッソーでしか見れない

ウィンホテルは

  • THEセレブを味わいたい人向けのホテル
  • 客室の壁一面がガラス張り
  • バフェのスイーツはの数はラスベガスの中でも上位
  • バフェ会場の装飾がとても素晴らしい
  • 有名デザイナーとコラボしたゴルフ場
  • フェラーリの展示場兼ディーラーが敷地内にある
  • ホテル内の装飾にはテンションが上がる

今回は「ラスベガスにある5つ星ホテルの特徴とおすすめポイント」をご紹介しましたが、いかがでしたか?!

独創的、豪華、クオリティが高いというのは、ラスベガスならではですよね。

ラスベガスに行くのであれば、5つ星ホテルに宿泊して思いっきり贅沢を楽しむのも素敵です。

今回の記事を参考に、ラスベガスで思いっきり贅沢な思い出を作ってくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA