西オーストラリア州パース旅行!!おすすめ観光スポット7選とは??

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%という結果が出ています。
つまり、27人に1人は、海外旅行保険を利用しています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使います。
持っているだけで、海外旅行保険費用を節約できて、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

オーストラリアのパースは「世界一美しい街」と言われています。

「世界住みやすい都市ランキング」にも、いつも上位に入るほど魅力的な都市です。

そんなパースには、旅行で訪れてみたい観光スポットもたくさんあるんですよ!

今回は「パースにあるオススメ観光スポット7選」をご紹介します。

パースってどんなところ?

パースは、西オーストラリア州にある州都です。

西オーストラリア州は、オーストラリア最大の州でオーストラリアの3分の1の面積もあります。

しかも、その広さはなんと日本の約7倍もあるんですよ!

ただ、人口は西オーストラリア州で約260万人、パースで200万人なので、面積の割に人口がとても少ないです。

また、パースの人はとても穏やかで、フレンドリーな方が多いです。

気候は、年間を通して比較的温暖ですが、冬の朝晩は10度前後まで下がるので上着が必要です。

オーストラリアは、南半球なので日本と季節が逆になるので注意してくださいね。

日本との時差は、-1時間なので時差ボケの心配もありません。

マタタビ
パースは、ゆっくり時間が流れていくような場所でした。

ボタニカルガーデンには、季節ごとに咲いているお花がすごく綺麗でしたよ!

都会のような賑やかさは無く、ゆったりと落ち着いた雰囲気が好きな人にはピッタリの場所ですよ。

パースのおすすめ観光スポット7選

キングスパーク

市内中心部の少し高台にあるキングスパークからは、パース市内が一望できるんですよ。

この公園は、とても広く、なんと東京ディズニーランドのおよそ5倍の面積があるんです!

公園内は植物園になっていて、様々な植物を楽しめます。

休日になると、地元の人がバーベキューや運動を楽しむ憩いの場としても親しまれています。

パース市内からは、バス一本ですぐの距離にあるので気軽に行くことができます。

お昼に行くキングスパークも素敵ですが、夜景はシティ中心部の光がキラキラして綺麗ですよ。

キングスパークの公園の中心に、塔が見えるのが分かりますか?

これは、第一次、第二次世界大戦で亡くなった方のために建てられた戦没記念碑です。

びっしり名前が刻まれていて、戦争でたくさんの方が亡くなったと思うと心が締め付けられました。

ロンドン・コート

ロンドンコートは、1937年イギリスの植民地時代に建てられたアーケードです。

当時の開拓民が、祖国イギリスを思って作ったので、ここだけ少し昔のイギリスにタイムスリップしたかのような感覚なりますよ。

石畳の道の両端には、イギリス風のカフェやショップが立ち並んでいるので覗いてみてくださいね。

他にも、UGGのブーツも売っているお店もありました!

ロンドン・コートは、パース市内中心部のハイストリートにあります。

建物が目立つので、街中を散策していたら、すぐに見つかる場所にありますよ。

フリーマントル

フリーマントルは、パース市内から南に20kmほどの距離にある港街です。

金土日には、マーケットが開催され、食料品から工芸品まで様々なものが売られています。

色んなお店が、たくさん並んでいて、可愛い雑貨やフルーツ、ケーキも売られていたので、お土産探しにも最適ですよ。

ただ、マーケットにはたくさん人がいるので、スリに遭わないように注意してくださいね。

街自体が綺麗なので、公園やビーチ沿いを歩くだけでも十分楽しめました!

特に、港町なので、海鮮は最高に美味しく、海沿いのレストランで食べるフィッシュ&チップスは格別でした。

お値段は、18ドルくらいと少し高いので、お友達とシェアして食べるのも良いですね。

ちなみに、お酢(Vinegar)をかけて食べるのが、パースの人たちの食べ方です。

日本のお酢とは違って、苦味のあるお酢は好みが分かれますが、すごく口に合って美味しかったです!

ちなみに、植民地時代に建てられたフリーマントル刑務所は、世界遺産に登録されているんですよ。

今はもう使われていませんが、館内を見て回ると、とても臨場感があと言われています。

囚人の気分を味わい人は、一度行ってみてくださいね。

見学するには、ツアーに参加する必要がありますが、日本語ツアーもあるので、英語が分からなくても楽しめます。

フリーマントルへは、パース市内から電車一本で行くことができます

電車で行くのが面倒な人は、半日ツアーもあるので利用してみてくださいね。

マーガレット・リバー

マーガレットリバーには、たくさんのワイナリーがあり、ワイン好きの人にオススメのスポットです。

それぞれのワイナリーで味に違いがあるなどの特徴があるので、色々と周ってみてくださいね。

また、マーガレットリバーは鍾乳洞も有名で、なんと150以上の鍾乳洞があるんですよ!!

何百万年もの月日をかけて作られた鍾乳洞は、とても神秘的で素敵ですよ。

ワイナリーだけでなく、チョコレートカンパニーという、パースを代表するチョコレート屋さんがあります。

店内に一歩足を踏み入れた瞬間、チョコレートの良い匂いに包まれますよ(笑)

ここでは、限定のチョコレートチョコレートの匂いがするリップバームを購入しました。

チョコレートは、外国らしくかなり甘めですが、コーヒーと一緒に食べると美味しかったですよ。

マーガレットリバーは、パース市内からは南に車で3時間ほどの距離にあります。

ピナクルズ

ピナクルズでは、砂漠地帯にいくつもそびえ立つ石柱を見ることができます。

石柱は、高さ3~5mあり、それが無数に立ち並ぶ姿は圧巻ですよ。

ピナクルズは、パースから北へ250kmほど離れた距離にあります。

公共交通機関がないので、レンタカーを借りていくか、ツアーに参加する必要があります。

ツアーの場合、近場のランセリン砂丘で砂滑りを体験できるものもあり、アクティビティが好きな人は、ツアーで行くのがオススメですよ。

1日ツアーに参加する場合は、以下のようなスケジュールになります。

8:00 ホテルまでお迎え
9:00 カバシャム・ワイルドライフパーク
10:00 ロブスター工場見学
12:00 ランチ
13:00 ピナクルズ散策
14:30 ランセリン砂丘
16:00 4WD走行
17:00 サンドボーディング
18:00 ワイルドフラワー観賞
19:00 ホテル到着

旅行前に写真で見た感じだと「そこまで大したことないのかも?」と思っていましたが、実際に行ってみると、写真よりも何倍も素敵な場所でした!!

カバシャム動物園では、実際にウォンバットに触れることができました。

日本では、ウォンバットに触れられるスポットが無いので、すごく感動しました。

毛並みは、ふんわりしていて気持ちよかったです。

途中、道が混んでしまったのが原因かもしれませんが、ランチが30分しか無かったので少し残念でした。

ですが、各スポットでは観光できる時間を十分に確保されていて、ゆっくり過ごせました。

砂丘の中を4WDで駆け巡るので、子どもも大人も興奮して、はしゃぎまくりました(笑)

ツアーは料金も安くて、すごく満足できるツアーでした!!!

ウェーブ・ロック

ウェーブ・ロックとは、その名の通りまるで「本物の高波のように見える岩」のことです。

長い間をかけて、雨風の浸食によって形成された岩は、とても迫力がありますよ!

高さは15m、長さは110m程あり、その大きさは間近でみると圧倒されます。

ウェーブロックは、パース市内からは車で4~5時間かかります。

日帰りツアーもたくさんあるので、ツアーを利用して見に行ってみてくださいね。

少し市内からは時間がかかりますが、わざわざ行く価値はありますよ!

ロットネスト島

パース海岸線から18kmに浮かぶ島で、島全体が国立公園になっています。

この島の魅力は、この島にしか棲息しない「クォッカ」です。

ワラビーやカンガルーの仲間で、とても可愛いと思いませんか?

また、島を周る途中でシュノーケリングを楽しむ人もいて、アクティビティが満載の島です。

体力に自信がない人は、バスで移動もできますよ。

私は、女友人と二人で訪れて、島を1周ぐるっと歩いて周りました。

ただ、歩くとかなり時間がかかります(笑)

「自転車に乗れば良かったね。」なんて話をしながら歩きましたが、今になってはすごく良い思い出です!

徒歩で一周するのは疲れましたが、どこを見渡しても綺麗な海ばかりで、一生の思い出になりましたよ。

島を1周するときは、自転車を使って移動することをオススメします!

まとめ

オーストラリアのパースは

  • 西オーストラリア州の州都
  • 西オーストラリア州の面積は日本の7倍
  • 人口は260万人と少ない
  • パースの人は穏やかでフレンドリー
  • 年間を通して比較的温暖だが、冬はジャケットが必要
  • 日本との時差は−1時間(日本より1時間遅れている)

パースのオススメ観光スポット7選は

  1. キングスパーク
  2. ロンドンコート
  3. フリーマントル
  4. マーガレットリバー
  5. ピナクルズ
  6. ウェーブロック
  7. ロットネスト島

今回は「パースにあるオススメ観光スポット7選」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「世界で一番美しい街」と言われるパースには、訪れたい素敵なスポットがたくさんありますよ。

今回の記事を参考に、パース旅行の計画を立ててみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA