ゴールデンウィークのセブはベストシーズン!その理由とメリットは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

セブ島は、最短4時間30分で行けるフィリピン屈指のリゾートアイランドです。

時差もたったの1時間で、アクセスも便利なので、日本人観光客も多く訪れています。

そんなセブ島のベストシーズンは、ゴールデンウィークです!

今回は「ゴールデンウィークがベストシーズンな理由と観光のメリット」をご紹介します。

ベストシーズンな理由は、乾季だから!

セブを含む、フィリピンの観光シーズンは、乾季です。

乾季は簡単に言うと、晴れの日が多い時期のことを言います!

フィリピンの乾季は、12月頃から5月頃なので、日本の四季で言うと冬と春がフィリピンのベストシーズンです。

特に、2月から5月は安定した気候が続くので、まさにGWはベストシーズンなんですよ!

マタタビ
ほとんどの観光客は、乾季を狙ってセブ観光を楽しんでいます。

乾季にセブ島に行くメリットを、もう少し詳しく見ていきましょう!

乾季にセブ島に行くメリットは?

雨の日がほとんどない!

旅行中、ずっと雨が降り続くと、憂鬱な気持ちになりますよね。

雨が降ることで、予定していた観光プランが変わったり、傘をさしながら歩くのも嫌な人もいます。

セブ島の雨季は、6月頃から11月頃で、日本の四季で言うと夏と秋です。

ちなみに、雨の日に観光すると、写真のような風景になります。

どんよりしたお天気なので、ちょっと残念な気持ちになりますよね…

この写真は、私が11月下旬に訪れた時に撮影したものです。

この日は、天気が悪いだけではなく、気温も低かったことを今でも覚えています。

暑がりな私でさえも、寒さを感じることもありました。

せっかく訪れるなら、南国リゾートらしい晴れの日が続く乾季(12月頃から5月頃)に行きましょう!

海がとにかく綺麗!

セブと言えば、まず青く綺麗な海を思い浮かべますよね。

海でたっぷり遊ぶなら、絶対に晴れの日に行った方が楽しめますよ!

セブ島の乾季(12月頃から5月頃)は、晴れの日が高確率で多いです。

晴れの日が続くと、海の写真も綺麗に映えますよ。

旅行のパンフレットでよく見るような景色が目の前に広がっているので、乾季に訪れてくださいね。

マタタビ
写真のように綺麗な写真を撮るには、太陽の光が必要です!!

雨の多い時期に行くと、こんなに綺麗な写真は撮れないので、いかに晴れの日が重要なのかが分かりますね!

綺麗な海で、思い切り満喫するなら、晴れの日が多い乾季に行くのがオススメです!!

GWがベストな理由は?

屋外の観光スポットも散策しやすい!

観光スポットを巡ってみたり、デパートやストリートなどでショッピングを楽しみたい人もいますよね。

そこで、気になるのが気温です。

気温が高い中で歩き続けるのは大変ですが、ゴールデンウィークの時期であれば、そんな心配は全くありません!

昼間は、日によっては30度超える日もありますが、乾季の時期はカラッとした暑さなので比較的歩きやすいです。

特に、朝や夕方以降は、ちょうどいい気温(平均気温26度前後)になるので過ごしやすいです!

ホテル内でのんびり過ごすだけではなく、街に出て散策するのも楽しいですよ。

Bさん
ゴールデンウィークに、セブへ行ってきました。

初日にショッピングモールへ行きましたが、すごく快適な気温でした!

ただ、ショッピングモール内は、エアコンが効いていて寒かったので、羽織る物が必要だと思いました。

マタタビ
フィリピンの定番スイーツ・ハロハロというかき氷やマンゴーアイスなどのひんやりスイーツも美味しく感じる時期です。

夜は、屋外のフードコートで風を感じながら、ディナーを楽しむのも良いですよ。

ゴールデンウィークは乾季なので、ジメっとした暑さじゃないのも最高です!!

GWならではのメリットは?

晴れていて観光しやすい。」「海が綺麗。」「気温も猛暑じゃないから歩きやすい。

これだけでも、GWはベストシーズンだということが分かります。

ですが、やはりゴールデンウィークのメリットは、休みが取りやすいことです。

平日に休みを取りにくい人など、毎年多くの人がゴールデンウィークの時期に旅行を楽しんでいます。

セブの平均滞在日数は、3泊4日です。

GWは連休も多いので、うまく連休を取れるように調整してセブに行ってみてくださいね。

マタタビ
ファミリーやカップル、夫婦、友達同士など旅行の予定が合わせやすいメリットもありますね!!

ゴールデンウィークの旅行代金にご注意!

ゴールデンウィークにセブ島に行くメリットを、たくさんご紹介しました。

しかし、ゴールデンウィークに観光するにはデメリットもあります。

それは、通常のシーズンより旅行代金が値上がりすることです。

多くのツアー会社や航空会社は、旅行シーズンで多くの人が利用すること想定し、代金を値上げします。

コスパ重視の人や節約したいと思っている人にとっては、ゴールデンウィークの時期は向いていません。

ただ、旅行代金は高くても、乾季(12月頃から5月頃)にメリットの方が多いので、私はゴールデンウィークにセブ島に行くことをオススメします。

ゴールデンウィークの時期は、早め早めの行動が大事!

ツアー会社や航空会社を利用する場合でも、早めに行動して予約することをオススメします。

旅行シーズンのゴールデンウィークは、早い段階で予約が埋まってしまう可能性が非常に高いです。

できれば、年明けの1月から2月頃までに予約と手配を済ませておくと安心ですよ。

Cさん
私は、ゴールデンウィークの旅行を3月頃に計画していました。

一緒に行くメンバーは旅好きで、旅行慣れしているので、突発で旅行計画を立てることもあります。

今回は、セブに行こうと決めて、航空券の手配をすぐにしました。

ゴールデンウィークは値段が高くなるのは分かっていましたが、それより大きな問題がありました。

それは、行きたかったホテルが満室だったことと、飛行機の空席がなかったことです。

こんなことは、今までで一度もなかったので、正直かなりビックリしました。

人気の観光地は、とにかく早く予約することが大事なんだと思いました。

マタタビ
何事も早め早めの行動が大事です!

早く予約して、ゴールデンウィークは、セブ島で素敵な時間を過ごしてくださいね。

まとめ

GWがベストシーズンの理由は

  • GWの時期は乾季で晴れの日が多い
  • 晴れの日は、海の写真をより綺麗に撮影できる
  • GWの時期は、気温も日本のような猛暑ではないので過ごしやすい
  • 社会人も学生も休みが取りやすい

今回は「ゴールデンウィークがベストシーズンな理由と観光のメリット」をご紹介しましたがいかがでしたか?

GWならではの魅力もあって、観光に最適だということが分かりますね!

今回の記事を参考に、ぜひGWの時期は、セブ島に旅行してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA