シンガポールでは有名で当たり前のこと!!日本との違いは何??

シンガポールで有名なことと言えば、何をイメージしますか?

「シンガポールは罰金大国!」と思う方も多いのではないでしょうか?

日本では当たり前のことが、シンガポールでは全く違うルールだったりするんですよ!

今回は「意外と知られていないシンガポールで有名なこと!日本とは違う罰則とは?」をご紹介します。

意外と知られていないシンガポールで有名なこと

年中ずっと暑い!

シンガポールは、一年中ずっと暑いということをご存じでしたか?

シンガポールは赤道のほぼ真上にあります。

そのため、1年間でも平均気温が28℃~34℃と日本の夏のような気温が1年中続きます。

さらに、シンガポールは海に囲まれているので湿気が多くジメジメしています!

気温も高く湿度も高いと、汗をずっとかいてしまいそうですよね。

Aさん
初めてシンガポールに行きましたが、サウナにいるような気分でした!

ジメジメしていて、とにかく汗が止まりませんでした。

汗っかきなので、着替えを持って行けばよかったと後悔するほどでした(笑)

地元の方々は、昼間はあまり外に出ないそうですよ!

注意

レストランや店の中、ホテルなどは冷房が強く寒いことが多いです。

カーディガンなどの羽織物は忘れずに持参しましょう。

安くて美味しいお店がたくさんある!

旅行に行くときは、お金をたくさん使うので「食費は少しでも抑えたい!」と思う人も多いですよね。

安い飲食店と言われると「衛生面は大丈夫なの?味は美味しいの?」と不安を抱く人も多いです。

しかし、シンガポールには「安い!美味しい!衛生面も安心!」な飲食店がたくさんあるんですよ。

特に、地元の人が声を揃えてオススメするお店が「ホーカーセンター」です。

シンガポールに住んでいる人は自炊をあまりしないので、ホーカーセンターにはたくさんの人が訪れます。

ホーカーセンターと言うのは、日本で言うと「フードコート」のようなところです。

Bさん
シンガポールのソウルフードがすごく美味しかったです!

現地の方々がたくさんいるので、シンガポールの地元感溢れる雰囲気を味わうことができました。

日本人に一番人気と紹介してもらった「チキンライス」も食べて良かったです。

チキンはとても柔らかく、チリソースがとても美味しかったです!

ガムを食べると罰金がある!

シンガポールは「ガム」に関して、とても厳しいということをご存じですか?

日本ではあまり目にすることはありませんが、シンガポールでは噛んでいたガムを電車のドアに張り付けるなどの迷惑行為が多発していました。

そのことがきっかけで、1992年にガムに関しての厳しいルールが作られました。

結果、国民全員はガムを食べることを禁止されています。

もちろん観光客であっても、国内にガムを持ち込まないようにしましょう。

注意

万が一、国内にガムを持ち込んだ時は罰則を科せられる場合があります。

  • 二年間の禁固刑
  • 10,000ドルを超えない罰金
マタタビ
2004年からは禁煙または虫歯予防のために一部のガムの販売が認められるようになりました!

しかし、薬局でしか購入できません。

さらに、処方箋がないとガムを販売してもらえません。

ルール違反者には厳しい罰則がある!

シンガポールは罰金大国と言われるほど、ルール違反者には厳しい罰則があります。

ルールを知らずに過ごしていると、いきなり警察に捕まって罰金を払うことになることもあります。

「ここでこれをしてはいけない」という明確なルールがあるので、しっかり確認してから旅行を楽しみましょう!

シンガポールの主なルール
  1. 喫煙所以外で喫煙をする行為
  2. 鳥にエサを与える行為
  3. ゴミをポイ捨てする行為
  4. ツバや痰を吐く行為
  5. 電車内で飲食をする行為
  6. ガムを持ち込む行為
  7. 横断歩道を利用せず、横断歩道から50m以内の道路を横断する行為など 
Aさん
シンガポールはクリーンな街として有名なので、街を汚すような行為は違反になります!

正直、綺麗なシンガポールの街並みを見ていると「日本にもこんなルールがあったら良いな」と思います。

人に迷惑をかけるような行為は罰金になるというシンガポールのルールは個人的には好きです!

まとめ

意外と知られていないシンガポールで有名なことは

  1. 年中ずっと暑い
  2. 安くて美味しいお店がたくさんある
  3. ガムを食べると罰金がある!
  4. ルール違反者には厳しい罰則がある!

年中ずっと暑い理由は

  • シンガポールは赤道のほぼ真上にあるから
  • 年間の平均気温は28度~34度ある
  • 海に囲まれているので湿度も高い
  • 地元の人は昼間は外に出たがらない

安くて美味しいお店がある場所は

  • 地元の人がオススメするのは「ホーカーセンター(フードコート)」
  • ホーカーセンターでは、シンガポールのソウルフードを食べることができる

ガムが禁止されている理由は

  • 迷惑行為が多発したから
  • 観光客がシンガポールにガムを持ち込むことも禁止
  • ガムを国内に持ち込んだ場合は、罰金または2年の禁固刑がある
  • 2004年には、虫歯予防や禁煙のためのガムの販売は許可された(処方箋があれば購入可能)

シンガポールで禁止されている行為は

  1. 喫煙所以外で喫煙をすること
  2. 鳥にエサを与えること
  3. ゴミをポイ捨てすること
  4. ツバや痰を吐くこと
  5. 電車内で飲食をすること
  6. ガムを持ち込むこと
  7. 横断歩道を利用せず、横断歩道から50m以内の道路を横断すること

今回は「シンガポールで連想できる有名なこと!!日本とは全く違う??」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

日本で当たり前のことは、海外に行くと全然違うので面白いですよ!

今回の記事を参考に、シンガポール旅行では、日本との違いに戸惑わないように楽しんでくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA