憧れの島!!ハワイは12月の雨季に行っても楽しめるの??

ハワイといえば、一年中常夏で過ごしやすく、世界中から旅行者が訪れる人気の観光地ですよね。

そんな大人気ハワイの12月は、雨季にあたります。

「雨季に、ハワイに行って楽しめるの?」と思う人もいますよね。

今回は「12月のハワイ旅行!ハワイの雨季を楽しむ方法と注意点」をご紹介します。

12月のハワイの天気と気候は?

ハワイの気候は、雨季と乾季と2つの季節に分かれます。

雨季は、だいたい10月~3月で、乾季は4月~9月となり、12月のハワイは雨季真っ只中です。

ですが、日本の梅雨のように1日中降り続くわけではありません。

スコールのように一気に降って、その後はカラッとした天気を繰り返します。

乾季の気候とは違って、暑すぎず、心地良い風が吹いて過ごしやすいですよ。

12月のハワイと東京の平均気温を比べてみたので、参考にしてみてくださいね。

  12月の最高気温 12月の最低気温
ハワイ 27℃ 20℃
東京 12℃ 4℃

12月のハワイでオススメの服装は?

12月でも暖かいハワイでは、日本の夏と同じ服装で問題ありません。

Tシャツと短パン、足元はサンダルで問題ありません。

ただ、朝晩や曇りの日は15度になることもあり、寒く感じる人もいるので、長袖の上着があると安心です。

特に、夜に外出する場合は、上に羽織れるものを1枚持って出かけることをオススメします。

また、折りたたみ傘やカッパもあると便利ですが、荷物になるのが嫌な人は、ショッピングをしながら雨宿りする方法もアリですよ。

マタタビ
12月頃からハワイに行く人は、足が冷えないようにボトムスを持っていくと便利です。

ハワイは、どの時期に行っても、店内やバスの中はエアコンが効いていて寒いので、ウィンドブレーカーパーカーがあると重宝しますよ。

12月のハワイは海に入れる?

常夏のハワイに行ったら、海に入りたいですよね。

ワイキキビーチは、12月でも地元の人や観光客で賑わっています。

雨季でも、海に入ることはできますが、水温が25度くらいと低いので冷たく感じます。

朝晩は冷えるので、太陽が出ているお昼くらいに入るのがオススメです。

海から出ると、海風が冷たく寒いので、大きなタオルや羽織るものを準備しておきましょう!

マタタビ
寒いのが苦手な人は、保温効果があるラッシュガードを着ると良いですよ。

日焼け対策にもなるので、お肌に敏感なお子さんや女性に役立つアイテムです!

私は、黒のラッシュガードを愛用しています!!

12月にハワイに行くメリット

12月上旬は旅行代金が比較的安い

「なるべく安くハワイに行きたい!」と思っている人も多いですよね。

お盆の時期に比べて、12月上旬までは比較的安いです。

ですが、12月のハワイはイベントが多いので、格安価格になるというわけではありません。

ハワイ旅行で人気の日程の4泊6日または5泊7日の旅行代金は、約30万〜50万が平均価格です。

金額の内訳は、こんな感じなので参考にしてみてくださいね。

12月のハワイの旅行代金(4泊6日の場合)
  • 航空券:往復で約6万〜10万円
  • 宿泊費:1泊あたり約1万〜7万円
  • ESTA申請費用:14ドル
  • 海外旅行保険:約1000円〜5000円
  • オプショナルツアー:約5000円〜2万円
  • その他(食事代、交通費、お土産)

航空券代が安いのは、月〜木で、金・土は高くなりやすいです。

また、JTBの公式ツアー代金を調べたところ、12月の1周目までは最低価格が8万円台でしたが、中旬から下旬にかけて13万円台と5万円も差額が出ていました。

ホノルルマラソン以降に値上がりし、クリスマスから年末にかけて値段が高くなります。

なるべく安い値段でハワイへ行きたい人は、ホノルルマラソン開催前に行くことをオススメします。

マタタビ
年末年始のハワイは、とにかく旅行代金が高い印象です。

ですが、到着ロビーには芸能レポーターの方が待ち構えていて面白かったです。

街中にも、有名芸能人もたくさんいて楽しかったですよ(笑)

日焼けをしにくい

12月のハワイは、日差しが和らぐので、乾季と比べて日焼けをしにくいです。

まったく日焼けをしないというわけではないので、日焼け止めクリームをきちんと塗ってくださいね。

日焼けをしたくない女性の方や、肌が弱い小さなお子様にはオススメの時期です。

虹が見れる

雨季だからこそ、虹をたくさん見ることができます。

雨が止んで晴れてきたら、ぜひ太陽に背を向けてみてください。

高確率で、日本ではなかなか見られない大きな虹を見れますよ。

虹は、ハワイでは車のナンバープレートに描かれるほど地元の人に親しまれています。

ハワイは、頻繁に虹が出る場所で、さらにラッキーな人はダブルレインボーにも遭遇できるかもしれませんよ!

雨が降っていても、がっかりせずにダブルレインボーを探してみてくださいね。

セールが盛りだくさん!!

クリスマスの時期は、セールがたくさん開催されます。

色んなお店でセールをしているので、この時期は地元の人も盛り上がっていますよ。

12月初旬から、セールをしているお店はたくさんあり、一番大きいセールは、旅行代金が高いクリスマス後にあるアフター・クリスマス・セールです。

日本ではなかなか買えないアメリカのブランド品が安く手に入るチャンスです!!

出発前に、ネットで商品の定価を確認して、セールをしているお店の情報を集めてお買い物をしてみてくださいね。

マタタビ
高級ブランドを狙っている人は、12月中旬以降に免税店に行ってみてください。

日本人が必ず訪れる免税店「TギャラリアbyDFS」では、12月中旬以降からセールが始まります!

私は、青色のケイトスペードのバッグを半額以下のお値段でゲットできましたよ。

12月にあるハワイのイベントは?

ホノルル・シティ・オブ・ライツ

クリスマスシーズン中は、街中にクリスマスツリーが飾られます!!

毎年12月上旬から、約1ヶ月間リースやサンタクロースの飾り付けがされて綺麗ですよ。

ホノルル・ハレという市庁舎周辺も、イルミネーションでデコレーションされます。

写真に写っているサンタさんをよく見ると、素足にシャカポーズをとっていて可愛いと思いませんか?

ヤシの木がある温暖な街が、クリスマスムードになっていて、不思議な気持ちになりますよ。

マタタビ

クリスマスのイベント期間中は、ワイキキからイルミネーション見学用のトロリーが走ります。

トロリーに乗って、普段とは違うクリスマスモード一色のハワイを楽しんでみてくださいね。

ちなみに、クリスマス当日は、多くのお店が閉店するので注意してくださいね!!

ホノルルマラソン

ホノルルマラソンは、12月の第2日曜日に開催される歴史のあるマラソン大会です。

朝5時にスタートの合図と共にたくさんの花火が上がります。

花火の音とランナーの歓声がお祭りのようで、見ているだけでも盛り上がりますよ。

せっかくのイベントなので、早起きしてランナーを応援したり参加してみるのはいかがでしょうか?

Aさん
2019年に開催されたホノルルマラソンに参加してきました。

朝5時で真っ暗な状態からスタートします。

参加者の中には、有名キャラクターのコスプレをして走っている人もいましたよ。

ゴール地点で、完走メダルを首にかけてもらえて嬉しかったです!!

まとめ

12月のハワイの天気と気候は

  • 雨季真っ只中
  • 最高気温は27℃、最低気温は20℃で穏やかな気候
  • 雨は一時的にスコールのように降って、カラッと晴れるを繰り返す
  • 乾季と違って、暑すぎず心地良い風で過ごしやすい

12月のハワイでオススメの服装は

  • 日本の夏と同じ格好でOK
  • 朝晩は気温が下がるので、長袖の上着が必要
  • 曇りの日や夜に出かける際は、羽織るものがあると良い
  • 店内やバスはエアコンが効いているので、日中も羽織るものを持っておく

12月のハワイは海に入れる?

  • 海には入れるが、水温が25度と低い
  • 朝晩は冷えるので、太陽が出ているお昼くらいに入るのがオススメ
  • 海から出ると海風が冷く寒いので、大きなタオルや羽織るものが必須

12月にハワイに行くメリットは

  • 12月上旬は旅行代金が比較的安い
  • 日焼けをしにくい
  • 虹が見れる
  • セールが盛りだくさん

12月にあるハワイのイベントは

  • ホノルル・シティ・オブ・ライツ
  • ホノルルマラソン

今回は「12月のハワイ旅行!ハワイの雨季を楽しむ方法と注意点」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「せっかくの旅行だからずっと晴れて欲しいな」と思いますが、ハワイは雨が降っても楽しめる場所です。

特に、雨の後の大きな虹は本当に綺麗ですよ!!

今回の記事を参考に、12月のハワイ旅行を楽しんできてくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA