南国セブの人気アクティビティー!アイランドホッピングとは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

セブは、フィリピンにある日本人にも人気の南国リゾートです!

南国リゾートと言えば、マリンアクティビティーが有名ですよね。

その中でも、セブではアイランドホッピングが定番かつ人気なんです。

でも、「アイランドホッピングって何するの?」「そんなの初めて聞いたよ!」と思った人も少なくはないです。

今回は「セブ観光の定番アイランドホッピング」をご紹介します。

アイランドホッピングとは何?

はじめに、アイランドホッピングについて分かりやすく解説します。

フィリピンは、島がたくさんあることで有名な国ですよね。

アイランドホッピングとは「島を巡る」という意味で、その多くの島を船に乗って満喫できる「島巡りツアー」のようなイメージです。

1日で色んな島に行けるので、想像するだけで贅沢な感じがして、すごくワクワクしますね。

マタタビ
「島を巡りたい」と思ったとき、自分たちで船を手配して、島を巡るのはとてもハードですね。

言葉の壁なども大変ですが、手配のやり取りなど値段も時間も、かなりかかってしまいます。

一方で、アイランドホッピングは、安心安全かつ楽に満喫できるんです。

セブに訪れた多くの観光客は、必ずと言っていいほど、このツアーを体験していますよ!

Aさん
色んな島に行けるなんて楽しそうなアクティビティですね!

でも、参加するにはどうしたらいいんですか?

マタタビ
そんな疑問を持っているみなさんに、続いては参加方法やツアーでは、どんなことをするのか詳しく解説していきますよ。

参加するにはどうすればいいの?

セブでは、多くのアイランドホッピングツアーが開催されています。

予約は現地でも可能ですが、日本の旅行会社で、前もって予約した方が何かと便利ですよ。

語学に不安のある人は、日本語ガイド付きのプランの利用をオススメします。

Bさん
私は、CSPトラベルさん主催のツアーに参加しました!

セブ専門のツアー会社なので、地元にめちゃくちゃ詳しく、ツアーの種類も豊富にあるんですよ。

HPも見やすく、学生さんなどの若い世代に人気がありそうだなと感じました。

マタタビ
CSPトラベルさんは、予約方法も簡単なんです!

LINEの公式アカウントを追加登録し、希望日や行きたいツアーなどを日本語で入力するだけです!

Bさん
日本語が上手なツアーガイドさんがホテルまでの送迎してくれて、水中カメラのGO-Proやバスタオルも貸してくれました。

またセブに行く時は、CSPトラベルさんを利用したいです!

マタタビ
CSPトラベルさんは、日本円での支払いも可能です!

両替を万が一、忘れてしまった時にも安心ですよ。

また、プランは1日コースと半日コースがあるので、自分のスケジュールや目的に合わせたプランで参加しましょう!

ツアー会社情報

会社名:CSPトラベル

公式サイト:https://www.csp-cebu.com/

アイランドホッピングでは、どんなことをするの?

アイランドホッピングでは、具体的にどんなことができるのでしょうか?

いくつかオススメのアクティビティーをご紹介します。

シュノーケリング

アイランドホッピングでは、多くのツアーでシュノーケリングが楽しめます。

シュノーケリングは、人気のマリンアクティビティーですよね。

Bさん
アイランドホッピングとシュノーケリングを同時に楽しみたかったので、両方入っているプランに参加しました。

シュノーケリングは初めてでしたが、ゴーグルの付け方から水中カメラの使い方まで丁寧に教えてもらえたので、安心して楽しめましたよ!

Aさん
海の透明度の高さに感動したのを今でも覚えています。

日本では、なかなか見れない光景で感動しました!

エサをあげてると、カクレクマノミやナンヨウハギなどのお魚が一気に私のところまで来てくれました!

写真を撮ることより、エサやりに夢中になっていたので、あっという間に時間が過ぎて、最高なひとときを楽しめました。

ツアーでの参加は、シュノーケリング初心にもオススメです!

アイランドホッピングと同時に楽しめるのも魅力的ですよ。

ただし、プランによっては実施していないところもあるので、ツアー会社でプラン内容を必ず確認してくださいね。

バーベキュー

1日コースで参加する方は「ランチはどんな料理が味わえるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

多くのツアーでは、「フィリピン風バーベキュー」を用意しています。

日本でバーベキューと言うと、網や鉄板でお肉やお魚などを焼くイメージがありますよね。

ですが、フィリピンの場合はちょっと違います!

このように、ご飯とシーフードとお肉がセットになっていて、日本でいう定食メニューに近いです。

この料理もフィリピングルメの一つなんですよ!

お肉は、串刺しの状態で焼き上げるので、焼き鳥を食べている感覚です。

”焼く”と言う部分なら、日本でよくやるバーベキューと共通しているのかもしれませんね。

気になるお味は、甘い焼き肉に似ています!

フィリピン独自のソース・バナナケチャップと一緒に食べるのがフィリピン流です。

実際に食べてみたところ、甘いタレがついた焼き鳥定食を食べているようで美味しかったですよ!

フィリピン人がうらやましいなって思いました。

ぜひ本場で味わってみてくださいね!

おすすめの島はどこ?

ナルスアン島

ナルスアン島は、多くのツアーで立ち寄るほど人気の高い島です。

人気の理由は、セブ観光の代名詞とも言える長い木製の桟橋があるからです。

この桟橋から見る風景は、旅行雑誌の表紙にもよく取り上げていて、有名なスポットでもあるんですよ!

Cさん
木製の桟橋が揺れそうで不安でしたが、そこまで揺れませんでした。

柵がないので危ないですが、SNS映えするような美しい景色が撮影できたのは嬉しかったです。

橋を渡りきると島に到着し、コテージのような宿泊施設やレストラン、灯台などがありました。

灯台には上がることができて、また違った景色を見ることができましたよ。

パンダノン島

パンダノン島は”天国に一番近い島”と呼ばれています。

晴れた日には、まさに天国を思わせるような、非日常的な風景を見ることができるんですよ!

真っ白な砂浜に透明度の高い海、青く澄んだ空とのコントラストが楽しめます。

写真や映画で見たような美しい風景が目の前にあるので、ワクワクが止まらないですよ!

私も行ったことがあるのですが、この日は曇りでした。

晴れ間があったのは少しだけですが、海の透明度とサラサラとした砂浜に触れることができました。

時間帯がお昼頃だったので、バーベキューやビーチバレーを楽しんでいる観光客で賑わっていました!

パンダノン島も多くのツアーで立ち寄っていますよ。

ボホール島

ボホール島は、どちらかと言うと、1日ツアーで行くことが多いです。

セブの中では比較的大きな島で、人気の観光地でもあるんですよ。

ボホール島は何と言っても大自然が魅力的です!

Dさん
1日がかりでボホール島へ行きました!

島ではここでしか会えない小さなサルを近くで見たり、バギーの乗車体験をしたりと楽しい時間を過ごしました。

そして一番楽しみにしていたのが「チョコレートヒルズ」です。

展望台に上る前からずっとワクワクが止まりませんでした。

Cさん
展望台に到着すると、あのボコボコとした山景色が目の前に広がり、思わず感動しました。

まるでおとぎ話の世界のような景色でしたよ!

多くの人に見てもらいたいと思った、最高のボホール島ツアーでした!

アイランドホッピングで注意するポイントは?

船酔いしやすい人は酔い止めを飲むこと

島間の移動は、もちろん船です。

船は小型のタイプで移動することが多いので、揺れやすいです。

船酔い、乗り物酔いしやすい人は、酔い止めを事前に飲んでおくか、荷物に常備しておくことオススメします。

Cさん
ツアーに参加し、小型船で移動しました。

午前中はそこまで揺れませんでしたが、午後からは急激に揺れが激しくなりました。

酔うことはなく、逆にアトラクション感覚で楽しかったです!

心地良い風に吹かれながら、たまに水しぶきが飛んできてスリリングでした。

紫外線対策を忘れないこと

セブは常夏なので、紫外線には気をつけた方が良いです。

セブの年間平均気温は28度前後なので、日本ほど猛暑ではないですが、日差しは日本よりも強いです。

そのため、どの時期に訪れても紫外線対策は必要になってきます。

外に出る前に、しっかりとサンオイルなどを塗っておきましょう!

また、日差しが気になる方は、サングラスも忘れないようにしてくださいね。

貴重品はなるべく持ち込まないこと

ツアー中は船で移動するので、荷物を置けるスペースが限られています。

荷物は、船内のベンチの上に置くので、盗難の被害に遭うリスクもあります。

なるべく貴重品は持ち込ないようすることが重要です。

貴重品は、ホテルのお部屋に置いておくか、ロビーで預けでおくことをオススメします。

荷物も必要なものだけを持参し、貴重品は目から離さないようにしてくださいね!

まとめ

アイランドホッピングは

  • 色んな島に行ける島巡りツアーのこと
  • 参加するには効率よく回れるツアーがオススメ
  • ツアーによってはシュノーケリングやバーベキューなどが楽しめて、SNS映えスポットにも行ける

人気のスポットは

  1. ナルスアン島
  2. パンダノン島
  3. ボホール島

アイランドホッピングで注意するポイントは

  • 船酔いや乗り物酔しやすい人は、酔い止めを事前に飲む
  • 紫外線対策はしっかり行う
  • 貴重品はなるべく持ち込まない

今回は「セブ観光の定番アイランドホッピング」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

セブ島でアイランドホッピングをする時は、注意点を守って楽みましょう!

今回の記事を参考に、セブ島で人気アクティビティーのアイランドホッピングを満喫してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA