タヒチで憧れの新婚旅行!海外旅行初心者も失敗しない計画とは?

リゾート地での優雅な新婚旅行って憧れですよね。

タヒチは一年中が夏で、海に囲まれた美しい地域、まさにリゾートです。

「タヒチの名前は聞いたことあるけど、どこにあるの?」

「海外旅行初心者でも大丈夫?」といった不安もあると思います。

今回は、タヒチで新婚旅行を過ごした友人の話を交えながら「海外初心者でもタヒチで失敗しない新婚旅行」をご紹介します。

タヒチの基本情報

場所

タヒチは、118もの島々でできている南太平洋有数のリゾート地です。

オーストラリアやニュージランドの西に位置します。

旅行するなら、メインのタヒチ島だけでなく、ボラボラ島、モーレア島などの他の島も回ることをオススメします。

また、タヒチ島の正式名称は「フランス領ポリネシア」と言います。

首都は、タヒチ島にあるパペーテです。

友人Aさん
私と夫は、2人で一緒に海外旅行をするのは初めてでした。

夫は海外が初めてで、私も高校生以来の海外旅行でした。

タヒチアンの人々は「イアオラナ〜(おはよう)」と親切に声をかけてくれるなど、とっても親切でした。

海外旅行初心者の私たちもリラックスして過ごすことができました!

宗教・言語・通貨

タヒチでは、8割がプロテスタントまたはカトリックのキリスト教徒です。

公用語は英語ではなく、タヒチ語とフランス語です。

ですが、観光地では英語が通じる場合がほとんどなので、安心してくださいね。

日系のホテルやヒルトンやインターコンチネンタルなど有名ホテルを選べば、日本人のスタッフがいる確率が高いですよ。

通貨は、フレンチ・パシフィックフランで、フランス圏ですがユーロではありません。

また、基本的にチップの習慣はありません。

気候・ベストシーズン

タヒチは、日本と違って四季がなく、1年の平均気温が27℃と温暖で、常夏の楽園です。

  • 4月~10月頃が乾季で、タヒチを訪れるベストシーズンです。
    晴れている日が多く、タヒチの海がより一層、綺麗に見えますよ。

  • 6月〜9月は気温が下がるので、長袖の羽織りものを持っておいた方が良いです。

  • 11月〜3月は晴れている日が少なくなりますが、タヒチはこの時期に真夏を迎えます。
    南国の花々が咲き乱れ、華やかな雰囲気になり、気温も高く、寒さを感じることなく海に入れますよ。
    年末年始を除けば、11月〜3月は価格も抑えられるのでオススメです。

服装

紫外線はかなり強いので、帽子や日焼け止めクリームなどで日焼け対策が必要です。

また、昼間はTシャツと短パンだけでも十分に過ごせますが、日中と夜間では気温差があります。

長袖の羽織れるものが1枚あると便利ですよ。

高級レストランに行く場合は、ドレスコード用の服も用意しましょう。

男性は襟付きのシャツとズボン、女性はワンピースがオススメです!

友人Bさん
私たちは、基本的にホテルで食事をとりました。

フレンチレストランに行くときは、スーツやドレスでなくても、多少綺麗めの格好でないと浮いてしまいます。

朝は日本食を食べたかったので、インスタントのお味噌汁など、お湯だけで食べれるものを日本から持ち込みました。

時差・移動時間

時差とフライト時間は、以下の通りです。

日本との時差
  • 日本時間より-19時間(日本が進んでいる)
    例えば、日本が正午の時には、タヒチは前日の17時です。
フライト時間
  • 成田空港からパペーテまで約11時間
  • パペーテからボラボラ島まで約1時間

タヒチでの過ごし方

オススメの日程

新婚旅行でタヒチに行くなら、8日間以上の日程で行くことをオススメします。

日本からタヒチの旅行に必要な日程
  • 往復のみの弾丸旅行:0泊3日
  • 最短で楽しめる日数:3泊6日
  • 個人的にオススメの日数:5泊8日

直行便のエア タヒチ ヌイが、週2回しか往復しないので、出発日、帰国日の自由度はあまり高くありません。

なので、有給休暇を上手く使って、余裕を持った休みを取るようにしてくださいね。

2020年現在の旅行日程
  • 成田→タヒチ(月曜•土曜日)
    成田17:40 タヒチ09:45(同日)
  • タヒチ→成田(金曜•日曜日)
    タヒチ08:30 成田14:05(翌日)

直行便でなければ、日程の調整やLCCも選べて、30日以内ならビザも不要です。

予算

時期や泊まるホテル・航空会社にもよりますが、2名で約70~80万円程度が相場です。

現地の滞在費の相場(二人分)
  • 航空券:30〜40万円
  • 現地移動費:2〜5万円
  • アクティビティ:2~10万円
  • お土産・ショッピング:1~5万円
  • 現地での食費など滞在費:7~15万円
  • 合計:約70~80万円

リゾート地で、高級ホテルがほとんどで、宿泊施設に費用がかかります。

また、大型ショッピングセンターもないので、食事は基本的にホテルの中かレストランになり、値段がやや高くなります。

昼食は5000円、夕食は10000円程度が相場なので、滞在費の予算も多めに考えておきましょう!

宿泊施設

タヒチといえば、水上コテージです。

フィジーやバリにも水上コテージはありますが、タヒチが発祥と言われています。

水上コテージとは
  • スイートルームのような造りになっている
  • 部屋のベランダから直接海に入れるハシゴがある
  • 床の一部がガラス張りになっていて、海を泳ぐ魚を眺められる

全ての水上コテージに同じ設備があるわけではありませんが、南の島を満喫できますよ。

また、ビーチバンガローと呼ばれる陸上にあるバンガローも人気です。

ビーチバンガローとは
  • 海岸付近に建っている
  • 一つ一つ戸建の施設に泊まることができる
  • 海の代わりにプライベートプールが近くにある

欧米の人には、このビーチバンガローの方が人気で、近年数が増えています。

多くのホテルは、このような2種類のコテージがあり、私たちがイメージするホテルの方が少ないです。

アクティビティ

コテージで海を眺めなから、読書やお昼寝、コテージから直接海に降りてシュノーケリングするなど、時間を気にせずに、のんびりと過ごすのが基本です。

アクティビティを楽しみたい人は、以下のツアーに参加してみるのも良いですよ。

オススメのアクティビティ
  • モツピクニックツアー(島巡りツアー)
  • ジープで巡る島の絶景ポイント
  • サファリツアー
友人Aさん
私たちは、ボラボラ島から、他の島の近くまで水上バイクで向かいました。

普段バイクに乗らない主人の後ろに乗るのも、色んな意味でドキドキしました(笑)

また、タヒチの海にはエイがいるので注意してください。

Be careful of stingrays!(エイに気をつけてね)と声かけられましたが、そのときは何を言っているのか分からず、帰国後に英語が分かる友人に聞いて判明しました。

タヒチ旅行を楽しむアドバイス

1回の滞在で2島〜3島回ろう

タヒチへの旅は、タヒチ本島とボラボラ島・モーレア島・ランギロア島などを組み合わせて、2島〜3島に滞在するのが基本です。

タヒチ本島からは、高速船や国内線(飛行機)でアクセスできます。

もちろん、1島に泊まり、じっくり過ごすのも良いですが、ぜひいろいろな島を巡ってみてくださいね。

友人Bさん
私たちは、同じ島の同じホテルで、水上バンガローとビーチバンガローの2種類の部屋に宿泊しました。

初めての海外旅行で言葉に不安があったので、日本人スタッフが常駐しているホテルを選びました。

安心して過ごせたので後悔はしていませんが、きちんと計画をしていたら他の島も回れたのかな?と思います。

首都パペーテへの滞在は最小限に

タヒチの首都パペーテは、南の島の大都会です。

お土産やショッピング、カラフルなフルーツなどが売られているマルシェ(市場)があります。

市場は広く、野菜やフルーツ、日用品雑貨なども売られています。

タヒチは、全体的に物価が高いので、市場は安いと思って訪れる人が多いですが、決してそんなことはありません。

また、値下げ交渉しにくい雰囲気があるので、ブラブラ歩いて見るには良いスポットです。

また、クリスマスシーズンに行くと、生バンドが演奏しているときもあります。

海を見ながらゆっくり過ごしたい人は、最終日の飛行機に乗る前に、パペーテでお土産を買う程度がオススメです。

友人Aさん
私たちは、現地通貨を使い切るために、最終日にパペーテを選びました。

タヒチの海を存分に楽しみたかったので、パペーテを後回しにして正解でした。

タヒチ島以外のオススメの島

ボラボラ島

タヒチで、もっとも有名な島がボラボラ島です。

中央には、オテナム山がそびえたっています。

水上スキーに乗って離れた場所から写真を撮ると、山と海のコントラストが美しい、インスタ映えな写真が撮れますよ。

ヴァイタペ村は島一番の大きな村で、カフェやスーパーマーケット、お土産の購入や両替までできます。

マティラ地区は、有名ホテルやレストランが立ち並び、マティラ岬はボラボラ島で最も夕日が綺麗と言われている所です。

パブリックビーチもあるので、滞在先のホテルを抜け出して、タヒチアンに馴染んで海を楽しんでみてください。

大きな島なので、日本人スタッフがいるホテルも多く、海外旅行が不安な方も安心して楽しめますよ。

モーレア島

モーレア島は、空港があるタヒチ島から高速船で40分、飛行機なら10分とアクセスが抜群です。

山も海も楽しめるので、色々なアクティビティが用意されています。

ゴルフもできるので、ゴルフが趣味の方は、ぜひ訪れてみてください。

他の島よりもリーズナブルなのも人気の理由の1つです。

ランギロア島

世界中のダイバーにとって憧れの島が、ランギロア島です。

ダイビングやシュノーケリングなどマリンスポーツを満喫したい方は、ぜひランギロア島がオススメですよ。

ボラボラ島ほど賑わっていませんが、自然を満喫でき、日系ホテルもあるので安心です。

ティケハウ島

ティケハウ島は、色んな種類の海の生物が多く、ダイビングやシュノーケリングにオススメです。

日本人が少ないので、異国の雰囲気や隠れ家のような雰囲気を楽しめます。

ティケハウ島では、ピンクサンドビーチも見れますよ。

ピンクサンドビーチとは

ピンクの砂(サンド)の海岸のことを言います。

赤珊瑚やピンク色の貝殻が細かく砕けてできているので、ほんのりピンク色に見えますよ。

日本では滅多に見れない光景ですが、タヒチ以外では、バハマやインドネシアのコモド島で見れますよ。

タハア島

バニラの産地として有名なのが、タハア島です。

日本人は少ないですが、高級ホテルと少しリーズナブルなホテルが両方あります。

タハア島は遠浅の海なので、海岸を歩いて散歩するのも楽しいですよ。

また、タハア島名物の濃厚で新鮮なバニラスイーツは、食べる価値ありです!!!

バニラスイーツを食べないと、タハア島に来た意味がない!と言われるくらい絶品なので食べてみてくださいね。

まとめ

タヒチとは

  • 118もの島々から構成される南太平洋有数のリゾート地
  • 基本的にチップの習慣はない
  • 1年の平均気温が27℃と年間を通じて温暖で、常夏の楽園
  • 直行便であるエア タヒチ ヌイが週2往復
  • 30日以内ならビザも不要
  • 日焼け止めや帽子が必須
  • 高級レストランに行くときは、ドレスコード用の服は必須

タヒチ旅行の計画は

  • 新婚旅行には、8日間以上のお休みを取ると満喫できる
  • 予算は二人で70万円〜80万円

タヒチでの過ごし方は

  • 水上コテージかビーチバンガローに宿泊
  • のんびりお昼寝や読書
  • 水上コテージからシュノーケリング
  • ジェットスキーやサファリツアーなどのアクティビティもオススメ

タヒチでの過ごし方のアドバイスは

  • 1回の滞在で2島〜3島回るのが基本
  • パペーテへの滞在は最小限でOK

タヒチ島以外のオススメの島は

  1. ボラボラ島
  2. モーレア島
  3. ランギロア島
  4. ティケハウ島
  5. タハア島

今回は、タヒチで新婚旅行を過ごした友人の話を交えながら「海外初心者でもタヒチで失敗しない新婚旅行」をご紹介しました。

タヒチで新婚旅行をしているイメージが浮かんできましたか?

今回の記事を参考に、タヒチで新婚旅行を満喫してくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA