アイスランドの観光地を巡る!魅力満載の北部オススメスポットとは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

みなさんは、アイスランドをご存知ですか?

アイスランドは、「世界平和度指数ランキング1位の国」です。

そのため治安もよく、安心して旅行をすることができます。

観光地は、レイキャヴィークや西部フィヨルド、北部アークレイリが有名です。

また、湖や渓谷などの大自然もあり、一度訪れたら一生忘れられない旅ができる国です。

今回は「北の地アークレイリのオススメスポット5選」を紹介します。

アークレイリを満喫できるオススメスポット5選

アークレイリ教会

アイスランド北部最大の都市と呼ばれる地域には、町のシンボル「アークレイリ教会」があります。

1940年に建築されているこの教会は、建てた人が首都レイキャヴィークにあるハットルグリムス教会を建てた人と同じで、どことなく雰囲気が似ているのが特徴です。

景色が一望できる丘の上に建てられていて、中に入ると清らかな天使の像や3000本以上のパイプが使用されたオルガン、絵画などを見ることができます。

また、一番奥の檀上には、目を奪われるような美しいステンドグラスがあり、見どころが満載です。

アークレイリを訪れたなら、ぜひ足を運んでみてくださいね!

Aさん
私が訪れた時は冬だったので、教会の周辺は雪で真っ白に染まっていて美しかったです。

夏になると緑の苔が生え、また別の美しい景色を楽しめるそうなので、機会があれば夏の時期に訪れてみたいと思いました。

レイキャヴィークのハットルグリムス教会も行ってみましたが、目を惹くステンドグラスはなく、同じ人が建てた教会でも、しっかりと違いを楽しむことができて楽しかったです。

基本情報

住所:við Eyrarlandsveg 600, Akureyri, 
開閉時間:10時~19時
休日:土、日、祝日

アークレイリ植物園

アークレイリ教会から歩いて5分ほどの近い距離にある「アークレイリ植物園」は、世界最北の植物園と呼ばれています。

1912年に開園され、園内にはカフェもあるので、ゆったりと楽しむことができる観光スポットです。

この植物園には、アイスランドの植物が400種類以上、海外からの植物が6000種類以上育てられていて7月~8月頃になると、数多くの花を観察することができます。

無料で開放されているので、まさに観光の間の息抜きとしてもとてもオススメですよ!

ただ、10月~5月にかけては休園するので注意してくださいね。

基本情報

住所:Fjoroungssjukrahus 600 Akureyri
6月~9月の開閉時間:月~金曜日は8時~22時、土日祝日は9時~22時
休園:10月~5月

コーザフォス

コーザフォスには「神々の滝」という意味があります。

アイスランドがキリスト教化された際に、北欧の神々の像をこの滝に投げ入れたという話が古くから言い伝えられている滝です。

スケールは日本とは比べ物にならないくらい壮大で、神々しさを感じ取ることができます。

また、遊歩道もあり昼間は様々な角度から太陽の光で照らされた美しい景色を楽しむことができますよ。

コーザフォスは無料で観光することができ、アークレイリからも車で約40分ほどなので、足を運んでみてくださいね。

Bさん
日本では決して味わえない大地の壮大さを体験できました!

私が訪れた日は天気も良く、運よくエメラルドグリーンに輝く滝を見れて、帰国後もずっと忘れられない素敵な思い出になりました。

高さはあまりない滝でしたが、滝つぼまで下りれる場所や遊歩道もあり、スリルも迫力も満点でした!

近くには休憩所やトイレも完備されているので安心して観光できました!

ミーヴァトン湖

ミーヴァトン湖を満喫する以外に、他にも周りを囲むように様々な観光スポットがあります。

グリョウタギャウの洞窟温泉

洞窟の中に温泉が湧き出ている珍しいスポットです。

ただし、私有地のため入浴は禁じられていますが、まるで青の洞窟のような美しい世界が広がっていますよ。

ディムボルギルの岩柱

溶岩の岩々が印象的なエリアで、15分程で周れるルートや1時間かけて歩く遊歩道があります。

ルートに目印がないと迷子になってしまうような道が続いていますが、美しい景色を楽しめます。

元々、自然を保護するために作られた目印やルートなので、道を外れないように注意してくださいね。

ミーヴァトン・ネイチャー・バスの露天風呂

ミーヴァトン湖周辺は、歩いて回れるスポットも多く、後半になると足に疲れが溜まります。

そこで、観光の締めくくりとして「ミーヴァトン・ネイチャー・バス」を訪れてみてください。

あまり広くはないですが、ブルーラグーンにも劣らないほど青く美しい温泉と、目の前に広がる見晴らしの良い景色を入浴中に楽しむことができます。

温泉以外にも、サウナやシャワーが完備されているので、旅の疲れを癒すのにピッタリの場所ですよ。

こちらのミーヴァトン湖はアイスランド内でも4位に入る大きな湖なので湖周辺の移動はレンタカーをオススメします。

ホエールウオッチング

アイスランドでは、ホエールウオッチングも人気です。

特に、アークレイリの近く「フーザヴィーク」ヨーロッパのホエールウオッチングの聖地と呼ばれていて、ツアー会社も豊富に揃えられているんですよ!

ホエールウオッチング・ツアーの開催時期は4月から11月の中旬頃まで行われていて、予約制となっています。

基本的には2時間から3時間のツアー時間が設けられていて、フーザヴィークでは95%の確率でクジラに出会うことができると言われているんですよ!

Cさん
海の上は寒かったですが、上から下までカバーできる防寒着を貸してもらえました。

運よく大きなザトウクジラを見れたときは、あまりの嬉しさから寒さは消えていました。

6月頃に行きましたが、すでに繁忙期の7月と8月のスケジュールは埋まっていたので、この時期に訪れる方は、早めに予約することをオススメします!

オススメのツアー会社

まとめ

アークレイリを満喫できるオススメスポットは

  • ステンドグラスが美しい「アークレイリ教会」
  • 6400種類以上ある植物を観察できる「アークレイリ植物園」
  • 神々の滝とが見れる「コーザフォス」
  • ミーヴァトン湖
  • ホエールウオッチングの聖地「フーザヴィーク」

今回は「北の地アークレイリのオススメスポット5選」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

アイスランドは、日本では到底体験できないオーロラ観測できます。

他にも、滝などの大自然を直接感じることができる魅力的な国です。

今回の記事を参考に、アークレイリでの観光スポット巡りを満喫してきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA