ベトナムに行こう!!3泊4日と3泊5日、違いや楽しみ方は?

旅行を計画するとき、まずはツアーを見比べる方も多いと思います。

ベトナムの場合、同じ3泊でも「3泊4日」「3泊5日」と日数が違うツアーがあります。

「単に旅行日数が違うだけでしょ?」

と、あまり気にしない方も多いのではないでしょうか?

ですが、日数の違いによる現地での滞在時間の違いを分かってツアーを比較すると、選択肢も大きく広がりますよ。

今回は、「3泊4日と3泊5日の違いや楽しみ方」をご紹介します。

3泊4日と3泊5日の違い

機内泊するかどうか

まず、大きな違いは機内泊をするかどうかです。

3泊4日の場合、4日目の日中にはベトナムを出発し、その日に日本に到着します。

そのため、2日目と3日目は観光できますが、4日目はほとんど観光する時間はありません。

3泊5日の場合、4日目の夜~深夜にベトナムを出発、機内泊をして翌日朝に日本に到着します。

2日目と3日目に観光ができるのはもちろんですが、4日目も空港に行く時間を考えても、少なくとも夕方頃までは観光することができますよ。

日本とベトナム間の主要都市では、いくつかの直行便があります。

航空会社や発着地にもよりますが、ベトナムから日本への直行便は、夜~深夜にベトナムを出発して翌日朝に日本に到着する便が多いです。

そのため、4日間の日程でツアーを検索すると、3泊4日のツアーが少ないです。

その代わりに2泊4日に設定されたツアーが多く出てくることがあります。

(2泊4日の場合、2日目と3日目の空港に行く時間まで観光することができます。)

あらかじめ旅行日数が4日間と決まっている方は、日数の変更が厳しいかもしれません。

  • 旅行日数を自由に決めることができる
  • 丸一日間を旅行に使える日数は4日間でも、次の日の仕事や学校は昼頃からだから大丈夫

という方は、3泊5日で訪れると現地での滞在時間が増えますよ。

訪れることができる都市数

3泊4日の場合、主に観光できるのは2日目と3日目のため、1都市を訪れて観光するのが基本です。

もう1都市に訪れることもできますが、かなり駆け足になってしまい、ゆっくりと観光する時間が少なくなってしまいます。

余裕を持って観光したい方は、1都市への訪問がオススメです。

3泊5日の場合、2日目と3日目にプラスして4日目も夕方頃まで観光することができます。

1都市に滞在して市内観光や郊外へ日帰りで行ってもいいですし、2都市を周遊してもそれぞれを観光する時間がありますよ。

おすすめの都市は?

ベトナム旅行初心者の方は、まずは主要都市のホーチミンやハノイに訪れてみてはいかがですか?

日本の主要空港から直行便も出ているので、移動も便利です。

1日は市内観光、もう1日は郊外への日帰り観光がオススメですよ。

1都市だけ行く場合

  • ホーチミン

主な見所はホーチミン市内中心部に集まっているので、徒歩で散策することもできますよ。

観光スポットのメインであるドンコイ通りには、お土産屋さんや大きなスーパーマーケット、食事ができるお店があります。

近くにはカラフルな建物の中央郵便局やサイゴン大教会(聖母マリア教会)があるので、楽しみながら街歩きができましたよ。

メコン川クルーズやクチトンネルなどの、郊外の観光スポットもありますよ。

ホーチミンの観光情報については、こちらで詳しく紹介しています。

ベトナムのホーチミンへ行こう!!おすすめの観光スポットは?

2019.07.03
  • ハノイ

ベトナム北部に位置するハノイは、ベトナムの首都です。

ホアンキエム湖を中心に、北に旧市街、西にハノイ大教会など、見所が集まっています。

旧市街は昔ながらの商業地区で、金物や竹製品、お菓子、衣料品など、通りごとに売られている商品が違います。

お目当ての通りに行くのもいいですし、散策しながら通りごとの雰囲気の違いを感じるのも楽しいですよ。

日帰りで行くことができる郊外の観光スポットには、ハロン湾やチャンアンなどがあります。

補足

  • ハロン湾

ハノイから北東へ約170km離れたところにある、人気の観光地です。

1994年に世界遺産に登録されました。

湾内に石灰岩からできたいくつもの奇岩群があり、その合間を大型船でクルーズすることができます。

  • チャンアン

「陸のハロン湾」とも呼ばれ、奇岩群がそびえ立つ側を流れる川を手漕ぎ舟に乗ってクルーズすることができます。

ハノイから南へ約100km離れたところにあります。

2014年に世界遺産に登録されて以降、知名度が上がって注目されている観光地です。 

また、現地でゆっくりしたい方は、ビーチリゾートがオススメです。

ベトナムのビーチリゾートといえば、例えば以下の場所があります。

  • ダナン
  • ニャチャン
  • フーコック島

中でも、ベトナム中部に位置するダナンはベトナム第3の都市でありながらも、美しいビーチがあります。

日本からの直行便もあるので、行きやすいですよ。

ビーチでゆっくりするのもいいですし、ランタンで有名な「ホイアン」という街などへ日帰りで行くこともできます。

現地に着いてから、そのときの気分で過ごし方を決めても十分に楽しめますよ。

補足

  • ニャチャン

ベトナム中南部に位置しており、人気のビーチリゾート地です。

ニャチャンにはこの地方最大の漁港があるので、新鮮なシーフードを楽しむことができますよ。

  • フーコック島

ベトナムの南部にあるフーコック島は「ベトナム最後の楽園」とも呼ばれています。

都会から離れて、自然の中でゆっくりしたい方にオススメの場所です。 

2都市に行く場合

都市間の移動は飛行機がメインとなるので、行きたい都市に訪れることができます。

ですが、日本との直行便がある都市を訪れると、日本から到着、または日本へ帰るときに乗継などもなく、観光時間も多く確保できますよ。

おすすめの2都市の組み合わせ
  • ホーチミン + ハノイ
  • ホーチミン + ダナン
  • ハノイ + ダナン

ところで、2都市を組み合わせるときに、どの都市を先に訪れるか悩みませんか?

実際に2都市を訪れたことがあるAさんから、こんな話を聞きました。

Aさん

3泊5日のツアーでホーチミン→ハノイの順番で2都市を訪れました。

ハノイではハロン湾に行きたかったので、現地ツアーを探しましたが、市内に戻ってくる予定時間が空港送迎の集合時間ギリギリでした。

現地ツアーの市内への到着が遅れて送迎時間に間に合わなかった場合を考えたり、市内観光もしたかったこともあって、今回はハロン湾観光はあきらめました。

ホーチミンとハノイの順番を逆にしておけば、市内観光はできなかったかもしれませんが、ハロン湾には行けたかもしれないなと思いました。

せっかく旅行に行くなら、行きたいところには訪れたいですよね。

Aさんのように、現地ツアーを利用する際は、事前に時間などを確認しておいてからツアーに申し込むといいですよ。

もちろん、旅行を申し込んだツアー会社のオプションとして現地ツアーを追加する場合は、現地ツアーの戻り時間が遅れた場合でも対応してもらえる可能性が高いです。

一方、個人で申し込む場合は、万が一のときは自分で対応しなければなりません。

事前に色々と調べるのは大変ではありますが、現地でしたいことの優先順位を決めておくことは大切なことです。

どの都市を先に訪れるのか決めてツアーに申し込んでおけば

「こうしておけば良かった。」

という後悔も少なくなりますよ。

まとめ

3泊4日と3泊5日の違いは

  • 機内泊をするかどうか
  • 訪れることができる都市数

1都市に行くなら

  • ホーチミン
  • ハノイ
  • ビーチリゾート

2都市に行くなら

  • おすすめはホーチミン or ハノイ or ダナンの組み合わせ
  • ツアーを予約する前に、現地でしたいことの優先順位を決めておく

今回「3泊4日と3泊5日の違いや楽しみ方」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

同じ3泊でも、3泊4日と3泊5日では現地で観光できる時間が大きく違います。

ツアーや航空券を予約する前に、現地で何をしたいかを決めておくと、より楽しむことができますよ。

今回の記事を参考に、楽しいベトナム旅行にしてくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA