イタリアでノスタルジックな雰囲気を堪能!ヴェローナの魅力とは?

みなさんは、イタリアのヴェローナをご存じですか?

シェイクスピアの名作である「ロミオとジュリエット」の舞台として知られています。

ですが、ヴェローナの良さはそれだけではないんですよ!

他にも、たくさんの魅力が詰まっていて多くの人に愛されている地域です。

今回は「ノスタルジックな雰囲気が漂うヴェローナの魅力」をご紹介します。

ヴェローナについて

ヴェローナはどこにある?

ヴェローナはイタリア北部のヴェネト州にあり、ミラノとベネチアの間に位置します。

そこまで大きい街ではないので、1日で観光できますよ。

また、街全体が世界遺産として登録されていて、心に残る風景が広がっています。

それほど混雑していないので、イタリアの穴場観光スポットでもありますよ。

ヴェローナまでのアクセス方法は?

残念ながら、日本からヴェローナへの直行便は出ていません。

ただ、ミラノなど日本から直行便が出ている都市に滞在して日帰り観光することができます。

ミラノとヴェネツィアの間に位置しているので、どちらからも電車で1時間半程度でアクセスできます。

座席の種類にもよりますが、1,500円程度の料金で気軽に行けるスポットですよ。

電車について

ミラノ~ヴェローナ~ヴェネツィア間を走る鉄道は2つあります。

トレニタリアの方がお得な価格で購入できますが、早割を利用すればイタロの方がお得な場合もあります。

事前に時間を決めて行動できる人は、ネットで購入するのも良いですね。

ヴェローナの気候は?

ヴェローナは、日本と同じ温暖湿潤気候で四季があります

夏は7月・8月が一番暑いですが、平均最高気温は 29.2℃なので、日本より比較的過ごしやすいですよ。

ただ、注意すべき点は「寒暖差が激しい」ということです。

日中は気温が高くても夜は羽織物が必要なくらい冷えるので、カーディガンを持って行きましょう。

冬は1月が最も寒く、平均最低気温は -1.2℃まで下がります。

日照時間も少ないので、防寒対策はしっかりとしましょう。

特に、野外オペラの鑑賞を考えている人は夜に温度が下がることを考慮しておくと良いですよ。

マタタビ
ヴェローナを回る時は歩くので、スニーカーで行くことをオススメします!

また、冬はジャケットを羽織り使い捨てカイロを使うと過ごしやすいですよ。

使い捨てカイロは帰国時にかさばらず便利なので、持って行くと重宝します。

ヴェローナ観光をお得に楽しむコツ

ヴェローナを観光するならヴェローナカードを買いましょう!

ヴェローナカードはヴェローナの各観光地にお得に入場でき、様々な特典や待遇があるものです。

このカードを購入しないと損するくらいお得なカードです!

各観光地で購入できますが、ネットでも購入可能です。

オンライン購入の場合は電子メールで受け取り、スマートフォンアプリでチケットを提示します。

チケットを紛失する可能性がある人は、オンライン購入がオススメです。

また、このカードは入場可能な観光地に入場した時に、購入時間のカウントが始まります。

そのため、どこの観光地に行くのか予定時間を含めて決めておくと、ギリギリまでチケットを活用できますよ。

ヴェローナカードについて
購入できる場所

  1. 観光インフォメーション
  2. ヴェローナカードで入場できる各観光地
  3. 公式サイトでオンライン購入

料金

  • 24時間券:20ユーロ 
  • 48時間券:25ユーロ

特典

  1. ヴェローナで提携している観光地に無料で入館可能、列に並ぶ必要なし
  2. 市内バスATV(ヴェローナの鉄道駅と旧市街を結んでいるバス)が無料
  3. アレーナやテアトロ・ロマーノで開催されるオペラの割引
  4. 観光トレインの割引

公式サイト:http://www.turismoverona.eu/nqcontent.cfm?a_id=38678&lang=en

ヴェローナカードを購入したら、次に紹介するおすすめスポットを回る準備は万端ですね!!

ヴェローナのおすすめスポット

ヴェローナは、古代ローマ時代の面影が色濃く残っている街です。

その歴史的価値の高さから「ヴェローナ市」として 2000年に世界遺産に登録されました。

多くの見どころがあるヴェローナですが、ヴェローナカードを利用できる施設のなかで行って欲しいスポットを紹介します。

ジュリエットの家

ヴェローナ観光をする人がほぼ100%訪れるのが「ジュリエットの家」です。

その名前のとおり「ロミオとジュリエット」で有名なジュリエットの家です。

門をくぐると、壁一面の落書きや南京錠の量にびっくりしますよ!

世界中のカップルが、この家に愛の印を残していった跡があります。

たくさんの落書きが逆にアートのように感じられて圧巻ですよ。

さらに進んで前庭に行くと、ジュリエットの銅像があります。

この銅像の右胸を触ると恋愛が上手くいくと言われているので、銅像の前には行列ができています。

言い伝えとはいえ不思議な光景ですよ。

マタタビ
ここには、恋愛相談のメモを残すと「ジュリエットの秘書」から返事が届くと言われています。

そのため、多く人が相談のメモを残していきます。

日本語対応もあるので、お悩み相談を残していくのも旅の思い出になって良いですよ!

ヴェローナカードを持っている場合は無料で入場できます

補足

実は、ジュリエットの家の近くにロミオの家もあるんです。

「ロミオの家」の標識はありますが、ジュリエットの家のように一般公開されているわけではありません

外から見るだけになりますが、時間があれば探してみるのも楽しいですよ。

ジュリエットの家
  • 住所:Via Cappello, 23, 37121 Verona
  • 電話番号:(+39)045-8034303
  • 休業日:なし
  • 営業時間:月曜13:30〜19:30、火〜日曜8:30〜19:30
  • 料金:6ユーロ

アレーナ ディ ヴェローナ

アレーナ・ディ・ヴェローナは、古代ローマ時代に建造された円形闘技場です。

現在、夏に野外オペラとして利用されている有名な観光地なんですよ。

約2,000年経った今でも当時の姿をほぼ保っていて、ヴェローナのシンボルとなっています。

アレーナは行列ができますが、ヴェローナカードがあれば行列を回避できますよ。

さらに、無料で入場できるのでストレスなくスムーズに観光ができるのも嬉しいポイントです。

野外オペラについて

1913年から行われていて、オペラ歌手のマリア・カラスがイタリア・デビューを飾りました。

オペラ鑑賞と聞くと堅いイメージがありますが、アレーナの野外オペラは気軽に楽しめます。

オペラは正装で鑑賞しなければならないというルールがありますが、アレーナは好きな格好で鑑賞できるので、それほど敷居も高くありません。

夜はローソクも灯され幻想的な雰囲気に包まれています。

こんな機会がないと体験できないので、観光の際にオペラも鑑賞してみてくださいね。

Aさん
ローマのコロッセオに比べると小さいですが、建物の色合いも全然違って雰囲気があり良かったです。

小さい分、観光も時間がかかりませんでした。

Bさん
アレーナでオペラを見ました。

6月下旬から8月下旬まで開催されていますが、私が行ったときは蒸し暑くて熱中症になりそうでした。

ですが、寒くてダウンを着たほうが良い日もあるので、時期を見て服装を選んだ方が良いですよ。

アレーナ・ディ・ヴェローナ
  • 住所:Piazza Bra, 1, 37121 Verona VR,Italy 
  • 営業時間:8:30-18:30(閉場19:30)、月曜日のみ 13:30-18:30(閉場19:30)
  • 料金:10ユーロ

ランベルティの塔

ランベルティの塔は、シニューリ広場の近く市庁舎に隣接するヴェローナで最も高い建物です。

ヴェローナ市街を一望するには、もってこいのスポットです!

1172年に建設が始まり、その後は修復や増築が繰り返されました。

1448年にレンガと大理石の鐘室が建設され、1779年に時計が設置されて現在の姿になりました。

階段であればヴェローナカードを使って無料で入場可能ですが、エレベーターだと追加料金が必要なので注意してくださいね。

体力に自信のある人は、階段を使うと建物の歴史を肌で感じることが出来るので挑戦してみてくださいね。

Cさん
368段ありエレベーターもあるのですが、エレベーターを使わず階段を使ってみました!

さすがに疲れますが、その分頂上から見えるベローナの街並みは最高でした。

スニーカー必須ですが、ぜひ登ってみてくださいね。

ランベルティの塔
  • 住所:Piazza dei Signori, Verona
  • 料金:8ユーロ(月曜日は5ユーロ)
  • 営業時間:(月曜日~金曜日)10時~18時、(土・日・祝)11時~19時最終入館は45分前まで。
  • 公式サイト:http://torredeilamberti.it/en/

サンタナスターシア教会

13世紀に建てられたヴェローナで、一番大きいゴシック様式の教会ですが、実は未完成なんです!

外観はシンプルで損傷が激しいですが、中に入ると綺麗で様々な彫刻や美しいフレスコ画が飾られています。

アーチ状の天井に描かれた花をモチーフにした柄は、太陽に照らされると万華鏡のようで綺麗ですよ。

作品によって高い所にありよく見えないものもあるので、絵を見たい方はオペラグラスを持参するのがオススメです。

ここもヴェローナカード持参で無料で入館できます。

サンタナスターシアで最も有名な二つの像

サンタナスターシア教会で有名なのが、入り口から一番近い柱にある二体の「せむし像」です。

聖水盤を背負い苦しそうな顔をしているせむし像は、キリスト教的人間の苦痛を表現しているですよ。

とても印象深いので一度見てみてくださいね。

Aさん
ヴェローナ観光で時間があったら行きたいくらいで優先度が低い観光スポットでした。

ですが、実際に行ってみたらサンタナスターシア教会の美しさに魅了されました!

展示されている作品も素晴らしく本当に行って良かったです。

Bさん
外観はレンガ造りの地味な感じですが、中に入るとお花や紋章のデザインが描かれた天井が繊細でトキメキました!

ここの教会は、明るくて優しい雰囲気で心が和みました。

サンタナスターシア教会
  • 住所:Vicolo Sotto Riva, 4, Verona
  • 料金:2.5ユーロ
  • 開館日:月曜日~土曜日
  • 開館時間:3月~10月:9:00〜18:00、11月~2月:10:00〜13:00、13:30〜17:00、年間を通し日曜、祝日は13:00〜18:00

テアトロロマーノ

テアトロロマーノは、ピエトラ橋を渡ってすぐの場所にある古代ローマ時代の遺跡です。

紀元前1世紀にアディジェ川の左川岸に位置する丘の斜面に建てられ、丘の上はヴェローナを一望できます。

特に夕暮れどきの景色は感動しますよ。

2016年に元修道院であった建築物と回廊、教会が修復されてリニューアルしました。

テアトロロマーノは、今も野外劇場として使われています。

ヴェローナカード持参で無料で入館できますよ。

サン・ピエトロ城とは

テアトロロマーノ城の脇にある階段を登るとたどり着く「サン・ピエトロ城の丘」は、ヴェローナで一番オススメの絶景スポットです。

サン・ピエトロ城の丘までは険しい階段を登る方法しかなく、日帰りの観光客はあまりいませんでした。

しかし、ケーブルカーが開通(有料)したことで、観光客からも人気の観光スポットとなりました。

現在お城はありませんが、町を守るために造られた城壁の一部が残されています。

サン・ピエトロ城跡地の前にある広場からは、アディジェ川とレンガ色に統一されたヴェローナの町が一望できて綺麗なので行ってみてくださいね。 

テアトロロマーノ
  • 住所: Rigaste Redentore, 2, 37129 Verona
  • 電話番号:+39 045 8000360
  • 開館時間:月曜日 13:30~19:30 火~日 8:30~19:30(最終入館18:30)
  • 入館料:4.5ユーロ
  • 公式サイト https://museoarcheologico.comune.verona.it/

まとめ

ヴェローナは

  • イタリア北部のヴェネト州にある
  • 街全体が世界遺産に登録されいる
  • 日本からのアクセスはミラノかヴェネツィア経由で1時間半程度
  • 夏は日本より過ごしやすいが寒暖差が激しいので服装に注意
  • 観光にはヴェローナカードがオススメ

ヴェローナのおすすめスポットは

  1. ジュリエットの家
  2. アレーナ・ディ・ヴェローナ
  3. ランベルティの塔
  4. サンタナスターシア教会
  5. テアトロロマーノ

今回は「ノスタルジックな雰囲気が漂うヴェローナの魅力」ご紹介しましたが、いかがでしたか?

イタリアでもヴェローナは、他の都市よりも比較的治安も良く穏やかな都市です。

歴史的建造物も多いので、穏やかな雰囲気の中でゆっくりとイタリアの歴史に触れてみるのも良いですよ

今回の記事を参考に、イタリア・ヴェローナの旅を満喫してくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA