コスタリカ観光で訪れたい!古都カルタゴのオススメ3選とは??

イラス火山のふもとにある古都カルタゴは、街の中心に大聖堂が建つコスタリカ人の信仰の地です。

コスタリカ観光と言えば、大自然を体感するエコーツーリズムが有名ですよね?

しかし、カルタゴにはコスタリカ観光の違う一面が楽しめるんですよ。

今回は「コスタリカ観光で訪れたい!古都カルタゴのオススメ3選」をご紹介します。

古都カルタゴとは?

カルタゴは、コスタリカで一番古い都市として知られています。

1823年に首都がサン・ホセに移るまでの約250年間、カルタゴはコスタリカの首都でした。

その後、噴火や地震により街の建物は被害を受けることになります。

ですが、壊れた建物は遺跡として残し、昔ながらの様式で建て直されながら今でもその歴史を伝え続けています。

カルタゴの中心にはロス・アンヘレス大聖堂があり、コスタリカ人にとって信仰上とても大切な場所になっています。

アクセス方法

カルタゴは、首都サン・ホセから22kmの位置にありサン・ホセから日帰りで観光できる街です。

サンホセからカルタゴへの日帰りツアーも出ていますし、個人でもバスや電車、レンタカーで行くことが可能です。

電車は大学生の通学用に使われていて朝晩しか運行していません。

マタタビ
サン・ホセからカルタゴへの電車は、国立コスタリカ大学駅、ラティーナ大学駅、コスタリカ工科大学駅の3つの大学の構内を通ります。

現地でしか味わえない雰囲気を体験できますが、朝晩は大学生たちでごった返しているので注意です。

個人で行く場合は、バスで行くのがオススメですよ。

カルタゴ行きのバスはLumaca社のターミナルからたくさん出ていて、乗客が集まり次第順番に出発します。

ただ、カルタゴでバスを降りる際の降車場所と帰りの乗車場所が違うので注意しましょう!

基本情報
  • 所要時間:約50分
  • 運賃: ¢605(約106円)
  • 乗車時に運賃を運転手さんに支払う
  • 最新式のバスはWi-Fi付き
サンホセ→カルタゴ

乗車場所:Avenida10, Soledad, San José, 10000 コスタリカ
電話番号:+506 2537 2320

カルタゴ→サンホセ

乗車場所:Calle 6, Provincia de Cartago, Cartago, コスタリカ
電話番号:+506 2552 5280 

オススメのスポット3選

古都カルタゴのオススメスポットは、次の3つです。

カルタゴのオススメ3選

  1. ロス・アンヘルス大聖堂
  2. イラス火山
  3. ランケルス植物園

①ロス・アンヘルス大聖堂

カルタゴの中心にあるロス・アンヘルス大聖堂は、約350年前に作られたビザンチン様式の教会です。

しかし、1723年と1910年の地震で倒壊したため、現在の大聖堂は1926年に再建された建物です

マタタビ
ビザンチン様式とは、4世紀ごろから15世紀まで続いてきたキリスト教の建築様式のことなんですよ。

大きなドームを中心とした聖堂、金地のモザイクや大理石などの華麗な装飾が特徴です。

そして、ロス・アンヘルス大聖堂はコスタリカの守護聖母である「黒いマリア像」が祀られていることで有名です。

毎年8月2日は「聖母マリア」の祝日で、盛大なミサが行われます。

この日に向けてコスタリカ全域からカルタゴを目指し、多くの人々が巡礼に訪れます。

巡礼の原則は徒歩で、自宅からカルタゴまで1か月以上かけて訪れる人もいるんですよ!

黒いマリア像

黒いマリア像は、ロス・アンヘルス大聖堂地下の礼拝堂に安置されています。

15㎝くらいの小さな像で観光客も参拝できますよ。

黒いマリア像の奇跡

約350年前、少女がカルタゴの黒人街で薪を拾っていると黒いマリア像が出現しました。

少女はこの黒いマリア像を持ち帰りましたが、何度持ち帰っても元の場所に戻ってしまいます。

そして、教会の司祭に届けても元の出現した場所に戻るなど、他にも不思議な現象が起こっていました。

そのため、黒いマリア像が出現した場所に教会を立てマリア像を安置することになりました。

その教会が「ロス・アンヘルス大聖堂」なんですよ。

ロス・アンヘルス大聖堂の聖水

教会の外には聖水が出ている場所があり、大勢の人が水を汲んでいます。

この聖水は、病気や怪我をしている場所にかけたり、飲んだりするとその症状が良くなると言われています。

横には売店もあり、大中小の黒いマリア像のボトルも売っていて聖水を汲んで持ち帰ることもできますよ!

Aさん
私は、小さいサイズのボトルを買いました。

¢350(約78円)でしたよ。

基本情報

所在地:Calle 1, Provincia de Cartago, Cartago, コスタリカ
電話:+506 2551 0465
開館時間:8:00~18:00
休館日:土曜日

②イラス火山

イラス火山は、コスタリカの火山の中では一番高い山です。

巨大なクレーターなど、火山らしい荒涼とした風景が広がり、美しい湖面の火山湖が見どころです。

標高3,432mありますが、頂上の近くまではバスやレンタカーなどで行けるので、本格的な登山の装備は不要ですよ。

ただし、標高は高く寒いので防寒対策や雨季には雨具が必要です!

バスで行く場合、イラス火山へ行く便が1日往復1本ずつしかないので滞在時間も制限があります。

観光できる時間は10:00~12:30で、2時間半程度になります。

滞在時間が短いと感じますが、山頂での行動範囲は狭いので火山湖を見て頂上まで歩いても十分楽しめますよ。

Bさん
7月にイラス火山に行きました。

「雨季だと霧で景色が見えなくて天気もコロコロ変わるよ。」と聞いてはいましたが、予想通り霧がすごく火山湖も見れず残念でした。

基本情報

電話:+506 2200 5025
営業時間:8:00~15:30
入場料:US$15
アクセス方法:バスまたはレンタカー

バスでのアクセス方法は

  • バス料金:片道¢2450(約429円)
  • サン・ホセ~イラス火山への便は往復1日1本のみ
  • サン・ホセ 8:30発
  • イラス火山 12:30発(カルタゴ止まり)
  • カルタゴ→サン・ホセはバスが何本も出ている

駐車料金は

  • オートバイ ¢300(約53円)
  • 軽自動車 ¢1100(約194円)
  • ミニバス ¢2300(約404円)
  • バス ¢2800(約493円)

③ランケステル植物園

ランケステル植物園は、コスタリカ大学付属の植物園です

ヤシやシダ植物、サボテンなど色々なセクションに分けられ3,000種類以上の植物が展示されています。

その中でもランが有名で、世界一のコレクションとして知られています。

コスタリカに生息しているランの種類は約1,400種ですが、この植物園では800種類のランを見ることができます。

マタタビ
ランケステル植物園は標高1,400mの場所にあり、年間を通して気温の変化が少ないです。

その気候がランなど中米各国で採集された植物を育てるのに向いているんですよ。

そして、ランケステル植物園には日本庭園もあります。

日本庭園が造られてからは、コスタリカの人たちも観光で訪れるようになったんですよ。

マタタビ
ランケステル植物園の日本庭園は、日本文化を知ってもらうために造られました。

日本のODAの無償資金協力で造られました。

庭造りは日本人が指揮しましたが、コスタリカの自然材料を使うことが条件だったので、石灯篭などを作るのに苦労があったそうですよ。

Cさん

日本では見ることのできない植物がギッシリ植えられていました!

受付では所要時間は1時間ぐらいと言われましたが、2時間以上かけてゆっくりと観察しました。

珍しいランもたくさんあり、花好きの私にとっては何時間でも楽しめる最高の場所でした!

基本情報

所在地:Cartago Province, Cartago, コスタリカ
電話:+506 2511 7939
開園時間:8:30~16:30
入場料:US$10(5歳以下無料)

アクセス方法は

  • カルタゴ中心部からバスやタクシーで15分

入場時の注意点は

  • 子どもだけの利用は不可(大人の同伴)
  • 施設内は禁煙
  • 飲食物の持ち込み可
  • ペットの同伴

まとめ

カルタゴは

  • コスタリカ最古の都市
  • 首都サン・ホセからのアクセスが良い
  • 街の中心に大聖堂があり、コスタリカの信仰の中心地

オススメのスポット3選は

  1. ロス・アンヘルス大聖堂
  2. イラス火山
  3. ランケステル植物園

ロス・アンヘルス大聖堂は

  • 約350年前に作られたビザンチン様式の教会
  • 地震で倒壊したため1926年に再建
  • コスタリカ全域から巡礼の人々が来る
  • 黒いマリア像が有名
  • 聖水は病気やけがに効くといわれている

イラス火山は

  • コスタリカで一番高い火山で標高3,432m
  • 美しい火山湖がある
  • 山頂付近までバスやレンタカーで行ける
  • サン・ホセ~イラス火山へのバスは行き帰り1日1本ずつしかない
  • 雨季は天候に注意

ランケステル植物園は

  • コスタリカ大学付属の植物園
  • ヤシやサボテンなど3,000種類以上の中米産の植物を見ることができる
  • 世界一のランのコレクションとして有名
  • 日本庭園がある

今回は「コスタリカ観光で訪れたい!古都カルタゴのオススメ3選」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

カルタゴには、壮大なジャングルのコスタリカとは別の魅力がありますよ。

今回の記事を参考に、歴史を感じる古都カルタゴでコスタリカの違う一面を楽しんでくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA