ドイツはグミ大国!?日本にはないグミってどんなものがある??

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

「今度ドイツ旅行に行くけど、手軽にみんなに配れるお土産はないかな?」

「よく見かけるHARIBO(ハリボー)は、ドイツ製って聞いたことがあるような気がする」

ドイツと言えば、ビールやソーセージのイメージですが、実はグミも大人気なんですよ。

日本でお馴染みのHARIBO(ハリボー)のグミも、ドイツ製なんです。

今回は「ドイツで有名なグミ」をご紹介します。

ハリボーのいろいろなグミ

Aさん
ドイツで売っているハリボーのグミは、日本で売っているものと味や見た目は違いますか?

また、ハリボー以外でも有名なグミがあれば教えて欲しいです!

マタタビ
ドイツのスーパーでは、お菓子売り場一面がハリボーのグミというときがあるんですよ。

種類も色々あるので、詳しく紹介しますね。

世界中で大人気のハリボーは、ドイツで一番有名なグミメーカーです。

日本では、クマやコーラの形のグミでお馴染みですよね。

ドイツでは、他にもミミズやカエル、フルーツの形など、様々な種類のグミがあるんですよ。

見た目は食べ物でなくても、味はフルーツ味なので安心して食べれます。

また、日本だと200gで300円代と販売されているハリボーですが、現地ドイツでは1ユーロ(約116円)で購入できるので、バラまき土産にもぴったりですよ。

ハリボーの由来

1920年、ドイツのボンという街でハリボー社は設立されました。

創業者はハンス・リーゲル氏です。

Hans Riegel(ハンス・リーゲル)がBonn(ボン)で創業したので、「HARIBO」という社名になりました。

日本でも良く見かけるクマのグミ「ゴールド・ベア」は、1922年に販売を開始しました。

今でも世界中で愛されるベストセラー商品ですね。

世界一まずいグミ?


ハリボ・ラクリッツ・シュネッケン Haribo Lakritz Schnecken

色々な種類があるハリボーですが、世界一まずいグミとして有名なものがあります。

その名も、ラクリッツ・シュネッケン(LAKRITZ SCHNECKEN)です。

マタタビ
ラクリッツは、リコリスのことで、甘草(かんぞう)という漢方に使われる植物のことを指します。

シュネッケンとは、カタツムリや渦巻き状のものという意味です。

その名の通り、このグミの見た目は、黒い紐のようなものがぐるぐる巻かれています。

一度食べたら忘れられない強烈な味は、ドイツ人の中でも人気が分かれる商品です。

多くのドイツ人は、子どもの頃から好んでこのグミを食べていますが、住んでいる地域によっても好き嫌いがあります。

マイン川を挟み、北部はラクリッツが好き、南部はラクリッツが好きではないことから、この境界線は「ラクリッツ赤道」と呼ばれています。

 

Bさん
日本人は苦手な人が多いイメージです。

私は食べたことがありますが、もう二度と食べようとは思いませんでした(笑)

食べ物ではなく、タイヤの味がしました。

Aさん
コウモリの形をしたものやプレッツエルに塩をかけたものなど、いろんな種類があります。

ドイツでは、どこのスーパーでも販売しているので、手に取ってみるのも面白いですよ。

「世界一まずいグミ」として、話のネタにお土産として買ってみるのも面白いかもしれません!

ハリボー以外のグミ

グミが人気なドイツには、ハリボーの他にも有名なグミがたくさんあります。

可愛らしいデザインのグミもあるので、色々と食べてみてくださいね。

カッチェス

カッチェス社のグミは、ユニコーンや猫など、乙女チックで可愛らしいものが多いです。

パッケージの色も、ピンクや水色などのパステルカラーです。

グミ自体は合成着色料などを使用せず、身体に優しいものとなっているので、女性へのお土産にもぴったりですよ。

Bさん
カッチェスとは、ドイツ語で「猫」を指します。

ネコがプリントされた可愛いパッケージを女友達にあげたら、すごく喜んでくれました!

トローリ

メダラー社のトローリのグミは、地球やハンバーガーなどの個性的な形が特徴的です。

味は、サワーやフルーツで見た目にギャップがありますが、爽やかで美味しいですよ。

Aさん
トローリは、ヨーロッパの神話に登場する森の妖精トロールから名付けられたそうです。

こちらのグミは、ゼラチンを使用していないので、ベジタリアンやビーガンの方へのお土産にも安心ですよ。

まとめ

ハリボーのグミは

  • スーパーで1面、ハリボーのグミが売られている
  • クマのグミ(ゴールド・ベア)が有名
  • 食べ物やそうでない形のグミが販売されている

ハリボーの由来は

  • 創業者と設立された街の名前を組み合わせている

世界一まずいグミは

  • ラクリッツ・シュネッケンという
  • 原料はリコリス
  • 色は黒で、形は渦巻き状で渦巻以外の形もある
  • ドイツ人は好きな人が多いが、大抵の日本人は苦手な味
  • ラクリッツ赤道と呼ばれ、ドイツの中でも北部と南部で好き嫌いは別れる

ハリボー以外のグミは

  • カッチェスやトローリのグミが売れている
  • ドイツではハリボー、カッチェス、トローリのグミが最も売れ行きがいい

今回は「ドイツの有名なグミ」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

日本にない有名なグミがたくさんあるので、色々食べてみると面白いですよ!

今回の記事を参考に、ドイツ旅行に行ったら、有名なグミを堪能してきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA