スペイン旅行はどこに行こう??おすすめ観光スポットとは??

スペインといえば、サッカーやフラメンコなどを思い浮かべますよね。

食文化やエンターテインメントの分野でも超一流が集まる国でもあります。

世界中からの観光客数のランキングは、アメリカを抜いて2位になったこともあるんですよ。

今回は「スペイン旅行のオススメ観光スポット」をご紹介します。

バルセロナ

サグラダファミリア

スペインのバルセロナでの観光といえば、サグラダファミリアです。

言わずと知れた世界遺産の建造物です。

ガウディによる設計から100年以上経ち、2026年に完成予定と言われています。

もともと300年以上かかると言われていましたが、IT技術の発達で工事の期間が短縮されることになりました。

サグラダファミリアは、日本語に訳すと「聖家族贖罪教会」です。

キリスト教の思想を込めた建築様式で、ガウディが生涯をかけて設計した建物です。

完成したら、さらにすごい建造物になっていると思うとワクワクしますね!

ガウディツアーの魅力については、こちらで詳しく紹介しています。

サグラダファミリアだけじゃない!スペインガウディツアーの見所は?

2019.08.07

カンプ・ノウ(FCバルセロナ)

サッカー好きにとっては外せない場所です。

サッカーに詳しくない人でも、会場の雰囲気で十分に楽しめますよ。

世界屈指の名門チームのミュージアムがあり、FCバルセロナの軌跡を堪能できます。

試合やイベントのない日は、ピッチやプレスルーム、ロッカールームなどカンプ・ノウのことを知れますよ。

試合観戦もできたら、最高に楽しい旅行の思い出になること間違いなしですよ!

Aさん
バルセロナには、サッカーの試合観戦目当てで行きました。

カンプ・ノウは憧れだったので、行くだけで大興奮でした。

サポーターの熱狂は日本では考えられない程で、怒号もすごく花火も打ち上がり、とても迫力がありました。

営業時間

3月半ば~10月半ば:9:30~19:30
10月半ば~3月半ば:10:00~18:30(土曜日10:00~14:30)
12月半ば~1月5日 9:30~19:30
休館日:1月1日、12月25日を除き、年中無休
※試合観戦は要予約

 

マドリード 

プラド美術館

マドリードの有名観光スポットであり、世界三大美術館の1つです。

世界最高峰と言われ、映画にも登場した美術館なので、絵画に詳しくない人でも楽しめますよ。

絵画が好きな人は、1日いても飽きないほどです。

「ディエゴ・ベラスケス」、「フランシスコ・デ・ゴヤ」、「エル・グレコ」の3人の巨匠の作品は見ておきたいところです。

優雅な雰囲気の中で、多数のコレクションを堪能してくださいね。

すごい世界が待っていると思うと、ワクワクしてきますよ!

営業時間

月曜日~土曜日:10:00~20:00
日曜日・祝日:10:00~19:00
休館日:1/1、5/1、12/25

入館料

大人:15ユーロ(約1700円) / シニア(65歳以上):7.5ユーロ(約880円)
学生(18~25歳)、子ども(18歳以下):無料

マタタビ
ちなみに、チケットとガイドブックなどのセットもありますよ!

  1. 入場チケット+プラド美術館公式ガイドブック:24ユーロ
  2. パセオ・デル・アルデ・カード
    (プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ティッセン・ボルネミッサ美術館の入場券セット):30.40ユーロ

サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリード)

サンティアゴ・ベルナベウは、サッカーの世界的スーパースターが集まる超名門チーム「レアル・マドリード」のホームスタジアムです。

ヨーロッパチャンピオンズリーグなど、数々のビッグゲームがこの場所で行われます。

8万人以上を収容できるスタジアムには、天井に暖房が設置されています。

各国の代表選手が目の前でスーパープレーを繰り広げるシーンを見れますよ。

「うおーーーー!!!」と思わず、大声を上げてしまうプレーが続出しますよ!

ベルナベウでは、ルートに沿って自由に見学するツアーも行っています。

マタタビ
所要時間は、1時間〜2時間ぐらいです!

ガイドさんはいないので、スルーしていくと1時間以内でも回れますよ。

ベルナベウツアー

月曜日~土曜日 10.00~19.00
日曜日・祝日 10:30~18:30(試合日以外)
休み:なし
料金:大人25€(約3000円) / 子ども18€(約2100円)オーディオガイド5€(約580円)
公式HP:https://www.realmadrid.com/ja/tickets/bernabeu-tour
※試合当日は、試合開始5時間前まで実施

補足

地下鉄10号線に乗り「サンティアゴ・ベルナベウ駅」で下車すれば、すぐにスタジアムに到着します。

バスの場合は、プラド通りやシべレス広場で14番に乗りハバナ通りで下車または、27番に乗りリマ広場で下車します。

アンダルシア

セビリア

本場のフラメンコを楽しむには、アンダルシア地方のセビリアがオススメです。

セビリアには、老舗のタブラオ(フラメンコの踊り舞台が備えられたバルやレストラン)があり、情熱的なフラメンコを鑑賞できるところが多いです。

情熱的と言われていますが、黒い衣装の人が多く、赤などの派手な衣装の出演者は意外といないんですよ。

曲自体は哀愁漂うものが多いですが、本場のフラメンコを一度、見てみてくださいね!

Bさん
最初は、踊りが少なかったので、曲がメインなのかな?と思いました。

ですが、ギターが鳴り始めた瞬間に踊り出すダンサーは、すごく格好よかったです!

情熱の国と言われるのが分かった気がします。

注意

ショーを楽しむためにはいくつか注意したいことがあります。

  1. タブラオによって写真撮影できないところもある
  2. 観客の手拍子はNG
  3. ショーの最中はできるだけ席を立たない
  4. 携帯電話の音や話し声はNG

マエストランサ闘牛場

ここは、スペインで2番目に古い闘牛場として知られています。

時代の流れで動物愛護の観点から、闘牛場は次第になくなっていきました。

そんな中でも、マエストランサ闘牛場は、生き残ってきた歴史あるところです。

試合ごとにマタドール(闘牛士)の個性的な衣装を見れるのも楽しみの1つですよ。

ただ、闘牛は人と牛の命を懸けた真剣勝負なので、試合によっては大量の血が流れることもあります。

血を見るのが苦手な人は、博物館のみの見学がオススメです。

闘牛場の開催日

闘牛が見れる時期:5月、6月、9月のセビリアの春祭りのみ
開催日:木、金、土、日のいずれか

「闘牛を見たいけど、スケジュールが合わせられない」という人は、闘牛場の無料見学ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

月曜日の15時から19時までは、無料で見学できますよ。

サン・セバスチャン

バスク地方にあるサン・セバスチャンは小さな街ですが、世界の美食家が集まる場所です。

ミシュランの星が付いているレストランが数多く立ち並びます。

たくさんのバルがあるので、3~4軒ハシゴするのが本場の楽しみ方ですよ。

バル巡りを楽しむためのポイント
  1. お店に入ったら「オラ!」と明るい挨拶をしよう!
  2. ドリンク1杯、ピンチョスまたはタパスを1つ注文して立って食べよう!
  3. 1軒目で食べ過ぎないように注意しよう!
  4. 酔っ払わないようにしよう!

街で酔っぱらうのは、ひんしゅくを買う行為です。
酔ってきたな。と思ったら、お水を飲むなどしてセーブしましょう。

マヨルカ島

年間300日以上が晴天に恵まれる地中海のリゾート地です!

でも、リゾートだけではありません。

ガウディが設計したパルマ・デ・マヨルカ大聖堂や、オーケストラの人たちがショパンの曲を奏でてくれるドラック洞窟がありますよ。

パルマ・デ・マヨルカ大聖堂

パルマ・デ・マヨルカ大聖堂内では、1,236枚ものステンドグラスに注目です。

大きい建物なので近くで写真を撮ろうとすると画面に収まりません。

聖堂の下のマー公園から撮影すると綺麗に写真が撮れますよ。

海からの眺めや、マヨルカの青い空と大聖堂は写真を撮るだけでも満足できる美しい景観です。

大聖堂の中は聖堂の大きさに圧倒されます。

ここは、本当にリゾート地?と疑うほどの幻想的な光景が見られますよ。

営業時間

6月〜9月
月~金曜日 10:00~18:15 / 土曜日:10:00~14:00

11月〜3月
金曜日 10:00~15:15 / 土曜日:10:00~14:00

4月、5月、10月
月~金曜日 10:00~17:15 / 土曜日:10:00~14:00

定休日:日曜日、祝日
電話番号:+34 902 02 24 45
料金:6ユーロ(約700円)
公式HP:http://catedraldemallorca.org/

ドラック洞窟

スペインの地中海にあるバレアレス諸島最大の島がマヨルカ島です。

海に囲まれ、白く美しい湾やビーチに恵まれている場所なので、スペイン王室や世界中からも著名人がバカンスに訪れることでも人気の島です。

そんなマヨルカ島は、ビーチリゾートがメインになることも多いですが、地元民も一押しする「ドラック洞窟」に訪れてみてはいかがですか?

ちなみに、ドラック洞窟は、マヨルカ語で「ドラゴン」という意味です。

ドラゴンの洞窟って、なんだかすごそうな感じがしますよね!!

地底湖では、オーケストラの人たちが、ショパンの曲を奏でながら観光客を迎えてくれますよ。

ショパンの名曲が10分ほど響き渡る幻想的な空間で、ドラック洞窟を楽しんでみてくださいね。

イビサ島

最後は、訪れると人生観が変わる、非常にインパクトの強い島「イビサ島」をご紹介します。

このイビサ島は、セレブが集まる非日常があり、まさに地中海の楽園です。

イビサ島は、バルセロナからは飛行機で約1時間の距離にあります。

島全体が世界遺産に登録されているので、海も綺麗で、特にサンセットは世界一綺麗と言われています。

音楽やファッションの最先端の街で、クラブやバーも多く、街全体がパーティーの雰囲気に包まれています。

クラブやパーティーのノリが苦手な人は、青い海と白い街が広がる姿にうっとりしてみてくださいね。

また、イビサ島にはパワースポットも多いです。

パワースポットにも行ってみたい人は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

イビサ島のパワースポットとは!?どのような楽しみ方があるの!?

2019.04.16

まとめ

スペインのオススメ観光地は

  1. バルセロナ
  2. マドリード
  3. アンダルシア
  4. サン・セバスチャン
  5. マヨルカ島
  6. イビサ島

バルセロナ

  • サグラダファミリア
  • カンプ・ノウ(FCバルセロナ)

マドリード

  • プラド美術館
  • サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリード)

アンダルシア

  • セビリア
  • マエストランサ闘牛場

サン・セバスチャン

  • 美食とバル巡り

マヨルカ島

  • パルマ・デ・マヨルカ大聖堂
  • ドラック洞窟

イビサ島

  • 島全体が世界遺産に登録されている
  • パワースポットもある

今回は「スペイン旅行のオススメ観光スポット」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

スペインには、まだまだたくさん観光スポットがあります。

今回の記事を参考に、スペインの観光スポットを巡ってくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA