ニュージーランドは薬の持ち込み可能?入国審査で注意することは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%という結果が出ています。
つまり、27人に1人は、海外旅行保険を利用しています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使います。
持っているだけで、海外旅行保険費用を節約できて、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

ニュージーランドの税関や検疫は、他の国に比べて持込制限が厳しいということで有名です。

ですが、ニュージーランドへ旅行や留学で行く人もいますよね。

そんなとき、日頃から飲んでいる薬を持っていきたい人や持病がある人は

「普段から飲んでいる薬を持ち込めるのかな?

「持ち込むときは、税関で深刻しないといけないのかな?」と不安に思う人も多いですよね。

今回は「ニュージーランドへ薬を持ち込む時の注意点」をご紹介します。

薬を持ち込む時の注意点

ニュージーランドも、他の国と同じように入国審査を受けます。

入国審査では、入国審査カードを一緒に提出する必要がありますが、市販薬や処方箋薬を持ち込む際は、税関で申告するようにしましょう。

申告する際は、以下の3点に注意してくださいね。

3ヶ月未満の量までは持ち込み可能

薬によっては、3ヶ月分以上の量でも持ち込むことができます。

靴箱1つ分ぐらいであれば、持ち込むことができると思っておいて大丈夫です。

ただし、規制が変わることもあるので、旅行前に各自で確認しておきましょう。

医師が作成した英文表記の処方箋が必要

担当医に「英文の処方箋が欲しい。」と頼めば、書いてもらうことができます。

ただし、時間がかかる場合があるので、早めに担当医にお願いしておきましょう。

もし、現地で薬を失くした場合は、旅行前に加入した保険会社に電話をしましょう。

日本製の市販薬は未開封であること

日本製の市販薬やサプリメントを持ち込む場合は、未開封であれば持ち込むことができます。

また、税関職員は日本の有名な市販薬を把握しています。

パッケージを見せただけで、荷物検査を通過できるケースが多いです。

ですが、日本製の市販薬を空き瓶に移し替えて持って行かないでください。

必要な市販薬があれば、事前に購入し未開封の状態で持って行きましょう。

また、荷物検査を受ける際は、薬を持っていることを税関職員に口頭で伝えると安心です。

もし、税関職員から質問を受けた時は「これは風邪薬です。」と説明できるように準備をしておきましょう。

使えるフレーズ
  1. これは風邪薬です。:It’s cold medicine.
  2. これは咳止め薬です。:It’s cough medicine.
  3. これは目薬です。:It’s eye lotion.
  4. これは胃薬です:It’s stomach medicine.
  5. これは塗り薬です。:It’s application.
  6. これは漢方薬です。:It’s herbal medicine.
マタタビ
質問されたときに、きちんと答えられるように準備しておきましょう。

ポーチなどに、薬の英単語をメモした紙を入れておくと良いですよ。

薬を持ち込めない時の対処法

税関職員
この薬は、持ち込み不可です。

このように、税関職員から言われた際は、職員の指示に従いましょう。

たまに駄々こねている観光客を見かけますが、いくら粘ったところで持ち込みはできません。

ニュージーランドへ入国する目的は、ニュージーランドで素敵な旅行の思い出を作ることですよね?

薬を持ち込むことが目的ではないので、せっかくの旅行が台無しにならないように、潔く諦めましょう。

同じような成分が入った薬を現地で購入することもできるので、焦らず落ち着いて行動しましょう。

食品を持ち込む時の注意点

薬以外に、食品を持ち込むことはできるのでしょうか?

ニュージーランドは、アメリカと同じように食品の持ち込み規制も厳しいです。

マタタビ

「申告しても持ち込めない食品」と「申告すれば持ち込める食品」の2種類があるので、見ていきましょう!

持ち込み禁止の食品
  • 乳製品(牛乳、チーズ、バターなど)
  • 生肉や野菜、魚、果物
  • 食べかけのお菓子や手作りのお菓子など
申告すれば持ち込み可能な食品
  • 行きの空港で買ったお茶などのお土産
  • スーパーで購入した味噌汁や梅干し
  • 醤油や煎餅、チョコレートなど

基本的に「密閉されているもの」「一度も開封されていないもの」であれば、入国カードに申告すれば持ち込み可能と覚えておけばOKです。

ただし、年々規制が厳しくなっているので、旅行前に各自で確認しておいてくださいね。

Aさん

ニュージーランド滞在中は、日本食が恋しくなって食べたくなるときもありますよね。

私は、インスタント味噌汁と梅干し、カップラーメンを持っていきました。

罰金が怖かったので、念のために申告して入国審査を受けたら、全部持ち込みOKでした。

日本食を持ち込む場合は、こっそり持ち込もうとせず、必ず申告してください。

空港には麻薬探知犬がウロウロしているので、コソッと隠れて持ち込もうとしてもバレます。

もし見つかったら、高い罰金を払わされ、旅行のスケジュールにも大きく影響します。

没収覚悟で持っていくのであれば、少々高くても現地で購入されることをオススメします。

アメリカ旅行に持ち込み禁止の食品は?果物は持ち込みOK?

2019.08.16

マレーシアで持ち込み禁止の物とは?制限されている物もご紹介!

2019.06.24

タイへの持ち込み禁止物は?電子タバコが持ち込めないって本当?

2019.10.21

食品や薬以外に申告しないといけない物

食品や薬以外にも申告対象物があります。

それは、ゴルフ道具や山を楽しむトレッキングシューズなどのアウトドア用品です。

「え?なんでアウトドア用品も申告が必要なの?」と思われる人も多いかもしれません。

実は、アウトドア用品には、土が付着していることが多いんです。

土に害虫のタマゴや種、細菌などが付着していると、その土の細菌によって、ニュージーランドの植物や動物の生態系を壊してしまうことがあります。

なので、土が付着している可能性があるゴルフ道具なども申告するようにしてくださいね。

マタタビ

友人がゴルフシューズが原因で検査に引っかかったときの経験談をご紹介します。

友人の経験談

私は、ゴルフシューズを持って、ニュージーランドに入国しようとしました。

すると、X線検査で「これは何?」と聞かれたので「シューズです。」と答えました。

すると検査員の人は、「検査をするので、スーツケースからゴルフシューズを出してください。」と言ったので、スーツケースからゴルフシューズを取り出して渡しました。

すると、検査員の人から「このゴルフシューズには、少しだけ土が付着しています。このブラシを使って、ゴルフシューズを隅々まで洗ってください。」と言われました。

よく見ると、確かに少しだけ薄らと土が付いていたので、私はブラシを使って、ゴルフシューズをゴシゴシ擦りました。

約2週間前にゴルフをした後、備え付けのエアークリーナーでしっかりと土や芝を落としたつもりでしたが、きちんと汚れは落ちていなかったようです。

英語も勉強中ということもあり、しかも一人だったので泣きそうになりましたが、検査員が「OK」と言ってくれたので、無事に通過することができました。

そのあとは、ニュージーランドでゴルフを満喫して無事に帰国できました。

事前にしっかりと洗っておけば、ゴルフシューズなどを持ち込むことは可能です。

もちろん、新品で一度も使っていなければさらに安心です。

ただ「検疫検査で嫌な思いをしたくないな。」という人は、現地で購入したりゴルフ場でレンタルすることをオススメします。

みなさんも、アウトドア用品を持ち込む際は、気をつけてくださいね。

ニュージーランドでゴルフをしてみたい方は、こちらで紹介しています。

ニュージーランドの広大な自然でゴルフをしよう!ルールや注意点は?

2019.05.10

食品や薬などの検疫対象物を申告する理由

ニュージーランドでは、入国者全員が荷物検査を受けなければいけません。

「なんで、こんなに入国審査が厳しいの?」と疑問に思う人もいますよね。

でも、ちゃんと理由があります!!

それは、ニュージーランドは農業や酪農が盛んな国だからです。

人よりも羊の数が多いと言われるくらい、あちらこちらに羊や牛が放牧されています。

他にも、キウイフルーツやリンゴなどの果樹園、広大な畑には玉ねぎや小麦などを栽培しています。

海外からの悪い菌や害虫が入り込むと、農業や酪農に悪影響が出て、ニュージーランドの人々の生活にも影響します。

ニュージーランドの人々の生活を守るために、他の国に比べて「税関検査が厳しい」と言われています。

なので、面倒でも必ず申告するようにしてくださいね。

申告をしなかったら、どうなるの?

「じゃあ、申告しなかったらどうなるの?」と思う人もいますよね。

検疫対象物(食品や薬など)を申告せずに罰金を支払うことになった場合

  • 5年以下の懲役
  • NZ$400以上(日本円だと約3万~800万円)の罰金

などの罪に問われます。

ものすごく高いと思いませんか?

最悪の場合、起訴されたり拘束されたりする場合もあるので、十分に注意してくださいね。

他にも、申告をしなかったことで入国手続きに時間がかかったり、国内線の乗り継ぎ便に乗り遅れることもあります。

この場合の費用は、申告をしなかった人の自己責任となります。

なので、検疫対象物(食品や薬など)を持っている場合は必ず申告しましょう。

お互いに気持ち良く入国できるように、きちんと申告してくださいね。

まとめ

薬を持ち込む時の注意点は

  • 3ヶ月未満の量までは持ち込み可能
  • 医師が作成した英文表記の処方箋が必要
  • 日本製の市販薬は未開封であること

食品を持ち込む時の注意点は

持ち込み禁止の食品
  • 生花、ドライフラワー
  • 乳製品(牛乳、チーズ、バターなど)
  • 生肉や野菜、魚、果物
  • 食べかけのお菓子や手作りのお菓子など
申告すれば持ち込み可能な食品
  • 行きの空港で買ったお茶などのお土産
  • スーパーで購入した味噌汁や梅干し
  • 醤油や煎餅、チョコレートなど

薬を持ち込みできない時の対処法は

  • 持ち込み不可と言われたら、職員の指示に従うこと
  • 潔く諦めることが肝心

食品や薬以外に必要な申告物は

  • ゴルフ道具やトレッキングシューズ
  • 「土」が付着している物

申告する理由は

  • ニュージーランドは農業や酪農が盛んな国だから
  • 海外からの悪い菌や害虫を持ち込ませないため

申告をしなかった場合は

  • 5年以下の懲役
  • NZ$400以上の罰金が科せられる
  • 起訴されたり、拘束されることもある

今回は「ニュージーランドへ薬を持ち込むときの注意点」をご紹介しました。

「ニュージーランドの税関や荷物検査はとても厳しい」ということが分かりますね。

今回の記事を参考に、ニュージーランドで素敵な思い出を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA