メキシコの秘境?!死ぬまでに行きたい絶景セノーテ7選とは?

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

世界一の透明度を誇るセノーテは、「死ぬまでに行きたい秘境」として有名です。

特に、王道のセノーテは、観光客で溢れかえっています。

せっかく行くなら、綺麗で人も少ない秘境セノーテに行ってみましょう!

今回は「メキシコの秘境!死ぬまでに行きたいオススメセノーテ7選」をご紹介します。

セノーテとは?

セノーテとは、地下水が貯まり、自然にできた天然の泉・洞窟のことです。

シュノーケルやダイビングする場所としても人気があるところです。

セノーテは全体で4000個以上あると言われており、その中でも泳げるセノーテは80~100か所あります。

また、セノーテはマヤ語で「聖なる泉」という意味を持ち、メキシコの先住民マヤ族が、当時儀式や生活に使ったりもしていました。

川や海が近くになかったマヤ族にとって、セノーテは貴重な水源で、とても大切にされてきました。

マタタビ
当時、雨ごいをするために、貢ぎ物や少女を生け贄に捧げらたセノーテもあるんですよ。

セノーテは、どのようにできたの?

セノーテは、メキシコの中でも石灰地帯のキンタナロー州(カンクンのある州)とユカタン州にだけ存在します。

水を吸収する石灰の地は、雨水を吸収して地下に送られ、地下水として貯まっていきます。

そして、もろくなった石灰の地盤が、崩れた時に現れる地下水こそがセノーテなんです。

石灰によってろ過された水は、不純物を含まず水が澄んでいるので、透明度も抜群に綺麗ですよ。

マタタビ
石灰には、ミネラルがたくさん含まれているので、肌にも良いと言われていて「若返りの泉」とも言われていますよ。

セノーテの魅力とは?

透明度

ズバリ!!セノーテの最大の魅力は透明度です!

透明度100mもあるとも言われていて、シュノーケルマスクを着けて水中を覗くと、静かで幻想的な光景を見ることができます。

この美しさを一目見ようと、世界中から一年を通して観光客が訪れます。

特に、透明度重視の人は、人がまだ少ない朝に行くことをオススメします。

光りのカーテン

光りのカーテンとは、太陽の光が水中に差し込んだ時に見える現象です。

透明度の良いセノーテだからこそ、見ることができますよ!

水中に差し込んだ太陽の光は、真っ白なカーテンのように、ゆらゆらと光り輝いていて異空間を感じますよ。

光りのカーテンが見れる時間は、太陽の動きによって変わってきますが、基本的に午前中に見えるところが多いです。

水中の鍾乳洞

セノーテには、水中に鍾乳洞があるところもあります。

透明度の良いセノーテの中で見る鍾乳洞は、ついつい水中にいることを忘れてしまいそうなほど美しいですよ。

剣山のように、ベルのような形をした鍾乳洞などあり、運がいいと化石も見つけることができますよ。

Aさん
鍾乳洞を見ると、セノーテは、長い年月をかけて作り上げられたということが分かりますね。

セノーテで泳ぐときの注意点は?

基本、日焼け止めの使用禁止

海とは違って、水の循環が良くないので、日焼け止めや化粧をしているとセノーテが濁る原因になります。

セノーテの美しさを守るためにも、化粧は控えめにしてください。

どうしても日焼けが気になる人は、オイルフリーの日焼け止めを塗るなど、配慮してくださいね。

足が届かない深いところが多い

セノーテは、海水ではないので水中で体は浮きません。

透明度が良いので、吸い込まれる感覚になり、怖さを感じる人もいます。

泳ぎに心配な人は、必ずライフジャケットを着用してくださいね。

マタタビ
シュノーケルできるセノーテは、ライフジャケットの貸し出しがあります。

セノーテによって料金は違いますが、無料で貸し出しをしてくれているところもありますよ。

セノーテへの行き方は?

どのセノーテへ行くにも、カンクンから車で1時間半~2時間かかります。

個人で行くのはあまりオススメではありません。

理由は

  • バスやタクシーを乗り継いで行くので、到着するまでに2時間以上かかる
  • セノーテはジャングルの中にあり、数か所行く場合は移動が不便

効率良く行くには、ツアーに参加していくことをオススメします。

ツアーのメリット
  • 滞在ホテルからセノーテまでバンでの移動で、楽ちん&安心
  • 数か所あるセノーテを車で回ってくれるので効率的
  • シュノーケル機材を貸し出してくれる(ツアー会社による)
  • ガイドが水中でも案内してくれる(ツアー会社による

事前に、ツアー会社にどこのセノーテに行きたいかを相談すると良いですよ。

もちろんダイビングの場合は、ツアー参加でないとできないので注意してくださいね。

シュノーケルにオススメのセノーテとは?

透明度や光のカーテンは、シュノーケリングで十分楽しめます。

水温はだいたい20℃~25℃で、初めて水に入るときは冷たく感じます。

一度入ると、体も水温に慣れるので問題ありませんよ。

マタタビ
セノーテは海とは違って、泳いだ後ベタベタしないです。

むしろ泳いだ後は体がスッキリして、すがすがしい気分になりますよ!

ドスオホス 

「2つの目」という意味のこのセノーテは、上空から見ると小さな穴が二つあります。

それが目に見えることから名づけられていて、大きいセノーテとして有名です。

ダイビングでも有名なドスオホスは観光客もたくさん来ますが、セノーテ自体が大きいので、それほど気にならないです。

朝に行くと人も少なく、晴れていれば太陽が水中に差し込み、光のカーテンが綺麗に見えますよ。

また、ドスオホスはバットケーブと呼ばれる洞窟にもシュノーケルで行けます。

泳いで洞窟の中に到着すると、たくさんのコウモリが飛び交っている様子を見ることができます。

シュノーケルで洞窟探検ができるのは、ドスオホスだけですよ!!

Aさん
ツアーに参加して、シュノーケリングをしました。

朝は人も少なくて、憧れだった光りのカーテンもばっちり見れて感動しました!!!

ガイドさんがバットケーブも案内してくれて、洞窟探検も楽しめました。 

カーウォッシュ

もともとの名前は「アクトゥンハ」ですが、昔は洗車場だったことから「カーウォッシュ」という愛称で親しまれています。

カーウォッシュの特徴は、水の中に水草が生えていて、ピンク色の草もあり、まるで水中でお花畑の中を泳いでいる感覚になります。

水中に生えている大きな木に集まるお魚を見れたり、運が良いとワニに遭遇することもある珍しいセノーテです。

ドスオホスに比べると透明度は低いですが、セノーテ自体の水深が10m~15mくらいなので底まではっきり見えます。

あまり有名なセノーテではないので、人も少なくのんびりと過ごせますよ。

Aさん
水中に木が生えていたり、ピンクの水草が見えたりして、まるで水中散歩してる気分でした。

午後でも人が少なくて、のんびり過ごすことができました!

ダイビングにオススメのセノーテとは?

セノーテダイビングは、シュノーケルでは行けない洞窟の中に入って鍾乳洞を見たり、光りのカーテンを下から見ることができます。

ダイバーの中では、セノーテダイブは有名で、一度は潜ってみたいスポットの一つです。

しかし、セノーテダイビングをするには、以下の条件を満たす必要があります。

潜りたい人は、海のダイビングで経験を積んでからにしましょう!!

ダイビングできる人の条件
  1. ダイビング経験が最低でも30本以上
  2. アドバンス以上のライセンスの所持
  3. 中世浮力ができる
  4. 閉所恐怖症でない

タージマハ

セノーテの中でも、一番透明度が高いと世界中のダイバーの憧れのセノーテです。

下から見上げる光のカーテンは、シュノーケルとは違って幻想的です。

また、ユニークな地形なので、洞窟の中をダイビングしていても飽きないです。

「ここは水中なの?」と疑うくらいの水の透明度で、鍾乳洞もはっきりと綺麗に見えます。

真っ暗な洞窟の中を、イトで照らして進んでいくときは、まるで洞窟探検になったような気分ですよ。

また、ハロックラインが見れるのも、ダイビングならではの体験です。

ハロックラインとは

淡水と海水がぶつかり合うところのことです。

淡水と海水は比重が違うので、混ざり合うことなく、視界がモヤモヤして、はっきり見えなくなります。

Aさん
深く潜水していくと、急に目の前がボヤけてきて、これがハロックラインかと思いました。

先がよく見えないので、少し怖かったです。

ハロックラインを境に水温が変わるところは、ダイビングでしか味わえない貴重な体験でした。

アンヘリータ

縦穴型の深さ60m以上あり、難易度の高いダイビングポイントです。

このセノーテの最大の特徴は、水深30mまでいくと一面に白い雲のような層が見えてきます。

近くまで行くと、まるで雲の上にいるような感覚になりますよ。

これもハロックラインですが、そこに「硫化水素の層」があり雲海のように見えます。

草木が枯れ溶けた時に発生する硫化水素が、淡水と海水の間に挟まれ白い雲のように見える現象です。

これは、水深の深い、澄んだセノーテでしか見れない貴重な光景です。

また、ハロックラインを通るときに、硫黄の匂いがしますが、体には良くないガスなので、間違ってもシュノーケルマスクなどは外さないようにしてくださいね。

フォトジェニックなセノーテとは?

セノーテは、地形がひとつひとつ違って、美しさは水の中だけではありません。

洞窟の穴から差し込む太陽の光や、セノーテの水で育った大きな木々やツルなど、自然の生命力を感じるセノーテはたくさんあります!

サムラ

ユカタン州にあるセノーテサムラは、知る人ぞ知る秘境です。

ドーム型の洞窟の真上に小さめの穴が開いていて、太陽の光がセノーテに差し込みます。

ディズニー映画の舞台にも使われた場所なんですよ。

ディズニーファンにはもちろん、この絶景を一目見ると、自然とカメラを構えてしまいます。

晴れていれば、朝9時頃から午後4時くらいまで太陽の光が見えますが、お昼頃がちょうど真下に光が差し込み、幻想的ですよ。

観光客もあまりいないので、写真も撮りやすく、神秘的な空間を感じることができます。

もちろん、透明度は抜群に良く、シュノーケルにも最適ですよ。

Aさん
ライフジャケットを付けて仰向けになってぷかぷか浮いていました。

時間を忘れて、贅沢な時間を過ごせました。

他のセノーテに比べると浅めで、足がつくところもあるので、子どもも怖がらず一緒に楽しめました。

オシュマン

オシュマンは、まだあまり知られていない穴場のセノーテです。

大きな井戸のような形のオシュマンセノーテは、地下への階段を20mほど下ると現れます。

水深は約50mで、深すぎてもちろん底は見えません。

ツルや木の根が水面にまで垂れ下がっていて、まるでジブリの世界に紛れ込んだ気分になりますよ。

鮮やかな青色に輝くこのセノーテは、透明度もよく光のカーテンもばっちり見えます。

そして、このセノーテの特徴は、ターザンジャンプでセノーテに飛び込めるんです!

飛び込み台から垂れているロープを掴んでジャンプすると、ターザンのようにジャンプできて楽しいですよ!

Aさん
はじめは、怖くてジャンプする勇気がなかったです。

ですが、一回ジャンプしてみたら「またやりたい!」となってハマってしまいました(笑)

他の外国人男性は、ターザンジャンプでどれだけかっこよくセノーテに飛び込めるかで競い合っていましたよ!

ザシ

オシュマンより、さらにローカルなセノーテ「ザシ」は、地元の人が良く訪れます。

ユカタン州の大きい街「バヤドリ」の中心地にあり、アクセスもしやすい隠れ家的なセノーテなんです。

半ドーム型の珍しい地形で、セノーテを一周ぐるっと歩いて回れるので、色んな角度からセノーテを見れますよ。

ここは、ターザンジャンプ用のロープはないですが、ジャンプポイントが2m、5m、10m、20mとあり、好きなところからジャンプできます。

さすがに、20mからジャンプできる強者は、なかなかいなかったです(笑)

バヤドリの街散策で、ほてった体をクールダウンしに、セノーテに寄るのも良いですよ。

まとめ

セノーテとは

  • 自然にできた天然の泉・洞窟のこと
  • 4000個以上もある
  • マヤ語で「聖なる泉」という意味
  • 石灰地帯のキンタナロー州(カンクンのある州)とユカタン州にだけある
  • 透明度は100mもある

セノーテの魅力は

  • 透明度
  • 光りのカーテン
  • 水中の鍾乳洞

セノーテで泳ぐときの注意点は

  • 日焼け止めは禁止
  • ライフジャケットを着用

シュノーケルでオススメのセノーテは

  • ドスオホス
  • カーウォッシュ

ダイビングでオススメのセノーテは

  • タージマハ
  • アンヘリータ

フォトジェニックなセノーテは

  • サムラ
  • オシュマン
  • ザシ

今回は「メキシコの秘境!死ぬまでに行きたいオススメセノーテ7選」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

どのセノーテも魅力いっぱいなので、それぞれの目的に合わせて選んでみてくださいね。

今回の記事を参考に、セノーテを思う存分楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA