イタリア旅行に必要な持ち物とは??荷物リストもご紹介!!

イタリアは、美味しい料理や美術館巡りもできる魅力のある国ですよね。

でも「イタリアは物価が高い」というイメージがありませんか?

実は、イタリアの物価は日本と同じくらいなんです。

日本と同じくらいの物価なので「必要な物があれば、現地で購入すればいいよね。」

と思う方もいますが、すぐに購入できるものばかりではありません。

「日本から持っていけばよかった。」と後悔することもあります。

今回は、初めてイタリアへ行く方へ「イタリア旅行に必要な持ち物」をご紹介します!

基本的に必要な物

まずは、海外旅行へ行く時の必要最低限の持ち物をご紹介します!

確認しながら、準備してくださいね。

パスポート

友人Aさん

旅行の前日に、パスポートの有効期限が切れていることに気づいて

私だけが旅行に行けなかった経験があります。

ホテルやツアーのキャンセル料など無駄な出費をして悔しい思いをしました。

パスポートがないと、海外へ行くことはできませんよね。

家を出る前に、バッグの中に入っているか確認してください。

また、パスポートの有効期限も確認しておきましょう。

現地に到着したら、パスポートを携帯しておくのは危険です。

パスポートをコピーしたものを財布に入れておきましょう。

海外旅行保険

友人Bさん

空港に到着後、自分のスーツケースが出てこなかった経験があります。

何時間待っても荷物は見つからず、ロストバゲージの被害に遭いました。

「荷物紛失を補償してくれる保険に加入しておけばよかった」と後悔しました。

友人Bさんのように、海外の空港では荷物のトラブルが非常に多いです。

安い海外旅行保険でもいいので、必ず加入しましょう。

保険会社によって保証内容やプランは異なるので、ご自身に合った保険を選んでくださいね。

また、海外旅行保険に加入すると、保険加入証明書や保険冊子が届きます。

トラブルに遭ったとき、すぐに電話できるように必要書類は、バッグに入れておきましょう。

簡易充電器

友人Cさん

インターネットで検索したり地図を使っていて

気付いたら、バッテリーが残り20%になっていました。

周りを探してもコンセントは見当たらず

バッテリーの減りが早かったので、簡易充電器はとても役に立ちました。

海外へ行くと、写真を撮ったり検索する回数が増えますよね。

普段あまり携帯を使わない方でも、充電器をバッグに入れておきましょう。


Anker PowerCore 10000 (モバイルバッテリー 10000mAh 最小最軽量 大容量)

変圧器

日本の電圧は100Vですが、イタリアの電圧は220Vです。

基本、日本で購入したパソコン等の電化製品は、240Vまで対応できるようになっています。

ですが、イタリアではそのまま使うことができない場合があるので注意してください。

私は、変圧器を挿さずにヘアアイロンを使った瞬間、火花が出て初日に壊れた経験があります。

大切な電化製品が壊れないように、変圧器を持っていきましょう。


TryAce 海外旅行用 変圧器 2000W/8A

変換プラグ(Cタイプ)

イタリアのコンセントプラグの形は、2つ穴のCタイプです。

Cタイプは、ヨーロッパ全土で使われている形です。

たまに、3つ穴の場合もありますが、2つ穴のコンセントも入るようになっています。

最近では、1つで全てのタイプに対応している「変換プラグ」が販売されています。

イタリア以外の国に旅行する時も使えるので、1つ購入しておくと便利ですよ。


海外旅行充電器 変換プラグ 4ポートUSB充電器 

ユーロ(現地のお金)

旅行までに、ユーロに両替しておきましょう。

両替は、銀行、大手旅行会社、空港で両替することができます。

レート(為替)によって、現地または日本で両替した方がお得など、それぞれ違います。

また、イタリアでは有料トイレやチップを払う機会が多いです。

なるべく、細かいお金で両替してもらいましょう。

ちなみに、ローマやヴェネツィアなどの定番観光地はスリが多いです。

特に、地下鉄やバス車内でのスリや引ったくりが増えています。

「観光客=金持ち」というイメージがあり狙われやすいので注意しましょう。

クレジットカード

イタリアは、日本よりもクレジットカードの利用が普及しています。

小さなお店でもクレジットカードが利用できるので、クレジットカードが1枚あれば買い物に困ることもありません。

ただし、スリや引ったくりが多いです。

盗まれたときのことを考えて、クレジットカードは複数枚持っておくと安心です。

財布も、いくつかに分けて持っておくといいですよ。

また、盗まれても凍結できるように、クレジットカード会社の連絡先をメモしておきましょう。

海外旅行にオススメのクレジットカードは、こちらで紹介しています。

海外旅行保険付き!!年会費無料のクレジットカード3選は??

2020.01.10

ポケットWiFi

イタリアでは、観光地やレストラン、駅、ビーチなど、色々な場所に無料Wi-Fiスポットがあります。

無料で使えるので便利ではありますが、無料Wi-Fiはハッキングをされる確率が高いです。

暗証番号やSNSでの会話のやり取りなど、個人情報を盗まれる危険性があります。

携帯の中に入ってる情報など、他人に見られたくないですよね?

心配な方は、旅行前に「ポケットWi-Fi」をレンタルすることをおすすめします。

海外旅行にオススメのポケットWiFiは、こちらで紹介しています。

海外旅行で使えるおすすめのWiFiレンタルランキングは⁇

2020.01.02

持って行くと便利な持ち物

次は、「持って行くと便利な物」をご紹介します。

虫除けグッズ

夏にイタリア旅行される方は、以下の虫除けグッズは必需品です。

  • 蚊よけスプレー
  • 蚊に刺されたときの塗り薬

日中よりも夜寝ているときに蚊に刺されやすいです。

また、イタリアには、日本のような網戸はありません。

冷房が効きすぎた部屋で窓を少し開けて寝る場合、蚊に刺される確率が上がります。

ちなみに、私は2週間で20箇所刺されるという人生で最高記録が出ましたよ(笑)

現地で蚊よけスプレーを買うこともできますが、私には効果はありませんでした。

なので、いつも使っている虫除けグッズを持っていきましょう。

また、虫除けスプレー等のスプレー缶は、基本的に預け入れ荷物に入れれば大丈夫です。

旅行前に、利用する航空会社のホームページで確認しておきましょう。

スニーカー

「イタリアに行くから、オシャレな格好をしたい!」と思う女性は多いですよね。

ですが、イタリアは石畳みが多いです。

観光地は綺麗に舗装されていますが、一本道を入るとガタガタの石畳みロードが現れます。

なので、ヒールだと石畳みにハマって必ずつまずきます。

スニーカーまたは、歩きやすい靴を履くことをおすすめします。

日焼け防止グッズ

夏にイタリアへ行く方は、以下の日焼け止めグッズは必需品です。

  • サングラス
  • 帽子
  • 日焼け止め

イタリアは、日差しが強いです。

日本では日傘を使って歩いている人が多いですよね。

でも、イタリアでは日傘を使っている人はいません。

使ってはいけないという意味ではなく、イタリアの歩道は狭いです。

日傘があると、すれ違うときに他の人に当たって危険ですし、邪魔になってしまいます。

イタリアでは、オシャレなサングラスや帽子が多いので、気に入ったものを買いましょう。

ちなみに、海外の日焼け止めは成分が少し強いものがあります。

日焼けしやすい人は、現地で買ってみてもいいですよ。

持って行かなくてもいい物

次は、「持って行かなくていいもの」をご紹介します。

本タイプのガイドブック

ガイドブックには、美味しいお店などが載っているので、旅行前に購入する人も多いですよね。

私も、旅行前に日本で購入して、旅行への気持ちを高めることもあります。

でも、本タイプのガイドブックって荷物になりませんか?

本タイプだと、どうしても重いので、持ち歩くときに荷物になるんです。

必要な情報が載っているページをコピーしたり、写真を撮っておきましょう。

または、電子書籍を利用するという方法もあります。

ebookjapanであれば「るるぶ」や「地球の歩き方」などの人気書籍のダウンロードもできますよ。

イタリアの街を散歩していると、ガイドブックに載っていないお店もあります。

現地の人で賑わっているお店は美味しいので、歩きながら探してみるのも楽しいですよ。

まとめ

基本的に必要な物は

  • パスポート
  • 海外旅行保険への加入
  • 充電器
  • 変圧器
  • 変換プラグ(Cタイプ)
  • ユーロ(現地のお金)
  • クレジットカード
  • ポケットWi-Fi

持って行くと便利な持ち物は

  • 蚊よけスプレー
  • 蚊に刺されたときの塗り薬
  • スニーカー
  • サングラス
  • 帽子
  • 日焼け止め

持って行かなくてもいい物は

  • 本タイプのガイドブック

今回「イタリア旅行に必要な持ち物」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

イタリアでも、行く地域によって必要な持ち物は異なります。

ご紹介した持ち物リストは、私がイタリアへ行った際に必要だった物や無くても困らなかった物です。 

今回の記事を参考に、初めてのイタリア旅行を楽しんでくださいね。

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA