ニュージーランドで盛んなスポーツをパブやバーで観戦してみよう!

みなさんは「オールブラックス」という言葉を耳にしたことはありますか?

世界的に有名なラクビーニュージーランド代表の愛称です。

また、今年は日本で、ラクビーのワールドカップが開催されます。

「オールブラックス」を見に球技場へ行かれる方も多いかもしれませんね。

ニュージーランドには、ラグビー以外にも有名なスポーツがあり、それぞれ愛称があります。

例えば

「ブラックキャップス」や「シルバーファーンズ」「ブラック・マジック」です。

何のスポーツか分かりますか?

日本では、あまり馴染のないスポーツですが、世界では人気のスポーツなんですよ!

今回は「ニュージーランドで盛んなスポーツ」をご紹介します。

ラクビー

ニュージーランドの国技といえばラグビーです。

「オールブラックス」の愛称で親しまれる代表チームは、世界屈指の強さを誇る国民的ヒーローです。

勝率は8割近く、まさに最強のチームです。

試合前の儀式として行われる「ハカ」も、一度見たら忘れらないくらいのインパクトがありますよ。

HAKA(ハカ)とは?
ニュージーランドの先住民マオリ族の戦士が戦いの前に相手を威嚇する舞踊です。

ニュージーランドのラクビーは「オールブラックス」を頂点にカテゴリーが分かれています。

  1. スーパーラクビー
  2. 州(地区)代表チーム
  3. 地域のクラブチーム

「オールブラックス」は、ニュージーランドのラクビー選手の憧れでもあるんです。

最近では、スーパーラクビーは日本のチーム(サンウルブズ)も参戦しています。

NZ・オーストラリア・南アフリカ・アルゼンチン・日本の5か国から15チームで構成される世界最高峰のラクビーリーグです。

NZからは、最多の5チームが参戦しています。

今年は、2月から7月までワールドカップが開催されます。

とても人気のあるスーパーラクビーは、テレビでも放送され、パブやバーにある大型スクリーンでも観戦することができます。

試合会場で直接観戦するのもいいですが、パブやバーで地元の人たちと盛り上がるのも楽しいですよ。

知人の話
私は英語の勉強のために、毎週パブへ通ってフィッシュアンドチップスをつまみながらスポーツ観戦をした思い出があります。

おかげで、体はラクビー選手並みに大きくなってしまいました(笑)

ちなみに、女子選手の代表は「ブラック・ファーンズ」と呼ばれています。

男子に劣ることなく、ワールドカップでは5回も優勝しています。

また、先住民のマオリ族の血を引く選手で構成される「マオリオールブラックス」は、代表のオールブラックスと同じくらい強いチームです。

オールブラックスやスーパーラクビーの観戦は、やはり試合会場で見ると迫力や歓声が違いますよ。

今年は、日本でワールドカップが開催されますが、オールブラックスなどの人気チームが出る試合は、チケット料金が高めに設定されます。

観戦チケットにはプレミアがつくこともあるので、早めに予約することをおすすめします。

詳しくは、公式ホームページで確認してくださいね。

【公式サイト】ワールドラグビー

クリケット

クリケットは、16世紀にイングランドで発祥し、野球の原型ともいわれているスポーツです。

日本では馴染みのないスポーツですが、100以上の国と地域でクリケットが行われています。

そんなクリケットは、ニュージーランドではラグビーと同じくらい人気のあるスポーツです。

ほとんどの公園には、クリケットのピッチが置いてあるので、いつでも遊ぶことができます。

ピッチとは?
野球でいうと、各ベースを結んだライン(ダイアモンド)の部分です。

クリケットも、ニュージーランド代表チームがあり「ブラックキャップス」と呼ばれています。

また、世界の競技人口はサッカーに次いで第2位といわれています。

アジアではインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュ等で、圧倒的な人気を誇っています。

日本ではマイナーな競技ですが、競技人口は野球より多く、世界第3位なんですよ。

野球は、世界で7位か8位くらいです。

また、クリケットの世界大会は、4年に1度開催されます。

数億円を稼ぐスーパースターたちが、10万人規模のスタジアムで華やかな舞台を繰り広げます。

テレビの視聴者数は、15.6億人と言われていて、サッカーのワールドカップに次ぐ一大イベントです。

今年は、イギリスでワールドカップが開催されます。

クリケットやラクビーなどの人気のスポーツが一斉に開催されるので、今年のニュージーランドは熱くなりそうですね!

しかし、このクリケット。

実は「すごく試合時間が長いスポーツ」ということをご存じですか?

「だいたい、4時間くらいでしょ?」

と思う方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。

プレイ時間は短くても、6~7時間かかります。

20時間~30時間もかかる大きな試合では、2日に分けて試合を行うこともあります。

また、クリケットのルールは非常に分かりにくいです。

文字よりも動画の方が分かりやすいと思うので、以下の動画をご覧ください。

私が観戦した試合は、ニュージーランドVSパキスタンでした。

休憩時間になると、選手や観客たちは、持参したランチやドリンクを飲みながら、家族や友人たちと楽しみます。

スタジアムには、露店が出ていて、ドリンクやスナック菓子などが販売されていました。

試合途中、酔っぱらった観客が、ビールの空き瓶や缶などをグランドに投げ入れている光景に驚きました。

「球技場では、よくある光景だよ。」と地元の人が言っていましたが

「やっぱり慣れない光景だな~」と思いながら観戦していました。

ちなみに、真夏のスタジアム観戦は暑く、一日観戦するだけで日焼けします。

すごく日焼けして後悔したので、日焼け止めと帽子は必ず持っていきましょう。

夕飯は、フィッシュアンドチップスと中華料理をテイクアウトして帰りました。

クリケットのルールはいまいち覚えられませんでしたが、楽しい一日を過ごすことができましたよ。

ネットボール

ネットボールは、バスケットボールを女性がプレーしやすいように改良されました。

そのため、ニュージーランドでは、主に女性がプレーをしています。

イギリスを中心に世界で約80の国や地域でプレーされていて、日本にもネットボール協会があります。

実際に観戦してきましたが「バスケットボールより難しくない?」と思いました。

このネットボールは、バスケットボールと異なるルールがあります。

ネットボールのルール
  • 動ける範囲は、ポジションごとに決められた範囲のみ
  • シュートできる人は1人のみ
  • ドリブル禁止
  • パスとシュートのみ
  • ボールを取ったら動かないこと
  • ボールを持つ選手に触れないこと
  • 一定の距離(90センチ)を保つこと

ネットボールのニュージーランド代表チームは「シルバーファーンズ」という愛称で親しまれています。

2003年のワールドカップでは、優勝したこともある強豪チームです。

また、ニュージーランドで生まれ育った女性は、ほぼ100%近く経験があるスポーツと言われています。

試合会場では、子どもからお年寄りまで楽しんでいますよ。

ヨット

ニュージーランドは、水上スポーツも盛んなことをご存じですか?

ニュージーランド最大都市オークランドの人口は、120万人と言われています。

どの町よりも人口あたりのボート所有数が多く、週末になると色鮮やかな船が泊っています。

レースを楽しむヨットや、ハウラキ湾へクルーズに出かけていく船を見ることもできますよ。

ニュージーランドでは、個人で小さいボートを所有してる人が多いです。

私の友人も、モーターボートを所有しています。

私の経験談

週末に、車の後にボートを連結して、海岸へ行きました。

小さなモーターボートだったので、揺れが大きく、慣れるまで時間がかかりました。

ですが、釣りをしたり、ランチを楽しんで、日本では味わえない体験ができました。

ちなみに、1995年に優勝した際、驚異のスピードと黒色のデザインが印象的だったことから「ブラック・マジック」の愛称で呼ばれた船があります。

そのブラックマジックが優勝した「アメリカズカップ」がニュージーランドで開催されます。

開催時期は、2021年3月6日~21日です。

まとめ

ラクビーは

  • 代表の愛称は「オールブラックス」
  • スーパーラクビー・州(地区)代表・地域クラブのカテゴリーがある
  • パブやバーなどで地元の人と一緒に観戦するのも面白い
  • 2019年は、日本でラクビーワールドカップが開催される

クリケットは

  • 代表チームの愛称は「ブラックキャップス」
  • 競技人口は世界第3位
  • 試合時間が長いので、2日に分けて試合することもある
  • 2019年はイギリスでワールドカップが開催される

ネットボールは

  • 代表の愛称は「シルバーファーンズ」
  • バスケットボールとは異なるルールがある
  • 主に女性がプレイする

ヨットは

  • 愛称は「ブラックマジック」
  • 個人で小さいボートを所有している人が多い
  • 第36回アメリカズカップ大会決勝がニュージーランドで開催される

今回は「ニュージーランドで盛んなスポーツ」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

テレビで家族と盛り上がるのもいいですし、パブやバー、試合会場で盛り上がるのも面白いですよ。

ニュージーランドに訪れた際は、ぜひスポーツ観戦してみてくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA