ベトナムにあるおすすめスーパー4選!スーパーで買えるお土産とは?

旅行に行ったら、お土産を買って帰る人も多いですよね!

でも「お土産って、どこで買えば良いの?」と悩む人も多いです。

そんなときに、オススメなのが現地のスーパーです!

現地のスーパーは安いので、つい買いすぎてしまう人も多いですが、そんなときは郵送する手もありますよ。

今回は「ベトナムにあるおすすめスーパー4選とスーパーで買えるお土産」をご紹介します。

ベトナムにあるオススメのスーパー4選

Vinmart(ビンマート)

ビンマートは、ベトナム各地にある「ビンコムセンター」というショッピングモール内にあり、ビンコムセンターの地下3階にあります。

もし、タクシーで行く場合は「Vincom Center(ビンコムセンター)」と言えば分かってもらえますよ。

ドンコイ通り付近にあるので、現地のベトナム人だけでなく、外国人観光客で賑わっていて、いつも混雑しています。

インスタント麺からベトナムコーヒーまで種類が豊富で、棚にビッシリ商品が並べられています。

どのインスタント麺を買おうか迷ったら「エースコック」と買いてあるインスタント麺を選んだら外れなしです。

1個約20円くらいで販売されているので、バラマキ土産に困ったら、インスタント麺がオススメですよ。

マタタビ
ちなみに、エレベーターは、いつも混んでいるので、エスカレーターを使った方が楽です!

ただ、毎回、反対側に回らないと、下の階に降りられないような作りになっていて少し不便に感じました(笑)

Coopmart(コープマート

ホーチミンにあるコープマートは、庶民的で価格も安いのが特徴で、ホーチミンだけで30店舗もあります。

普段、現地の人がどんな生活をしているのか見れるので「ベトナムに来たんだな~」と実感できますよ。

コープマートは観光客向けではないので、旅行者にとっては探しにくい場所にありますが、Cong Quynh Street(コンクイン通り)にある店舗は、外国人観光客にも行きやすいですよ。

特に、Coopmartコクイン店は、バックパッカーの人がよく訪れるファングーラオ通りにあるので、現地の人に混ざって観光したい人は、ぜひ立ち寄ってみてください。

ただし、コープマートは商品が安いため、野菜などは虫が付いているときもあります。

お肉や魚なども、痛んでいないか確認してからお買い物するようにしてくださいね。

マタタビ
店舗によっては、フードコートがあるお店もあります。

バインセオや生春巻きなどの定番料理もあるので、フードコートでご飯を済ませれば節約もできますよ!!

TAXsuper(TAXスーパー)

TAXスーパーは、別名「サトラマート(SATRA MART)」と言われます。

ホーチミンの中心にあるので、お買い物するのに便利な立地にあります。

グエンフエ通りとドンコイ通りに面したラッキープラザの中に、お店はあります。

ここでは、空港の免税店で扱っていない、ダラットワインがあります。

これは、ベトナム中部(ダラット)で作られる、優しい酸味と苦味を感じられる赤ワインです。

軽い口当たりなので、ワイン初心者にも飲みやすいですよ。

日本だと1,500円前後ですが、ベトナムだと350~400円で買えちゃいます。

こってりめのお肉より、野菜が多いお料理と一緒に飲むと美味しいですよ。

さらに、食料品以外にも、ベトナムの置物や刺繍された巾着袋なども扱っています。

置物や巾着袋などは、お土産用もありオススメですよ。

他には、アオザイ(ベトナムの民族衣装)コーナーもあります。

オーダーで作る他のお店と違って、既製品なので時間も掛からず、お土産にも良いですね。

ちなみに、ベトナムで既製品以外のアオザイを購入する場合、オーダーする必要があります。

サイズは、M、L、LLで、2~3,000円で購入できます。

自分用に購入して現地で着たり、お土産に買って帰るのも喜ばれますよ!

Big C(ビックシー)

このスーパーは、タイ発祥のスーパーです。

ベトナムに35店舗あり、ハノイに15店舗、ホーチミンに15店舗を展開しています。

お店が広いので、食料品以外に生活用品なども買えるので、長旅でも助かるスーパーですよ。

Big Cは、コン市場から行くと目の前にあります。

市場も楽しいですが、独特の雰囲気などがちょっと苦手な人は、こちらで買い物をするのをオススメします。

値切り交渉も必要なく、店内も綺麗なので安心して買い物できますよ。

3階の雑貨コーナーに行くと、ベトナムの可愛らしいメラミン食器が売られています。

安くて可愛いくて、さらに割れにくいのが特徴です。

懐かしさを感じられる可愛い花柄模様から、シンプルなものまで種類が豊富にありますよ。

自宅で、メラミン食器を使えば、ベトナム旅行の思い出を感じられること間違いなしです!

Bさん
ビックシーは、パンがとても美味しいです!

フランスパンは100円くらいで買えるので、食べ過ぎて太らないように気をつけてくださいね(笑)

ベトナムのスーパーで買い物するときの注意点

営業時間を確認しよう!

ホーチミンにある大手のスーパーの場合は、9:00〜22:00まで営業しているスーパーが多いです。

ですが、早く開店して早く閉店するのがベトナム流です(笑)

お客がいない場合は、営業時間前でも平気で閉店するので、早めにスーパーに行くことをオススメします。

また、ホーチミンでは深夜営業しているレストランも多いですが、スーパーの深夜営業はほとんどありません。

もし、帰国前にお土産を買い忘れた場合は、ホーチミンにあるファミリーマートやサークルKなどのコンビニであれば24時間営業しています。

コンビニは、商品の数は少ないですが、現地のカップ麺やお菓子を調達できますよ。

ちなみに、サークルKはハノイにも店舗がありますが、23時に閉店するので注意してくださいね。

大きいカバンを持って入店できない!

ホーチミンは万引きが多いので、大きいカバンを持ったまま入店できません。

スーパーに入るときは、ロッカーやカウンターで荷物を預けるシステムになっています。

スーパーの入り口に警備員がいる場合は、カバンに袋を被せたり、結束バンドを使ってカバンに物を入れられないようにカバンの口を閉じます。

なので、カバンの中に財布を入れたままにしておくと支払いができないので、財布などの貴重品を取り出した上で、カバンを預けるようにしてください。

マタタビ
ちなみに、列に並んでいると割り込みされることも多いです(笑)

前のお客さんと間隔を空けずに並ぶようにしてください!!

もし、間隔を空けて並んでいると店員さんに注意されることもあるので気をつけてくださいね。

お釣りでもらうお札は入念にチェックしよう!

買い物をするとき、お釣りでもらうお札を入念に確認しましょう。

たまに、おつりのお札が破れていることもあるので、現地の店員さんもお客さんも両方がチェックします。

破れているお金をもらうと、次回支払いをするときに受け取りを拒否されて、そのまま使えなくなります。

もし破れていたら、その場で言って綺麗なお札と交換してもらいましょう!!

参考:クレジットカード払いがお得!

ホーチミンにある大型スーパーでは、基本的にクレジットカードが利用可能です。

海外でクレジットカード払いすると手数料がかかりますが、現金を外貨に両替する手数料よりも安く、クレジットカードのポイントが貯まるメリットがあります。

また、ほとんどのスーパーでは、年会費無料のポイントカードを発行しています。

特に、ビンマート(Vinmart)のポイントカードは、ポイント還元率が3%です!!!

クレジットカードのポイントと合わせると、さらにポイントが貯まってお得ですよ。

しかも、お札が破れているか確認する必要も無いので、一石二鳥と言えますね。

ベトナム旅行の記念に、ポイントカードを1枚発行してみてはいかがですか?

ベトナムのスーパーで絶対に買いたいお土産3選

調味料のヌクマム(Nước Mắm)

ベトナムで日常的に使われている調味料は、ヌクマムです。

ヌクマムは、お醤油(イワシから作られることが多い)で、どこのスーパーでも買えます。

ただし、飛行機に持ち込みできないので、ベトナムで購入し船便または航空便で郵送する必要があります。

ヌクマム活用術
  1. 魚の煮付け:鍋に、ヌクムヌ・料理酒・砂糖・ネギを入れ、煮込む
  2. 鶏手羽のヌクマム煮:唐辛子やニンニクとヌクマムを入れ、煮込む
  3. 付けダレとして使う:蒸し野菜(キャベツ・アスパラ・ゆで卵)に付けて食べる
マタタビ
付けダレは、唐辛子・ニンニク・少量の水・砂糖・好みでレモンかライムの絞り汁を入れると、さらに美味しくなりますよ!

ちなみに、ヌクマヌはタイの「ナンプラー」と似ていますが、ナンプラーよりもお魚の香りがして塩分は控えめです。

ヌクマムを使ったお料理は、煮込むだけでできるので、簡単で美味しいですよ。

インスタント麵のフォー(Pho)

ベトナム土産の定番のフォーは、現地での食事でも大人気です。

フォーは、インスタント麵としても販売されている定番のお土産で、お値段は1つ5,000vnd(約23円)です。

米粉から作られた麺で脂っこくないので、体調が悪いときでも食べれるくらい、あっさりしていますよ。

ちなみに、フォーは3種類あります。

  1. 鶏だし(Phở gà、gà)
  2. 牛だし(Phở bò、bò)
  3. 貝だし(Động vật có vỏ)
注意

肉類などは、日本への持ち込みはできません。

ただし、インスタント麵やレトルトなどに入っている具であれば持ち込み可能です。

インスタント麵を持ち込みする場合は、念のために税関検査場の職員に申告するようにしてくださいね。

ちなみに、フルーツは持ち込みできませんが、ドライフルーツの持ち込みは可能です。 

ドライフルーツ(Trái cây sấy khô)

ベトナムには、ドライフルーツの種類が豊富です。

生のフルーツを食べるよりも、アンチエイジングや美容にも効果的な食材と言われています!!

長期保存ができて栄養価も高いので、美容を気にする女子にぴったりのお土産ですよ。

ベトナムで買えるドライフルーツ
  1. マンゴー(ソアイサイゼオ(Xoài sấy dẻo):南国の気分が味わえて、噛むほど甘い
  2. バナナ(チュオイサイ:Chuối sấy):150円で買える、皆が大好きなフルーツ
  3. ドリアン(サウリエン:Sầu riêng)個性的な香りと味がする「果物の王様」と呼ばれる
  4. ジャックフルーツ(ミットサイ:Mít sấy):香りが強いがドライフルーツなら挑戦しやすい
  5. ドライザボン(ボーブオイサイ:Vỏ bửơi sấy):柑橘系の味で、果実ではなく皮を食べる
マタタビ
ジャックフルーツやドライサボンは、ベトナムの特産品です。

個性的な香りや味がしますが、ドライフルーツなら食べやすいですよ!

ちなみに、ヨーグルトやコーンフレークに入れても美味しいです。

夏なら、アイスに入れて食べるのも良いですね!

ベトナムから日本にお土産を郵便する方法

お土産を買ったら、荷物が増えてしまうこともあります。

それに、機内持ち込みが出来ないもの(調味料など)を買って帰りたいときもあります。

そんな時は、ベトナムから日本に郵送しちゃいましょう!!

観光地でも人気がある、ホーチミンの「サイゴン中央郵便局」から郵送できますよ!

サイゴン中央郵便局から郵送する方法と送料

  1. ホーチミンさんの肖像画がある8番窓口に向かう
  2. 局員さんが梱包してくれる(段ボールのサイズ関係なしで一律10,000VND(約50円))
  3. 梱包してもらっている間に、日本語と英語の書類に記入
    ・英語で郵送物の名前、数量、重さ、金額
    ・日本語で送り先の住所、氏名
    ・英語で送り主の住所、氏名、連絡先
  4. 梱包と記入が終わったら、荷物と書類を持って窓口へ向かう
  5. 郵送代を現金で支払う(クレジットカード利用不可)
ホーチミン→日本への送料 所要日数 値段
船便 約2ヵ月 1kg 約292,000VND(約1,500円)
航空便 約2週間 500g 約293,000VND(約1,500円)
EMS 約2~5日 533,400VND(約2,700円)
マタタビ
荷物を梱包して持って行くと、内容確認してもらうのに時間がかかるので、荷物はダンボールに積めずに持って行きましょう!

申し込み書類には、送り先を英語で記入するので、事前に英語の住所をメモをしておくと楽ですよ!

サイゴン中央郵便局の基本情報

住所:2 Công xã Paris, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam
電話番号:+84 28 3822 1677
営業時間:7時~19時(土日は8時~18時まで)
定休日:年中無休
支払い:現金のみ

ベトナム旅行で買うべきオススメのお土産は、こちらで詳しく紹介しています。

ベトナム旅行でのお土産は何を買う?もらって嬉しいお土産とは??

2020.02.16

まとめ

ベトナムでオススメのスーパー4選は

  1. Vinmart(ビンマート)
  2. Coopmart(コープマート)
  3. TAXsuper(TAXスーパー)
  4. Big C(ビックシー)

ベトナムのスーパーで買い物するときの注意点は

  1. 営業時間を確認する
  2. 大きいカバンを持って入店できない
  3. お釣りでもらうお札は入念にチェックする
  4. クレジットカード払いがお得

ベトナムのスーパーで絶対に買いたいお土産3選は

  1. ヌクマム
  2. フォー
  3. ドライフルーツ

今回は「ベトナムにあるおすすめスーパー4選とスーパーで買えるお土産」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

旅先でスーパーに行くのも、旅行の楽しみの一つです!

調味料や食材を買って帰って、日本でベトナム料理を堪能してみるのはいかがですか?

今回の記事を参考に、ベトナム旅行に行った時は、スーパーでお買い物を楽しんでくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA