セブ島からフェリーで2時間で行ける!自然豊かなボホール島とは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

フィリピンは、東南アジアにある海に囲まれた国で、約7000以上の島からできています。

特に、セブ島が有名ですが、他にも美しい島はたくさんあります。

美しい島の中でも、魅力的な離島がボホール島です!

「ボホール島?初めて聞いたな〜。」と思う方も多いですよね。

今回は「セブ島からフェリーで2時間!自然豊かなボホール島の魅力」をご紹介します。

ボホール島ってどんなところ?

ボホール島は、フィリピン中部に位置し、セブ島から南に位置する島です。

フィリピンでは10番目に大きい島で、海にも山にも囲まれた自然豊かな場所です。

自然を身体いっぱいに感じたい方には、特にオススメの離島ですよ。

気候と観光シーズン

ボホール島は、年間平均気温は約27度であり、高い時期で約30度の常夏の島です。

ベストシーズンは、天気・気温共に安定している3月~6月になります。

12・1月は雨が多く、7・8月は天気が不安定で台風の影響を受けることもあります。

Aさん

私は、3月にボホール島に行きました。

毎日晴れていて気候も暑すぎず、ちょうど良かったです。

マンゴー等のトロピカルフルーツも旬の時期で、とても甘くて美味しかったですよ。

美味しい上に日本よりも安く買えるので、何個も食べ過ぎてしまったほどです。

アクセス方法

ボホール島のアクセス方法は、飛行機か船の2択です。

  • 飛行機…マニラ空港から約1時間程度で到着します。

離島ですが、空港があり、更にフィリピンの首都マニラからフライトがあるので便利です。

  • 船…セブ島の港から約2時間程度で到着します。

港に到着したら、写真のチョコレートヒルズが描かれたBOHOLの看板に出迎えられますよ。

Aさん

私は、セブ島からの高速船を利用しました。

乗船場は暑かったですが、高速船の中は冷房が強く、とても寒かったです。

荷物を全部まとめてしまっていたので、羽織り物を取り出せず、2時間寒さに震えました。

高速船に乗船する際は、羽織りものを持っておくことをオススメします

おすすめの観光スポットは?

ターシャ自然保護区

このクリクリした目が愛らしい動物は、世界最小のサル「ターシャ」といいます。

まさに、この可愛らしさから、ボホール島のマスコット的存在として知られています。

画像では大きく見えますが、体長10cm程度、体重100g程度であり、片手に楽々と乗るサイズです。

ボホール島の各地で見られる訳ではなく、ターシャ自然保護区という場所で見ることができます。

このターシャ自然保護区は、港から車で約1時間半のところにあります。

ターシャを見る時の注意点
  • フラッシュ撮影禁止

 ターシャは目が弱く、最悪失明してしまう恐れがあるので、撮影の時はフラッシュを切って下さいね。

  • 大声で驚かさない

 ターシャは夜行性で、昼間は寝ていることが多いので、無理矢理起こしたりしないようにしましょう。

  • 触らない

 繊細なターシャは、触られるとストレスを感じるので、触らないようにしましょう。

Aさん

予想以上にターシャを見つけるのは難しかったですが、スタッフの方が教えてくれたので見つけることができました。

ターシャが寝ているところも可愛いですが、起きているところを見たい方は、夕方がオススメですよ!

チョコレートヒルズ

「ボホール島と言えばここ!」というぐらい、有名で不思議な場所が、ここチョコレートヒルズです。

1000を超える丘を360度辺り一面に眺めることができ、幻想的な風景が広がっていました。

自然に出来たこの丘は、大昔にマグマの影響で海底が隆起したためにできたと言われていますが、真相は分かっていません。

この丘は雨季(6~12月)は緑色、乾季(4~6月)はチョコレート色に染まります。

名前にもあるように、チョコレート色を見たい方は、ぜひ乾季に観光してくださいね。

Aさん

展望台にあがる階段は200段程あり、登るのが大変でした。

ですが、そこから見える景色は、まさにフォトジェニックでした。

自然が織り成す不思議な光景を、ぜひ見てみてくださいね。

ダナオアドベンチャーパーク

ダナオアドベンチャーパークでは、ロボック川を見下ろしながらジップラインを楽しめます。

スリル満点で、ワクワクドキドキを味わいたいアドベンチャーな方にはオススメです。

このジップラインは、渓谷を超えるので、高さも長さも結構あります。

ジップラインで渓谷を往復することもできますし、復路はケーブルカーでという選択もできますよ。

恐さに目を瞑ってしまいそうですが、せっかくなので頑張って景色も楽しんでくださいね。

アロナビーチ

ボホール島の観光客の多くは、このアロナビーチ付近のホテルに宿泊します。

アロナビーチは空港から車で1時間の島の南側にあり、フィリピン屈指のホワイトビーチが綺麗で魅力的です。

ビーチには、数百メートルに渡って、リゾート感溢れるレストランもありますよ。

サンセットに照らされる海も美しいですが、夜になると一層賑やかになるので、より一層楽しめましたよ。

Aさん

フィリピン料理はもちろん、色々な料理がありどれも安くて抜群においしかったです!

ここのビーチで飲むマンゴーシェイクは格別だったので、ぜひ飲んでみてくださいね。

ロボック川クルーズ

ロボック川クルーズでは、エメラルドグリーンの川を1時間かけて川下りすることができます。

船上でギターの生演奏を聴きながら、フィリピン料理を堪能することができ、楽しい時間を過ごせます

ロボック川クルーズの受付場所は、チョコレートヒルズとターシャ自然保護区との間あたりにあります。

観光客が多いので、あらかじめツアーに予約しておくことをオススメします。

Aさん

川下りをしている最中に、一部の集落にお邪魔して、ダンスやフィリピンの伝統的な遊びを見ることができました。

また、子供がターザンのように川に飛び込んだり、手を振ってくれてとても可愛かったです。

チップを渡す機会があったので、小銭を用意しておくことをオススメします。

ダイビング

ボホール島の海は、透明度が高く本当に綺麗です。

紫や黄色などカラフルで綺麗な魚たちが多く、キラキラとした海の世界が広がっています。

ギンガメアジのトルネードを見ることができるバリカサグ島へも、船で約1時間で行くことができますよ。

ボホール島のダイビングショップの多くは、バリカサグへ遠征することができます。

Aさん

初めての海外ダイビングがボホール島だったのですが、初めてでも全然戸惑うことなく潜ることができました。

透明度も高く、綺麗ですごく感動しました!

ボホール島のダイビングは、基本的にスタッフが全て何でもしてくれる殿様・姫様ダイビングでした。

本当に至れりつくせりで、思う存分楽しむことができましたよ。

まとめ

ボホール島は

  • フィリピンで10番目に大きい島
  • 海や川、山に囲まれた自然豊かな島
  • フィリピン中部に位置し、セブ島からは南に位置する島
  • 年間平均気温は約27度であり、高い時期で約30度の常夏の島
  • ベストシーズンは、天気・気温共に安定している3月~6月
  • アクセス方法は、飛行機(マニラから1時間)か船(セブ島から2時間)

おすすめの観光スポットは

  • ターシャ自然保護区
  • チョコレートヒルズ
  • ダナンアドベンチャーパーク
  • アロナビーチ
  • ロボック川クルーズ
  • ダイビング

今回は「セブ島からフェリーで2時間で行ける!自然豊かなボホール島の魅力」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ボホール島は、山も海も川も自然を身体いっぱいに感じることができる魅力的な離島です。

セブ島からも船で2時間と近いので、アイランドホッピングも気軽にできますよ。

今回の記事を参考に、自然豊かなボホール島で、素敵な時間を過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA