マドリードで行くべき豪華観光スポット・グルメスポットはどこ??

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

「いつもの日常から解放されたい!」

「本場のグルメを堪能したい!」

「本場のスポットに直にふれあいたい!」

そんな人には、ファンタジーの世界のような豪華スポットや美味しいグルメも充実しているスペインの首都マドリードがオススメです。

今回は、活気にあふれた陽気な町「マドリードのオススメ観光スポット4選」をご紹介します。

スペインのオススメ観光スポット4選

マドリード王宮

マドリードに行ったら必ず訪れるオススメの観光スポットがマドリード王宮です。

西ヨーロッパ最大と言われている宮殿で、1931年までは歴代のスペイン国王が暮らしていた華麗な白壁の大きな館です。

現在でも王宮の行事がある度に利用されています。

また、建物の中には約2800室ほどの部屋があると言われていますが、見学できるのは一部の部屋のみです。

この王宮の中に足を一歩踏み入れると、まるでファンタジーの世界のような空間が広がっています。

大理石の階段があったり、見上げると豪華な天井画やシャンデリアなどがあります。

目もくらむような華やかで煌びやかな見た目に、ため息が出ること間違いありませんよ。

Aさん
当時の暮らしぶりに触れていると、自分も同じ時代にタイムスリップしたような錯覚になりました。

「贅沢な暮らしってこういうことか。」と感動したのを今でも覚えています。

また、イルミネーションでライトアップされる夜に訪れるのもオススメですよ。

マタタビ
写真を撮るなら、夜に訪れるのも良いですよ。

王宮の前の広場「アルメリア広場」を挟んだ向こうには「アルムデナ教会」があります。

新国王フェリペ6世が、ジャーナリストだった恋人レティシアと結婚式を挙げた教会です。

反対する国王夫妻を「彼女と結婚できないなら王冠を捨ててもいい」と宣言し承諾させ、愛を貫いたという素敵な教会です。

その情熱にあやかりたい人は、こちらの教会に素敵なパートナーと訪れてみるのはいかがでしょうか?

プラド美術館

エル=グレゴ、ゴヤ、ペラスケスのコレクションが多数ある人気の美術館です。

待ち時間は平均30分程度で、ヨーロッパの中では最大規模の大きさのため、1日かかってもすべてを鑑賞することは難しいと言われています。

そのため、何を見るのかを事前に決めておいてから回ることをオススメします。

マタタビ
インフォメーションセンターでは、日本語の館内マップがもらえますよ!

プラド美術館は、閉館2時間前になると無料で入場することができるようになります。

時間は少ないですが、素晴らしい巨匠達の名画を無料で鑑賞できるなんてお得ですよね。

無料で入場できる時間

  • 月曜~土曜 18時~20時
  • 日曜、祝日 17時~19時
Aさん
「世界三大美術館」「一生に一度は訪れたい美術館」に名が挙がるのも納得です。

それほど芸術に詳しくない私でも、その素晴らしさを感じることができました。

しばらくは芸術の世界からなかなか現実に戻れなくなってしまったほどですよ。

また、プラド美術館から少し足を延ばせば「ソフィア芸術センター」にも行くことができます。

ここでは、現代美術の巨匠ピカソ、ダリ、タピエス、ミロなどの作品が見ることができますよ。

特にピカソの「ゲルニカ」が代表作で「ゲルニカ」のデッサンも展示されています。

時間に余裕がある人は、こちらの美術館も一緒に鑑賞してみてはいかがでしょうか?

プエルタ・デル・ソル

街の人たちでいつも賑やかなマドリードの中心になっている広場です。

プエルタ・デル・ソルは「太陽の門」を意味しており、すべてのスペインの道が始まる0㎞地点があります。

少し分かりにくい場所ですが、地面に「0㎞元標」が埋められているので、その元標を探してみるのも楽しいですよ!

また、半円形の広場ではマヨール通りから始まり、アレナル通りやアルカラ通り、プレシアドス通りなど色々な通りが合流しています。

ここからはたくさんの観光スポットに通じる道があるので、観光のベースにして街歩きをするのもオススメですよ。

その他にも、広場の東側にある「クマとイチゴノキの像」も人気のスポットとして有名です。

記念撮影を撮っている観光客がたくさん集まっているので、広場は渋谷の交差点のように混雑しています。

通過するだけでも人と当たりそうになるので、スリやひったくりには注意してくださいね。

マタタビ
混雑を避けたいのなら、朝の時間帯に行くのがオススメですよ!

マヨール広場

プエルタ・デル・ソル広場から10分ほど歩いた距離にある広場です。

赤い4階建ての建物に囲まれている石畳の広場なので、夕暮れ時などはとても良い雰囲気になっています。

建物の1階には、レストランやカフェ・バル以外にも伝統と歴史のあるお店も連なっています。

マタタビ
お土産を探すのにもおすすめのスポットですよ。

人通りも多く賑やかなので、人に酔ってしまうこともありますが、そんな時は広場の中のテラスでお茶を飲みながらホッと一息つくのも良いですね。

ここでも注意しないといけないことは、スリやひったくりが多いということです。

間違えても、隣の空いている椅子に貴重品などを置いたりせずに、肌身離さずに持っておきましょう!

また、広場には9つの門があり、どの門も同じような造りになっています。

そのため迷いそうになりますが、中央の鉄の柵で囲ってあるフェリペ3世の騎馬像を目印にすると、心配なく散策を楽しめますよ。

マヨール広場で特に有名なのは、南西側にあるクチリェロスの門です。

階段を下ればサン・ミゲル通りに繋がっていて、何軒ものバルが並んでいます。

その中には、世界最古のレストランとしてギネスブックに認定されている「レスタウランテ・ソブリーノ・デ・ボディン」のお店がありますよ。

Aさん
創立以来の薪オーブンで焼いた子豚の丸焼きを目当てに、連日たくさんのファンが訪れている老舗有名店ですよ。

訪れる予定があれば、事前に予約を入れておくことをオススメします

食後に甘いものを食べたくなったら、広場の近くにあるチュロスの老舗「チョコラテリア・サン・ヒネス」もオススメですよ。

おなじみの甘いチュロスではなく、油で揚げたチュロスを温かいチョコレートにつけて食べるのですが、甘さ控えめなのでパクパク食べれますよ。

レジの横に売っているチョコラテの素やチョコレートは、スイーツ好きの人へのお土産に喜ばれます。

お土産選びに迷ったときは、チョコラテの素チョコレートを買って帰るのも良いですね。

まとめ

マドリードのオススメ観光スポット4選は

  1. マドリード王宮
  2. プラド美術館
  3. プエルタ・デル・ソル
  4. マヨール広場

今回は、活気にあふれた陽気な町「マドリードのオススメ観光スポット4選」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

日常から解放されてリラックスできそうですよね。

美しい物を見ることで心が綺麗になりますし、美味しいものを食べることで元気になりますよ。

今回の記事を参考に、マドリードの魅力に触れあって楽しい旅行にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA