メキシコ・カンクンの海底美術館とは?海とアートを同時に楽しもう!

海外旅行保険に入らずに海外へ行くと100%後悔します。

海外旅行で怖いのは、盗難や事故、病気になってしまうことです。

2018年度に、事故や病気などで海外旅行保険を利用した人は3.70%(27人に1人)というデータが出ています。

この数字を見ても、決して他人事ではないということが分かります。

海外旅行保険の費用を節約しようと思って、保険未加入で旅行すると、必ず後悔します。
なぜなら、保険未加入の人が、アメリカで盲腸の手術を受けて200万円以上の治療費を請求されたケースがあるからです。

そうならないために、海外旅行保険付帯のクレジットカードを使いましょう。

持っているだけで、海外旅行先での事故や病気を補償してくれますよ。

年会費も永年無料でその場で(スマホで5分で申し込み&店頭なら即日発行可能!

皆さんは、カンクンというと何を思い浮かべますか?

メキシコ湾とカリブ海に囲まれたカリビアンブルーの海と美しいビーチですか?

実は、カンクンには、ちょっと変わった美術館があるんです!!

美術館では、他のどこにもない神秘的な体験ができるんですよ。

今回は「メキシコ・カンクンの海底美術館とは?海とアートを同時に楽しもう!」をご紹介します。

カンクン海底美術館とは

正式には「MUSA(Museo Subacuático de Arte)」と言います。

カンクンでは、観光客の増加により、船が降ろすイカリやダイバーが誤ってサンゴを傷つけることが問題となっていました。

また、ハリケーンや地球温暖化もサンゴへのダメージをさらに深刻なものにしています。

そこで、カンクン国立海洋公園が立ち上げたプロジェクトがMUSAなんです。

サンゴを守るために作られたのが、この海底美術館なんですよ。

ダイバーでもあるイギリス人アーティスト、ジェイソン・デカイレス・テイラーさんを中心に、サンゴの育ちやすい素材で彫刻をつくり、海に沈めています。

作品を沈めはじめたのは2010年で、現在は500以上の作品が海底に沈んでいるんですよ。

MUSA公式ホームページ:https://musamexico.org/

神秘的で個性的なアート

作品は、水深3~10mの浅い海底に沈められています。

この深さは、サンゴが育ちやすいんですよ。

天を仰ぐ人、ソファーに座っている男性、赤ちゃんを抱いた女性など個性的な彫刻もありますよ。

もちろん人物だけでなく、車や巨大な手のモチーフなども色々あります。

彫刻は、環境に優しいコンクリートやグラスファイバーなどの素材で作られていて、時間が経つと少しづつ彫刻にサンゴが育っていきます。

サンゴが育つと、彫刻自体が朽ちてきて、徐々に自然に帰っていく様子を見れますよ。

Aさん
最初は、リアルな人の彫刻がたくさん並んでいて驚きましたが、改めて環境問題を考えるきっかけになって良かったです。

年月とともにサンゴに浸食されていく様子は、自然の生命力の強さを感じます。

まさに、二度同じものが見れない「生きている瞬間のアート」だと思いました!

海底美術館のみどころは?

海底美術館には、3つのエリアがあります。

  1. MANCHONES(マンチョネス)
  2. PUNTA NIZUK(プンタ・ニスク)
  3. PUNTA SAM(プンタ・サム)

MANCHONES(マンチョネス)

マンチョネスエリアは、一番たくさん彫刻が沈められているエリアです。

特に、たくさんの等身大の人物彫刻が集まっている作品は圧巻ですよ。

このエリアは、初期に沈められた像が多く、サンゴや海藻に覆われているものが多いです。

作品がある場所が深さ8m以上なので、スキューバダイビングで見に行きましょう!

Bさん
少し深いところにあるので、海の青が濃くて神秘的でした。

朽ちた像からサンゴや海藻が生えていて、とてもシュールなアートを見れました!

人工で出来ている彫刻と、海の生き物が調和した様子は、この美術館でしか体験できませんよ。

MANCHONES(マンチョネス)

作品数:473
水深:8~10m
場所:イスラ・ムヘーレス島の手前

PUNTA NIZUC(プンタ・ニスク)

マンチョネスエリアに比べると彫刻の数は少ないです。

ただ、水深が浅いところにあるので、シュノーケリングでも十分に楽しめるエリアですよ。

PUNTA NIZUK(プンタ・ニスク)

作品数:33
水深:2~3m
場所:ホテルゾーンの南端

PUNTA SAM(プンタ・サム)

彫刻が少ないので訪れる人が少ないエリアです。

海底美術館を全て制覇したい人やキューバの芸術家エリエアマドギルさんの彫刻に興味がある方は訪れてみてください。

海藻に覆われているエリアなのでウミガメに出会えるかもしれませんよ!

PUNTA SAM(プンタ・サム)

作品数:9
水深:3.5m
場所:プンタサム

おすすめの鑑賞方法は?

海底美術館には、主にシュノーケリングかスキューバダイビングで鑑賞します。

どうやって行くの?

海底美術館へは、個人では行くことはできません。

必ずガイド付きのツアーに参加する必要があります。

ツアーボートでそれぞれのポイントに向かいます。

マンチョネスなら、イスラ・ムヘーレス島の手前にあるポイントまで約30分です。

船酔いすることがあるので、酔いやすい方は酔い止めを服用しておきましょう。

一番のおすすめはスキューバダイビング!

海の透明度が高く、サンゴ礁やお魚もたくさんいてどんな方法でも楽しめます。

ですが、やはりおすすめはスキューバダイビングです!

メインエリアのマンチョネスは水深が8mぐらいあるので、訪れるならスキューバダイビングのツアーを選びましょう。

初めての人でも「体験ダイビングツアー」なら、1時間ほどのプールでレクチャーを受けてから海に出るので安心です。

もちろん、ライセンス(Cカード)を持っている方の「ファンダイビングツアー」もありますよ。

Aさん
等身大の人物の彫刻には、モデルがいるそうですよ。

間近で彫刻の表情まで見ることができるのは、スキューバダイビングならではです。

ガイドさんに、お気に入りの彫刻と一緒に写真を撮ってもらってくださいね。

シュノーケリングでも十分に楽しめます!

「海外でダイビングするのは怖いから、気軽なシュノーケリングで十分!」

「安くツアーに参加したい」という人は、プンタ・ニスクがオススメです。

浅いところに作品があるので、シュノーケリングでも十分に楽しめます

ただし、ライフジャケットを着て海に入るので、素潜りで作品の近くに行くことはできません。

Cさん
ダイビングは苦手だったので、シュノーケリングツアーに参加しました。

プンタ・ニスクは浅瀬にあるので、白い海底に波にゆれる太陽の光が映ってとても綺麗です。

彫刻やサンゴもキラキラと輝いて見えますよ。

おすすめのツアーは?

海底美術館へ訪れるためのツアーデスクは、カンクンのホテルや街中にもあります。

もちろん、日本で事前に申し込むこともできますよ。

ツアーは3種類あるので、自分の希望にあったツアーを選んでくださいね。

  1. 初心者やライセンスを持っていない方向けの「体験ダイビングツアー」
  2. ライセンス(Cカード)を持っている方向けの「ファンダイビングツアー」
  3. 「シュノーケリングツアー」

MUSA公式サイトでもツアーの申し込みができますが、英語のツアーになります。

おすすめは、日本人インストラクターのガイド付きツアーです。

Aさん
ハイシーズンの12〜4月、7〜8月には、日本で出発前にツアーを申し込んでおいた方が良いですよ。

どのツアーでも海底美術館だけでなく、ダイビングスポットと併せて、2か所訪れるものがほとんどです。

ツアーによって違いますが、10~12歳以上であればお子さんも参加可能ですよ。

カンクンへの行き方とおすすめの時期は?

カンクンへの行き方

日本からカンクンまでの直行便はなく、最低でも1回の乗り継ぎが必要です。

日本から経由して行く場合、メキシコ、アメリカ、カナダの3か国です。

また、アメリカを経由する場合は、ESTAの事前申請(US$14)、カナダを経由する場合もeTAの事前申請(7C$)が必要になります。

申請方法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

アメリカやカナダへの旅行にビザはいる?乗り継ぎに必要なものって?

2019.05.06

成田~メキシコシティ間はANAとアエロメヒコがあり、どちらも1日1便のフライトがあります。

メキシコシティなら成田から約12時間半、メキシコシティからカンクンまで約2時間半で到着します。

手続きや乗り継ぎ時間を考えると、メキシコに直接入国するのが便利で楽ですよ。

旅行におすすめの時期

ベストシーズンは、水温が高くて雨量が少ない、比較的観光客の少ない5月です!

一年中暖かいカンクンですが、気候は乾季と雨季に分かれます。

ダイビングにオススメなのは、12月~4月です。

乾季は晴天の日が続き、海の透明度が高い時期なのが特徴です。

湿度が低く、青い空と綺麗な海が堪能できますよ。

ただ、乾季は水温が低い時期なので、ビーチリゾートと併せて訪れるなら4月以降がオススメです。

マタタビ
乾季は11~4月頃、雨季は5~10月です!

ちなみに、ハイシーズンは、ホテルなどの料金が高くなりやすいですよ。

カンクンのハイシーズン
  • 欧米人が避寒地として訪れる12~3月
  • メキシコ人のバカンス時期である3月下旬~4月下旬
  • 夏休みにあたる7~8月

カンクンへ旅行するときの注意点

ハリケーンのシーズンは、9~11月ごろです。

一日中降るわけではありませんが、雨が多く海の透明度も低いので、ダイビングにはオススメできません。

また、かなり日差しが強いので、紫外線対策はしっかりしておきましょう。

紫外線対策

  • 焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • カーディガンなどの上に羽織れるもの

マタタビ
カーディガンなどの上に羽織れるものは、室内の冷房対策にもなりますよ!

まとめ

カンクン海底美術館(MUSA)とは

  • サンゴを守るためのプロジェクトとしてカンクン国立海洋公園に開設された
  • イギリス人アーティスト、ジェイソン・デカイレス・テイラーさんの作品がある
  • サンゴの育ちやすい素材で彫刻が作られていて海に沈められている
  • 現在500以上の作品が沈められている

神秘的で個性的なアートは

  • 作品はサンゴが育ちやすい3~10mの浅瀬に沈められている
  • 作品は人物だけでなく、車や巨大な手などがある
  • 素材は環境に優しいコンクリートやグラスファイバーで出来ている
  • 時間が経つと彫刻にサンゴが育っていく

海底美術館(MUSA)の3つのみどころは

  1. MANCHONES(マンチョネス)
  2. PUNTA NIZUC(プンタ・ニスク)
  3. PUNTA SAM(プンタ・サム)

MANCHONES(マンチョネス)は

  • 一番たくさん彫刻が沈められているエリア
  • 初期に沈められた作品が多い
  • サンゴや海藻が育って朽ち始めている作品が多い
  • スキューバダイビングがおすすめ

PUNTA NIZUK(プンタ・ニスク)は

  • マンチョネスに比べて作品が少ない
  • 水深が浅いところに作品が沈められている
  • シュノーケリングでも十分に楽しめる

PUNTA SAM(プンタ・サム)は

  • 作品が少ないので訪れる人が少ない
  • キューバのアーティスト・エリエアマドギルさんに興味のある人にオススメ
  • ウミガメに出会えるかもしれないエリア

おすすめの鑑賞方法は

  • 一番のオススメはスキューバダイビング
  • シュノーケリングでも十分に楽しめる

カンクンへ行くには

  • 日本からメキシコ・カンクンへの直行便はない
  • 最低でも1回の乗り継ぎが必要
  • 経由できるのは、メキシコ・アメリカ・カナダの3か国
  • アメリカとカナダはトランジットでもESTAやeTAの事前申請が必要
  • メキシコシティなら成田から約12時間半、メキシコシティからカンクンまで約2時間半

おすすめの時期は

  • ダイビングにオススメなのは12~4月
  • ビーチと併せて訪れるなら、水温が温かくなる4月以降がオススメ
  • カンクンのハイシーズンにあたる時期(12〜4月、7〜8月)はホテルの料金などが高くなる
  • 一番のオススメは、水温が高く雨量が少ない比較的観光客の少ない5月

注意点は

  • 9~11月頃は、雨季なのでハリケーンも来やすい
  • 雨量の多い時期は、海の透明度が落ちるのでダイビングには向かない
  • 日差しが強いので紫外線対策はしっかりする
  • 室内の冷房対策のためにも羽織ものを持って行く

今回は「メキシコ・カンクンの海底美術館とは?海とアートを同時に楽しもう!」をご紹介しました。

美しい海を堪能するだけでなく、アートを通して環境問題やサンゴの生命力の強さにも触れることができますよ。

カンクンを訪れたら、アクティビティの一つに、この海底美術館を体験してみてください。

きっと、他にはない神秘的な体験をすることができますよ!

今回の記事を参考に、素敵なカンクン旅行を楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA