日本人のお口に合う!セブ島でおすすめのフィリピングルメは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

フィリピンにあるセブ島は、リゾートアイランドで有名な観光地です。

日本から5時間ほどでアクセスすることができます。

気軽に行ける観光地として、日本人観光客からも人気なんですよ!

マリンスポーツやショッピングはもちろん、旅に欠かせないグルメも気になるところですよね。

今回は「セブ島で楽しめるおすすめのフィリピングルメ」をご紹介します。

フィリピングルメは日本人のお口にも合う!

アジアングルメと言えば韓国台湾タイベトナムなどの料理が有名ですよね。

そのため、フィリピングルメと聞いて、あまりピンと来ない人もいるかもしれません。

ですは、フィリピングルメは、日本人のお口にとても合う絶品グルメばかりなんです!

濃い味の料理が多くあって、ご飯やお酒が進んでしまうこと間違いなしですよ。

それでは、数あるフィリピングルメの中でも、特におすすめしたいグルメを見ていきましょう!

リピート続出の定番肉料理!レチョン

レチョンは、フィリピンの代表的なグルメです。

「レチョン」は「豚の丸焼き」のことで、フィリピンの家庭ではよくお祝いごとなどによく食べられています。

大人数で食べる時には「豚1匹」まるごと使うこともあるんですよ!

もちろん食べやすいようにカットして食べるのが定番で、ご飯にもお酒にも合う、リピート必須のフィリピングルメです。

そんなお祝い事で欠かせないレチョンですが、レストランなどで気軽に食べることもできます。

特に、セブ島は「レチョンが美味しい地域」とも言われているんですよ!

マタタビ

私がおすすめするお店は「リゴスレチョン」です!

日本人ウケ間違いなしの絶品グルメだな!と感じました。

皮はおせんべいのようにカリカリで、お肉は歯ごたえ抜群の肉厚ジューシーな味わいでした。

お店情報

店名:Rico’s Lechon – MACTAN
住所:Unit 3 & 4 , Mactan Promenade, Lapu-Lapu Airport Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, Philippines
アクセス:マクタンセブ空港から車で5分

ピリ辛がたまらない!シシグ

シシグは、レチョンと並ぶフィリピンの人気グルメです。

塩気が濃く、ピリッとした辛さが効いているので、こちらもご飯やお酒によく合います。

豚肉や鶏肉、玉ねぎや唐辛子などを細かく刻んで炒めます。

お店によっては上に目玉焼きがのっていることもありますよ。

マタタビ
シシグも、日本人のお口によく合う味でした!

ご飯が進んでお箸が止まりませんでしたよ。

バリエーション豊かな家庭料理!アドボ

アドボは、フィリピンの家庭料理です。

豚肉と野菜の煮込みのことで、甘酸っぱい味なんですよ!

甘さ過ぎず、酸っぱさ過ぎず、しょっぱさ過ぎず、バランスの良い味わいでした。

調味料はお酢や砂糖、にんにく醤油を使うのが一般的です。

野菜はニンジンや玉ねぎ、じゃがいもなどを使います。

お肉は主に豚肉を使い、骨付きの肉やバラ肉などお店・家庭によって様々です。

マタタビ
ちなみに、私は柔らかい食感がたまらない豚バラ肉が好みでした。

次回は、骨付き肉入りのチキンアドボを試してみたいです!

アドボもご飯によく合うので、ぜひ一緒に味わってみてくださいね。

日本とは違う?バーベキューグルメ

バーベキューと言っても、日本でよくやるバーベキューとは少し違います。

フィリピンのバーベキューは、鶏肉やエビなどを串刺し状態にして焼き上げます。

日本で言う焼き鳥に近いです。

タレは、フィリピン独自のソース・バナナケチャップを使います。

甘さの風味がアクセントになり、病みつきになる美味しさなんですよ。

バーベキューグルメは、フィリピン人からも愛されています。

香ばしい匂いで食欲がそそられる屋台で食べるのも良し、レストランでがっつり食べるのも良しです。

屋台は種類が豊富な種類があり、リーズナブルな価格で楽しめますよ。

マタタビ
「こんな美味しいものが、なんで日本にはないの?」と疑ってしまうくらいのおいしさに感動しました。

レストランは、ゆっくり食事を楽しみたい方にオススメです。

また、アクティビティーのツアーでもよく提供しているので、ランチとしてで味わうのもアリですよ。

定番スイーツと言えば!ハロハロ

ハロハロは、フィリピン版のかき氷です。

フィリピン語で「かき混ぜる」という意味で、かき混ぜながら食べます。

ファーストフードやカフェなどでも提供しているほど、フィリピンではお馴染みのスイーツですよ。

Aさん
海外旅行で毎回楽しみにしているのは、ご当地のスイーツです。

今回はセブ島と言うことで、定番スイーツのハロハロをいただきました。

まず登場した思ったのは、トッピングの豪華さ!

ミルクシャーベットの上には、プリンやゼリー、バナナや小豆などがトッピングされていて、日本ではなかなか見られないなと思いました。

名前の通り、全部ごちゃ混ぜにして食べてみると不思議な感覚!

トッピングされたそれぞれのスイーツの味はあるものの、統一感のあるミルキーな味わいでした!

一見、ボリュームあるようにも見えましたが、実際はペロリといけました!

現地は暑かったので、ひんやりスイーツはとても嬉しかったです。

南国フルーツも外せない!マンゴースイーツ

セブ島に訪れたなら、マンゴーを使ったスイーツをぜひ味わってみてください。

フィリピンは、マンゴーの名産地です。

定番のマンゴーフルーツやマンゴーフルート、マンゴーシェイクなど様々なマンゴースイーツが楽しめます。

小腹が空いた時やちょっと休憩したい時などにも便利ですよ。

また、ドライマンゴーはフィリピン・セブ島のお土産として人気です。

地元のスーパーではリーズナブルな価格になっているので、お得に買うことができますよ。

空港は便利ですが、値段が地元のスーパーの倍以上の値段になっているため注意してくださいね。

まとめ

セブ島でおすすめしたいフィリピングルメは

  • レチョン
  • シシグ
  • アドボ
  • バーベキュー
  • ハロハロ
  • マンゴースイーツ

今回は「セブ島で楽しめるおすすめのフィリピングルメ」をご紹介しました。

今回ご紹介したフィリピングルメは、セブ島内のレストランや屋台などで気軽に楽しめますよ。

日本人のお口にも合う料理ばかりなので、帰国したらフィリピングルメがきっと恋しくなるはずです。

今回の記事を参考に、セブ島に訪れるときは、ご当地グルメを楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA