余すことなく楽しめる!!オーストリアの世界遺産を満喫するには?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

訪れたい観光スポットが多いと、限られた時間の中で、どこに行こうか迷うことありませんか?

「オーストリアでは、どこに行くのがオススメなのかな?」

「ウィーンやザルツブルグなどの大きな都市での見どころは、どこだろう?」

「やっぱり、有名な世界遺産は見ておきたいな…」

このように、魅力的な見どころがたくさんあって、迷ってしまうことも多いですよね?

今回は、そんな見どころポイントをぎゅっと集めた「オーストリアの世界遺産のオススメポイント」をご紹介します。

首都:ウィーン

ウィーンの旧市街

オーストリアは、首都ウィーンやザルツブルク、グラーツの大都市に世界遺産が集結しています。

特に、ウィーン旧市街では、シュテファン大聖堂(寺院)を中心に、パブスブルク帝国の様々な遺産がぎっしりと詰まっています。

つまり、街全体が世界遺産になっているようなものだということです。

旧市街地には、有名な建造物が歩ける範囲に並んでいるので、じっくりと世界遺産の街そのものの魅力を堪能してみてくださいね。

ウィーン旧市街にある建造物
  • シュテファン大聖堂
    旧市街の中心にある、ウィーンを象徴する建造物です。
    高くそびえる塔の上からは美しい街が一望できるだけでなく、シュテファン大聖堂の屋根に描かれた歴史ある鮮やかなモザイクタイルを見ることができます。

  • ウィーン国立劇場(オペラ座)
    世界三大オペラ座のうちのひとつとしてパリ、ミラノと並ぶ有名地です。
    チケットは、当日並ばなくても公式ホームページで購入することもできます。
    ぜひ、オペラ座でしか聞けない美しい音色を堪能してくださいね。
    公式HP:https://classicworld.at/vienna/?p=1&l=6&c=1

  • 美術史博物館
    ウィーンには多くの美術館がありますが、一番オススメするのが「美術史博物館」です。
    美術館と博物館がひとつになっていて、歴代皇帝が集めた絵画や彫像などのコレクションが並べられています。
Aさん

オーストリアでの海外旅行で、一番最初に訪れたのがウィーンの旧市街でした。

友達からは事前に「街全体が歴史の1ページみたいだったよ!」と聞いていたので、実際に現地に訪れてみたら、本当にその通りで建物ひとつひとつの美しさに目を奪われました。

他にも、観光用馬車のフィアカーが走っていて、二頭のお馬さんと一緒に、ウィーンの街中を観光できて良かったです。

乗り心地も良く、すごく楽しかったですよ!

また絶対に訪れたいお気に入りの場所になりました。

シェーンブルン宮殿

ここは、オーストリアが誇る、ウィーンに訪れたなら欠かせない観光スポットです。

シェーンブルン宮殿では、1400室以上あるうちの2階部分に当たる40部屋が一般公開されています。

見学する際はチケットが必要なので、公式サイトで購入しておくと時短になりますよ。

ちなみに、当時の皇帝の妻である王妃エリザベートが美を追求するあまり、宮殿内外を問わずに芸術的で美しく豪華にしたと言われています。

それに加え、手入れの行き届いた緑に囲まれた広大な庭園や泉、丘の上の建造物グロリエッテなどからの眺めもオススメスポットです。

よくパンフレットやSNSで見る画像は、この庭園の丘の上からシェーンブルン宮殿を撮影したものが使われています。

また、敷地内には、世界最古といわれている動物園もあるので、足を運んでみてくださいね。

Aさん

あの有名なマリーアントワネットも、15歳までは、このシェーンブルン宮殿で育ったと言われています。

他にも、たくさんの美女がここで生活をしていたそうですよ。

ただ、宮殿内部は写真撮影禁止なので注意してください。

庭園は、撮りたい放題なので、美しい写真を思い出に残してみてくださいね!

シェーンブルン宮殿の営業時間
  • 8:00〜17:30(4月1日〜6月30日まで)
  • 8:00〜18:30(7月1日〜8月31日まで)
  • 8:00〜17:30(9月1日〜10月31日まで)
  • 8:00〜17:00(11月1日〜3月31日まで)

公式サイト:https://www.schoenbrunn.at/en/our-tickets-and-prices/all-tickets-prices/

ヴァッハウ渓谷

ヴァッハウ渓谷もウィーンにある世界遺産のひとつです。

ドイツから流れてくる太くて長いドナウ川は、古くからの修道院や古城、ブドウ畑などを含めて、どこよりも美しい景観を持っていると言われています。

都心からも電車で1時間ほどで訪れることができ、ドナウ川や街の景観を見て回るだけではなく、他にもオススメスポットが数カ所あるので、ぜひ足を運んでみてください。

ヴァッハウ渓谷のオススメスポット
  • メルク修道院
    11世紀に創立された修道院です。
    ヴァッハウ渓谷の丘の上にそびえ立つその建造物はオーストリアの至宝とまでいわれるほど美しいところです。
    中には、大理石の広間やドナウ川を見下ろせるテラスなんかもあります。

  • アッグシュタイン城
    この古城には、数多くの逸話や伝説が語り継がれています。
    かつて城主ではない他の貴族が略奪をはかったり、城でとらえた敵を絶壁に閉じ込めた後に、崖から飛び降りて死ぬか餓え死ぬかの究極の二択を迫ったりなど、多くの危機に直面してきた城です。

  • ドナウ川クルージング
    クルージングの遊覧船は、ウィーン市内のメルクとクレムスの間を運行します。船が訪れる町は観光地として有名なところばかりなので、スケジュールを調整しながら事前に船旅の途中で立ち寄るところを調べておくと良いと思います。便利な周遊チケットをメルクやクレムスの船乗り場で購入することができるので、ドナウ川の船旅を楽しんでみてください。

【ぜひ購入して欲しい名産品】

  • 自家製ワイン
  • アプリコットを使用したジャムやドライフルーツ
  • ヴァッハウアー・ラーベール(プレーンパン)

ザルツブルク

ザルツブルクの旧市街

ザルツブルクの旧市街も、ウィーンと同じように街全体が世界遺産として登録されています。

この地は、あの音楽界の天才モーツァルトが生まれ育った場所としても有名で、オーストリアだけでなく、ヨーロッパ全体を誇る建造物がたくさん存在しています。

ぜひ「北のローマ」とも呼ばれている、賑やかなザルツブルクの街並みを楽しんでみてくださいね。

ザルツブルクの旧市街にある建造物
  • ザルツブルク大聖堂
    ヨーロッパ最大を誇る聖堂と言われています。
    モーツァルトは、かつてこの場所で洗礼を受け、後に大聖堂でのオルガン演奏者として活躍しました。

  • ホーエンザルツブルク城
    こちらは、ザルツブルクのシンボルとされているお城です。
    その美しいさが溢れる城は、700年もの年月をかけて建てられました。
    チケットの種類は、ABCのそれぞれの見どころコースによって異なり、値段も異なります。

  • モーツァルトの生家
    ザルツブルクが生んだ、音楽界の天才モーツァルトが誕生した家を見学することができます。
    肖像画や自筆の手紙、楽譜など、普段お目にかかれない貴重な品々が展示されています。

ハルシュタット

ハルシュタットの町では、まるで夢のように美しい湖を前にヨーロッパならではの街並みを観光することができます。

この町では様々な呼び名があり「世界最古の岩塩の町」「世界で最も美しい湖畔の町」と呼ばれてきました。

その名の通り、古代のローマから続く世界最古の塩坑(塩の採掘地)があり、見学することができます。

チケットは1人につき22¢(日本円で約2600円)で所要時間は1時間ほどです。

ただ、観光シーズンの5月から9月は比較的混み合うことが多いです。

チケットを購入する時間やツアーで回ることも考えて、3時間ほど見ておきましょう。

そして、何といっても、世界遺産に登録されているのはハルシュタットの景観です。

目の前に広がる湖畔と守られてきた歴史ある建物は、息をのむ美しさがあります。

湖の水は透明度が高く、お天気がいい日はとても穏やかに時がゆっくり流れていくように感じますよ。

Cさん

世界一美しい湖と言われているだけあって、本当にとても素敵なところでした。

幸いにもお天気に恵まれたので、湖畔のレストランで、湖でとれたてのニジマス料理を食べました。

ご飯も美味しく、優雅なひとときを過ごすことができたので、とても満足しました!

ぜひ、また行きたいと思える素敵な場所でした。

グラーツ

グラーツの旧市街とエッゲンベルク城

グラーツでは、レンガ色の鮮やかな屋根が続く旧市街が印象的です。

そして、その街並みを見下ろすエッゲンベルク城には、不思議なことに長針が時間、短針が分を刻む大きな時計台があるのが魅力です。

ついつい時間を確認しようとするときに、間違えてしまいそうになりますよね。

18世紀から手を全く加えられていない城内を見学できますが、なんと電気が使われていないんです。

見学は自然光で行われ、王室のシャンデリアには無数のロウソクが使用されているので、まるで映画の世界にタイムスリップでもしたような気分を味わうことができます。

ただし、冬の時期は休館して見学できないので、気を付けてくださいね。

セメリンク鉄道

世界遺産に登録されているセメリンク鉄道は、ウィーンからセメリンクの終点ミュルツツーシュラークを結ぶために1854年に開通されました。

見どころは、緑豊かな山々や石造りのトンネルです。

他にも、二重になっているアーチが美しいカルテリンネ橋を通るところも見どころですよ。

線路には、鉄ではなく、レンガや石などの素材を生かした造りになっているので、自然と調和した山岳鉄道と言われています。

比較的ゆっくり走行するので、日本では絶対に味わえない、オーストリアならではの景色を満喫してくださいね。

まとめ

ウィーンのオススメスポットは

  • ウィーンの旧市街
  • シュテファン大聖堂
  • ウィーン国立劇場
  • 美術史博物館
  • シェーンブルン宮殿
  • ヴァッハウ渓谷
  • メルク修道院
  • アッグシュタイン城
  • ドナウ川クルージング

ザルツブルクのオススメスポットは

  • ザルツブルクの旧市街
  • ザルツブルク大聖堂
  • ホーエンザルツブルク城
  • モーツァルトの生家
  • ハルシュタット

グラーツのオススメスポットは

  • グラーツの旧市街とエッゲンベルク城
  • セメリンク鉄道

今回は「オーストリアの世界遺産のオススメポイント」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

オーストリアの世界遺産は、どこも本当に美しいところばかりです。

今回の記事を参考に、オーストリアでの世界遺産を巡りながら楽しい思い出を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA